Lightsail スナップショットを Amazon EC2 にエクスポートする - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lightsail スナップショットを Amazon EC2 にエクスポートする

Lightsail インスタンスとブロックストレージディスクのスナップショットは、次のいずれかの方法を使用して Amazon EC2 にエクスポートできます。

インスタンスおよびブロックストレージディスクのスナップショットをエクスポートできます。ただし、現時点では Django、Ghost、cPanel & WHM インスタンスのスナップショットはエクスポートできません。スナップショットは Lightsail AWS リージョン から Amazon EC2 に同じ にエクスポートされます。スナップショットを別のリージョンにエクスポートするには、まず Lightsail の別のリージョンにスナップショットをコピーしてからエクスポートを実行します。詳細については、「ある から別の AWS リージョン にスナップショットをコピーする」を参照してください。

Lightsail インスタンススナップショットをエクスポートすると、Amazon マシンイメージ (AMI) と Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) スナップショットが Amazon EC2 に作成されます。これは、Lightsail インスタンスがイメージとシステムディスクで構成されているが、どちらも Lightsail コンソールで単一のインスタンスエンティティとしてグループ化されているためです。スナップショットの作成時にソース Lightsail インスタンスに 1 つ以上のブロックストレージディスクがアタッチされている場合、アタッチされたディスクごとに追加の EBS スナップショットが Amazon EC2 に作成されます。Lightsail ブロックストレージディスクスナップショットをエクスポートすると、Amazon EC2 に単一の EBS スナップショットが作成されます。Amazon EC2 でエクスポートされたすべてのリソースには、Lightsail に対応するものとは異なる独自の一意の識別子があります。

Lightsail スナップショットを Amazon EC2 にエクスポートします。
注記

Lightsail は、 AWS Identity and Access Management (IAM) サービスにリンクされたロール (SLR) を使用してスナップショットを Amazon EC2 にエクスポートします。SLR の詳細については、「サービスにリンクされたロール」を参照してください。

エクスポートプロセスは時間がかかる場合があります。所要時間は、ソースのインスタンスやブロックストレージディスクのサイズと設定に応じて異なります。Lightsail コンソールのエクスポートセクションを使用して、エクスポートのステータスを追跡します。詳細については、「Lightsail でスナップショットのエクスポートをモニタリングする」を参照してください。

エクスポートされた Lightsail スナップショットから Amazon EC2 リソースを作成する

Lightsail スナップショットがエクスポートされ、Amazon EC2 で (AMI、EBS スナップショット、またはその両方として) 使用可能になったら、次のいずれかの方法を使用してスナップショットから Amazon EC2 リソースを作成できます。

エクスポートしたインスタンススナップショット (AMI および EBS スナップショット) から Amazon EC2 インスタンスを作成すると、1 つの EC2 インスタンスが起動されます。Lightsail インスタンススナップショットのエクスポートによって生成された AMI スナップショットと EBS スナップショットは、EC2 インスタンスを形成するために自動的にリンクされます。エクスポートされた Lightsail ブロックストレージディスクスナップショット (EBS スナップショット) を使用して、Amazon EC2 で EBS ボリュームを作成できます。

Lightsail スナップショットを Amazon EC2 にエクスポートします。
注記

Lightsail は CloudFormation スタックを使用してEC2 にインスタンスとその関連リソースを作成します。詳細については、AWS CloudFormation 「Lightsail のスタック」を参照してください。

エクスポートしたスナップショットから Amazon EC2 リソースを作成するプロセスは時間がかかる場合があります。所要時間は、ソースインスタンスのサイズと設定によります。Lightsail コンソールのエクスポートセクションを使用して、エクスポートのステータスを追跡します。詳細については、Lightsail でスナップショットのエクスポートをモニタリングするを参照してください。

Amazon EC2 インスタンスタイプを選択する

Amazon EC2 は、Lightsail で利用可能なものよりも幅広いインスタンスオプションを提供します。Amazon EC2 では、コンピューティング (C5)、メモリ (R5)、または両方のバランス (T3 と M5) に最適化されたインスタンスタイプを選択できます。Lightsail では、Amazon EC2 インスタンスの作成 ページでこれらのオプションが提供されますが、エクスポートされたスナップショットから新しいインスタンスを作成するために Amazon EC2 を使用すると、より多くのインスタンスタイプオプションを使用できます。EC2 インスタンスタイプの詳細については、Amazon EC2 ドキュメントの「インスタンスタイプ」を参照してください。

エクスポートされたスナップショットから EC2 インスタンスを作成する前に、Lightsail と Amazon EC2 のインスタンス料金の違いを理解することが重要です。インスタンスの料金の詳細については、Lightsail の料金ページと Amazon EC2 の料金ページを参照してください。

Lightsail と Amazon EC2 インスタンスタイプの互換性

一部の Lightsail インスタンスは、拡張ネットワーキングが有効になっていないため、現行世代の EC2 M5, C5、または R5) と互換性がありません。ソース Lightsail インスタンスに互換性がない場合は、エクスポートしたスナップショットから EC2 インスタンスを作成するときに、M4, C4、または R4) を選択する必要があります。これらのオプションは、Lightsail コンソールの「Amazon EC2 インスタンスの作成」ページを使用して EC2 インスタンスを作成するときに表示されます。 Amazon EC2

ソース Lightsail インスタンスに互換性がない場合に最新世代の EC2 インスタンスタイプを使用するには、前世代のインスタンスタイプ (T2、M4、C4、または R4) を使用して新しい EC2 インスタンスを作成し、ネットワークドライバーを更新してから、インスタンスを目的の現行世代のインスタンスタイプにアップグレードする必要があります。 M4, C4 詳細については、「Amazon EC2 インスタンスの拡張ネットワーキング」を参照してください。

Amazon EC2 インスタンスに接続する

Lightsail インスタンスへの接続方法と同様に、Amazon EC2 インスタンスに接続できます。つまり、Linux および Unix インスタンスには SSH を使用し、Windows Server インスタンスには RDP を使用します。ただし、使用しているブラウザのバージョンによっては、Lightsail コンソールで使用したブラウザベースの SSH/RDP クライアントが Amazon EC2 で使用できない可能性があるため、EC2 インスタンスに接続するように独自の SSH/RDP クライアントを設定する必要があります。詳細については、以下のガイドを参照してください。

Amazon EC2 インスタンスを保護する

エクスポートされた Lightsail スナップショットから EC2 インスタンスを作成した後、新しいインスタンスのセキュリティを向上させるためにいくつかのアクションを実行する必要がある場合があります。それらのアクションは、EC2 インスタンスのオペレーティングシステムによって異なります。

Amazon EC2 での Linux および Unix インスタンスの保護

ECAmazon EC2 EC2 で Linux または Unix インスタンスを作成する場合、新しい EC2EC2 インスタンスには Lightsail サービスからの残差 SSH キーが含まれる場合があります。 EC2 EC2 AWS CLI EC2 SDKs これらのキーを削除して新しいインスタンスのセキュリティを強化することをお勧めします。

詳細については、「Lightsail スナップショット から作成された Amazon EC2 Linux または Unix インスタンスを保護する」を参照してください。

Amazon EC2 の Windows Server インスタンスの保護

エクスポートされたスナップショットから Amazon EC2 に Windows Server インスタンスを作成すると、Lightsail と EC2 へのアクセス権を持つ AWS アカウントのユーザーは、ソースインスタンスに最初に割り当てられたデフォルトの管理者パスワードを取得できます。これは、新しい EC2 インスタンスのパスワードでもあります。セキュリティを強化するために、Amazon EC2 インスタンスのデフォルトの管理者パスワードを変更することをお勧めします (まだ変更していない場合)。

詳細については、「Lightsail スナップショット から作成された Amazon EC2 Windows Server インスタンスを保護する」を参照してください。