Lightsail インスタンスのルートボリュームのスナップショットを作成する - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lightsail インスタンスのルートボリュームのスナップショットを作成する

システムディスクのスナップショットを作成して、Amazon Lightsail インスタンスのルートボリュームをバックアップします。そして、スナップショットから新しいブロックストレージディスクを作成し、別のインスタンスにアタッチすることによって、バックアップされたファイルにアクセスします。必要な場合は、以下のステップを実行します。

  • 失敗したインスタンスのルートボリュームからデータを復旧します。

  • ブロックストレージディスクに対して行うように、インスタンスのルートボリュームのバックアップを作成します。

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してインスタンスルートボリュームを作成します。スナップショットを作成した後、Lightsail コンソールを使用してスナップショットからブロックストレージディスクを作成します。次に、それを実行中のインスタンスにアタッチし、そのインスタンスからアクセスします。

目次

ステップ 1: 前提条件を満たす

まだ AWS CLI をインストールして設定していない場合は、インストールして設定します。詳細については、「 Lightsail で使用するために AWS CLI を設定する」を参照してください。

ステップ 2: インスタンスのルートボリュームスナップショットを作成する

ターミナルまたはコマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを入力して、ルートボリュームのスナップショットのインスタンスを作成します。

aws lightsail create-disk-snapshot --region AWSRegion --instance-name InstanceName --disk-snapshot-name DiskSnapshotName

コマンドを、以下のように置き換えます。

  • AWSRegion をインスタンスの AWS リージョン に置き換えます。

  • InstanceName は、ルートボリュームをバックアップするインスタンスの名前に置き換えます。

  • DiskSnapshotName は、作成される新しいディスクスナップショットの名前に置き換えます。

例:

aws lightsail create-disk-snapshot --region us-west-2 --instance-name Amazon_Linux-32MB-Oregon-1 --disk-snapshot-name root-volume-linux

成功すると、以下のような結果が表示されます。

Lightsail でインスタンスのルートボリュームをバックアップします。

スナップショットが作成されるまで数分待ちます。作成後、Lightsail ホームページのスナップショットタブをクリックし、次の例に示すように、[ディスクスナップショット] セクションまでスクロールして確認することができます。

Lightsail コンソールのルートボリュームディスクスナップショット。

ステップ 3: スナップショットからブロックストレージディスクを作成し、インスタンスへアタッチする

インスタンスのルートボリュームのスナップショットから新しいブロックストレージディスクを作成し、そのコンテンツにアクセスするためには、別のインスタンスにアタッチします。失敗したインスタンスのルートボリュームからデータを復旧する必要がある場合は、以下を実行します。

注記

この新しいブロックストレージディスクは、ソースのスナップショットと同じ AWS リージョン に作成されます。別のリージョンにブロックストレージディスクを作成するためには、目的のリージョンにスナップショットをコピーし、コピーしたスナップショットから新しいディスクを作成します。詳細については、「1 つの AWS リージョン から別のリージョンにスナップショットをコピーする」を参照してください。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで [スナップショット] タブを選択します。

  3. 使用するルートボリュームディスクスナップショットの横に表示されるアクションメニューアイコン (⋮) を選択し、[Create new disk (新しいディスクの作成)] を選択します。

  4. ディスクのアベイラビリティーゾーンを選択するか、デフォルトのままにします。

  5. ソースディスクと同等、もしくはそれ以上のサイズのディスクを選択してください。

  6. ディスクの名前を入力します。

    リソース名:

    • Lightsail アカウントの各 AWS リージョン 内で一意である必要があります。

    • 2〜255 文字を使用する必要があります。

    • 先頭と末尾は英数字または数字を使用する必要があります。

    • 英数字、数字、ピリオド、ダッシュ、アンダースコアを使用することができます。

  7. 以下のいずれかのオプションを選択して、ディスクにタグを追加します。

    • [key-only タグの追加] または [key-only タグの編集] (タグが追加済みの場合)。タグキーのテキストボックスに新しいタグを入力し、Enter キーを押します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択してタグを追加し、追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      Lightsail コンソールのキーのみのタグ。
    • [key-value タグの作成] から [キー] テキストボックスにキーを入力し、[] テキストボックスに値を入力します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択し、追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      キーバリューのタグは、保存する際に一つずつ追加することができます。さらに key-value タグを追加するには、以上のステップを繰り返します。

      Lightsail コンソールの key-value タグ。
    注記

    「キーのみ」のタグと「キーバリュー」のタグの詳細については、「タグ」を参照してください。

  8. [ディスクの作成] を選択します。

  9. ディスクが作成されたら、ディスクをアタッチするインスタンスを [Select an instance (インスタンスの選択)] ドロップダウンメニューで選択します。これは次の例で示されます。

    Lightsail のインスタンスにスナップショットをアタッチします。
  10. [アタッチ] を選択して、選択したインスタンスにディスクをアタッチします。

    ディスクがインスタンスにアタッチされます。次に、Linux にマウントするか、Windows でオンラインにすることによって、該当するオペレーティングシステムにアクセスできる状態にします。詳細については、このガイドの次の [インスタンスからブロックストレージにアクセスする] セクションを参照してください。

ステップ 4: インスタンスからブロックストレージディスクにアクセスする

インスタンスにアタッチした後でブロックストレージディスクにアクセスするには、Linux または Unix でマウントするか、Windows でオンラインにする必要があります。

Linux または Unix インスタンスにブロックストレージディスクをマウントしてアクセスする
  1. Lightsail ホームページで、ブロックストレージディスクをアタッチした Linux または Unix インスタンスのブラウザベースの SSH クライアントのアイコンを選択します。

    Lightsail コンソールのブラウザベースのアイコン。
  2. ブラウザベースの SSH クライアントを接続したら、次のコマンドを入力して、インスタンスにアタッチしたブロックストレージディスクデバイスを表示します。

    lsblk

    次の例のような結果が表示されます。この例でxvdf1 は、マウントポイントがないため、マウントされていないインスタンスにアタッチされたブロックストレージディスクです。また、結果では、デバイス名から /dev/ が除外されているため、実際のデバイス名は /dev/xvdf1 となります。

    Linux または Unix インスタンスにアタッチされたブロックされたストレージデバイス。
  3. 次のコマンドを入力して、ブロックストレージディスクのマウントポイントを作成します。

    sudo mkdir MountPoint

    コマンドで MountPointを、ブロックストレージディスクをマウントし、アクセス可能にするディレクトリの名前に置き換えます。

    例:

    sudo mkdir xvdf
  4. 次のコマンドを入力し、前のステップで作成したマウントポイントにブロックストレージディスクをマウントします。

    sudo mount /dev/DeviceName MountPoint

    コマンドを、以下のように置き換えます。

    • DeviceName は、ブロックストレージディスクデバイスの名前に置き換えます。

    • MountPoint は、前のステップで作成したマウントポイントディレクトリに置き換えます。

    例:

    sudo mount /dev/xvdf1 xvdf
  5. 次のコマンドを入力して、インスタンスにアタッチしたブロックストレージディスクデバイスを表示します。

    lsblk

    次の例のような結果が表示されます。この例では、xvdf1 デバイスは /home/ec2-user/xvdf ディレクトリにマウントされ、アクセス可能になっています。マウントポイントのディレクトリで、ブロックストレージディスクとそのコンテンツにアクセスできるようになりました。

    Linux または Unix インスタンスにアタッチされたブロックされたストレージデバイス。
Windows インスタンスでブロックストレージディスクをオンラインにしてアクセスします。
  1. Lightsail ホームページで、ブロックストレージディスクをアタッチした Windows インスタンスのブラウザベースの RDP クライアントアイコンを選択します。

    Lightsail コンソールのブラウザベースの RDP アイコン。
  2. ブラウザベースの SSH クライアントが接続されたら、Windows タスクバーで [コンピュータの管理] を選択し、その結果から [コンピューターの管理] を選択します。

    Windows インスタンスでのコンピュータ管理。
  3. [コンピュータの管理] コンソールの左側のナビゲーションメニューで、以下の例のように [ディスク管理] を選択します。

    Windows インスタンスのディスク管理。
  4. 最近インスタンスにアタッチしたディスクを見つけます。[オフライン] とラベル付けされているはずです。

  5. [オフライン] ラベルを右クリックし、[オンライン] を選択します。

    Windows インスタンスのオフラインディスク。

    ディスクが [オンライン] として表示され、ドライブ文字が関連付けられているはずです。File Explorer を開いて指定したドライブ文字を参照することにより、ブロックストレージディスクとそのコンテンツにアクセスできるようになりました。

    Windows インスタンスのオンラインディスク。