メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 3: Kik ボットと Amazon Lex ボットの統合

Amazon Lex ボットと Kik ボットの作成が完了すると、両者のチャネル関連付けを Amazon Lex で作成できます。関連付けを有効化すると、Amazon Lex によって Kik のコールバック URL が自動的に設定されます。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Lex コンソール (https://console.aws.amazon.com/lex/) を開きます。

  2. ステップ 1 で作成した Amazon Lex ボットを選択します。

  3. [Channels] タブを選択します。

  4. [Channels] セクションで、[Kik] を選択します。

  5. Kik ページで、以下を指定します。

    • 名前を入力します。たとえば、BotKikIntegration と指定します。

    • 説明を入力します。

    • [KMS Key] ドロップダウンから [aws/lex] を選択します。

    • [Alias] で、ドロップダウンからエイリアスを選択します。

    • [Kik bot user name] に、Kik でボットに付けた名前を入力します。

    • [Kik API key] に、Kik でボットに割り当てた API キーを入力します。

    • [User greeting] に、ユーザーとの最初のチャットでボットから送信する挨拶を入力します。

    • [Error message] に、会話の一部が認識されないときにユーザーに表示するエラーメッセージを入力します。

    • [Group chat behavior] で、いずれかのオプションを選択します。

      • [Enable] – 単一の会話でチャットグループ全体がボットとやり取りできます。

      • [Disable] – 会話をチャットグループの特定のユーザーに制限します。

       

       Kik 設定画面。
    • [Activate] を選択して関連付けを作成し、それを Kik ボットにリンクします。

次のステップ

ステップ 4: 統合をテストする