メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 3: Slack アプリケーションを作成する

このセクションでは、以下の作業を行います。

  1. Slack API コンソールで Slack アプリケーションを作成します。

  2. ボットに以下の機能を追加するようにアプリケーションを設定します。

    • ボットのユーザー

    • インタラクティブなメッセージング

このセクションの最後で、アプリケーションの認証情報 (クライアント ID、クライアントシークレット、および検証トークン) が提供されます。次のセクションでは、この情報を使用して Amazon Lex コンソールでボットチャネル関連付けを設定します。

  1. Slack API コンソール (http://api.slack.com) にサインインします。

  2. アプリケーションを作成します。

    アプリケーションの作成が正常に完了すると、Slack にアプリケーションの [Basic Information] ページが表示されます。

  3. アプリケーションの機能を次のように設定します。

    1. 左のメニューで、[Bot Users] を選択します。

      • ユーザー名を指定します。

      • [Always Show My Bot as Online] で、[On] を選択します。

      • 変更を保存するには、[Add Bot User] を選択します。

    2. 左のメニューで、[Interactive Components] を選択します。

      • [Enable Interactive Components] を選択します。

      • [Request URL] ボックスで、任意の有効な URL を指定します。たとえば、https://slack.com を使用できます。

        注記

        ここでは、任意の有効な URL を入力し、次のステップで必要な検証トークンを取得します。この URL は、Amazon Lex コンソールでボットチャネル関連付けを追加した後に更新します。

      • [Enable Interactive Components] を選択します。

  4. 左のメニューで、[Settings] の [Basic Information] を選択します。次のアプリケーション認証情報を記録します。

    • クライアント ID

    • クライアントシークレット

    • 検証トークン

次のステップ

ステップ 4: Slack アプリケーションと Amazon Lex ボットを統合する