License Maneger でのライセンスタイプの変換 - AWS License Manager

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

License Maneger でのライセンスタイプの変換

License Manager を使用すると、ビジネスニーズの変化に応じて、 AWS 提供されたライセンスと自分のライセンス使用モデル (BYOL) または自分のサブスクリプション使用モデル (BYOS) の間でライセンスタイプを変更できます。ライセンスタイプは、既存のワークロードを再デプロイすることなく変更できます。

ライセンスタイプ変換を使用して、次のシナリオでライセンスインベントリを最適化できます。

オンプレミスのワークロードを Amazon EC2 に移行してください

移行中に、ワークロードを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にデプロイし、 AWS 提供されたライセンスを使用できます。移行が完了したら、License Manager のライセンスタイプ変換を使用して、インスタンスのライセンスタイプを変更します。移行中にリリースされたライセンスを使用できるように、BYOL または BYOS に変更することができます。

ライセンス契約が終了したワークロードの継続実行

License Manager のライセンスタイプ変換を使用して、BYOL または BYOS から AWS 提供されたライセンスに切り替えることができます。この切り替えにより、柔軟な pay-as-you Go ライセンスモデルで が提供する完全準拠のソフトウェアライセンス AWS でワークロードを引き続き実行できます。オペレーティングシステムのソフトウェアベンダー (Microsoft や Canonical など) とのライセンス契約の有効期限が近づいており、更新する予定がない場合は、この方法を選択できます。

コストの最適化

小規模なワークロードや不規則なワークロードでは、 AWS 提供されたライセンス (ライセンス込み) インスタンスの方が費用対効果が高い場合があります。BYOL または BYOS を使用することを選択した場合、これらのオプションにはより長い期間の契約が必要になることがあります。この場合、License Manager のライセンスタイプ変換を使用して、インスタンスを付属のライセンスに切り替え、ライセンス関連のコストを最適化することができます。インスタンスが独自の仮想マシン (VM) イメージから起動された場合は、BYOL または BYOS に戻すことができます。これは、ワークロードがより安定しているか、予測可能な場合に選択できます。

延長メンテナンス

お使いの Ubuntu オペレーティングシステムの標準サポートが終了した場合は、Ubuntu Pro の有料サブスクリプションを追加できます。Ubuntu Pro にサブスクリプションを追加すると、長期間にわたってセキュリティアップデートが提供されます。詳細については、Canonical のドキュメントの「Ubuntu Pro」を参照してください。