AWS License Manager の概要 - AWS License Manager

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS License Manager の概要

AWS License Managerは、ソフトウェアベンダー(Microsoft、SAP、Oracle、IBMなど)が提供するソフトウェアライセンスを、AWSとオンプレミス環境との間で一元的に管理することを容易にするサービスです。これにより、ライセンスの使用状況をコントロールし可視化できるため、ライセンスの超過を制限し、コンプライアンス違反や誤報告のリスクを軽減できます。

クラウドインフラストラクチャを上に構築するとAWSでは、自分のライセンス使用モデル (BYOL) のオポチュニティを使用して、コストを節約できます。つまり、クラウドリソースで使用するために、既存のライセンスインベントリを再利用することができます。

License Manegerにより、 AWSのサービスに直結したインベントリ追跡を行うことによって、ライセンス超過使用やペナルティのリスクが軽減されます。管理者は、ライセンスの消費をルールベースでコントロールすることにより、新規および既存のクラウドのデプロイメントにハードまたはソフトな制限を設けることができます。これらの制限に基づいて、License Manegerは、非準拠のサーバーの使用を未然に防ぐことができます。

License Manegerの組み込みダッシュボードは、ライセンスの使用状況を継続的に可視化し、ベンダー監査をサポートします。

License Manegerは、仮想コア (vCPU)、物理コア、ソケット、またはマシン数に基づいてライセンスされている、すべてのソフトウェアの追跡をサポートします。これには、Microsoft、IBM、SAP、Oracle、およびその他のベンダーのさまざまなソフトウェア製品が含まれます。

AWS License Managerでは、チェックアウトされたすべてのエンタイトルメントの数を維持することで、複数のリージョンにわたってライセンスを一元的に追跡し、制限をかけることができます。License Manegerは、チェックアウト時間とともに、各チェックアウトに関連付けられたエンドユーザーIDおよび基礎となるリソース識別子(利用可能な場合)も追跡します。この時系列データは、CloudWatchメトリクスとイベントを通じてISVに追跡できます。ISVは、このデータを分析、監査、およびその他の同様の目的で使用できます。

AWS License Managerはと統合されていますAWS MarketplaceそしてAWSData Exchangeであり、以下をもってAWSサービス:AWS Identity and Access Management (IAM),AWS Organizations、Service Quotas、AWS CloudFormation,AWSでリソースへのタグ付け、AWS X-Ray

マネージド・エンタイトルメント

License Maneger を使用すると、ライセンス管理者は、アカウント全体および組織全体でソフトウェアライセンスを配布、アクティブ化、および追跡できます。

独立系ソフトウェアベンダー (ISV) はAWS License Managerマネージドエンタイトルメントを使用して、ソフトウェアライセンスとデータを管理しエンドユーザーに配布することができます。発行者は、License Manegerダッシュボードを使用して、出品者が発行したライセンスの使用状況を一元的に追跡できます。ISVが売れてるAWS Marketplaceトランザクションワークフローの一部として、ライセンスの自動作成と配布を利用できます。ISV は、License Maneger を使用して、ライセンスキーを作成し、AWSアカウントを持たないお客様のライセンスをアクティブ化することもできます。

License Manegerは、オープンで安全な業界標準を使用してライセンスを表現し、お客様が信頼性を暗号化して検証できるようにします。License Maneger は、永久ライセンス、フローティングライセンス、サブスクリプションライセンス、使用量ベースのライセンスなど、さまざまなライセンスモデルをサポートしています。ノードロックする必要があるライセンスがある場合、License Maneger は、その方法でライセンスを消費するメカニズムを提供します。

ライセンスは、AWS License Managerで作成できます。IAM アイデンティティ、またはAWS License Managerによって生成されたデジタル署名されたトークンを使用して、エンドユーザーに配布します。AWSを使用しているエンドユーザーはさらに、組織内のAWSのアイデンティティにライセンス権限を再分配することができます。配布されたエンタイトルメントを持つエンドユーザーは、AWS License Managerとのソフトウェア統合を通じて、そのライセンスから必要なエンタイトルメントをチェックアウトしてチェックインできます。各ライセンスのチェックアウトでは、エンタイトルメント、関連する数量、チェックアウト期間(admin-users 1時間に10個のチェックアウトなど)が指定されています。このチェックアウトは、分散ライセンスの基盤となる IAM ID に基づいて、またはAWS License Managerサービスを通じAWS License Managerによって生成された長期保存可能なトークンに基づいて行うことができます。

License Maneger は Amazon EC2 と統合されており、次のリソースのライセンスを追跡できます。

License ManegerはAmazon RDS と統合されており、Amazon RDS での Oracle ライセンスの使用状況を監視できます。詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドの「Oracle Licensing」を参照してください。

AWS Systems ManagerをLicense Manegerと合わせて使用すると、AWS以外でホストされる物理的サーバーや仮想サーバーのライセンスを管理できます。

License Maneger を使用して、AWS Marketplaceから入手したBYOLソフトウェアを追跡することができます。

またAWS Organizationsで License Maneger を使用して、すべての組織アカウントを一元管理することもできます。