チュートリアル:Lightsail WordPress でのインスタンスの起動と設定 - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル:Lightsail WordPress でのインスタンスの起動と設定

インスタンス (仮想プライベートサーバー) だけが必要な場合、Amazon Lightsail はAmazon Web Services (AWS) を使い始める最も簡単な方法です。Lightsail には、インスタンス、マネージドデータベース、SSD ベースのストレージ、バックアップ (スナップショット)、データ転送、ドメイン DNS 管理、静的 IP、ロードバランサーなど、プロジェクトを迅速に開始するために必要なすべてのものが、予測可能な低価格で含まれています。

このチュートリアルでは、Lightsail WordPress でインスタンスを起動して設定する方法を学習します。カスタムドメイン名の設定、HTTPS によるインターネットトラフィックの保護、SSH によるインスタンスへの接続、 WordPress ウェブサイトへのサインインなどの手順が含まれています。このチュートリアルを完了すると、Lightsail でインスタンスを起動して実行するための基本が身に付きます。

注記

AWS 無料利用枠の一部として、一部のインスタンスバンドルで Amazon Lightsail を無料で開始できます。詳細については、Amazon Lightsail 料金ページのAWS 無料利用枠」を参照してください。

ステップ 1: サインアップする AWS

Amazon Lightsail にはが必要です。 AWS アカウントサインアップするか AWSAWS既にアカウントをお持ちの場合はサインインしてください

ステップ 2: WordPress インスタンスを作成する

以下のステップを実行して、 WordPress インスタンスを起動して稼働させます。詳細については、「Lightsail インスタンスを作成する」を参照してください。

用の Lightsail インスタンスを作成するには WordPress
  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail ホームページのインスタンスセクションで、[インスタンスを作成] を選択します。

    WordPress Lightsail でのローンチ
  3. インスタンスのアベイラビリティーゾーンを選択します。 AWS リージョン

    WordPress Lightsail でのローンチ
  4. インスタンスのイメージを次のように選択します。

    1. [プラットフォームの選択] で [Linux/Unix] を選択します。

    2. [ブループリントの選択] では、を選択します。WordPress

  5. インスタンスプランを選択します。

    プランには、予測可能な低コストでのマシン構成(RAM、SSD、vCPU)と、データ転送許容量が含まれます。

  6. インスタンスの名前を入力します。リソース名:

    • Lightsail AWS リージョン アカウント内のそれぞれで一意である必要があります。

    • 2〜255 文字を使用する必要があります。

    • 先頭と末尾は英数字または数字を使用する必要があります。

    • 英数字、数字、ピリオド、ダッシュ、アンダースコアを使用することができます。

  7. [インスタンスの作成] を選択します。

  8. テストブログ投稿を表示するには、インスタンス管理ページに移動し、ページの右上隅に表示されているパブリック IPv4 アドレスをコピーします。インターネットに接続されたウェブブラウザのアドレスフィールドにアドレスを貼り付けます。ブラウザにテストブログ投稿が表示されます。

ステップ 3: WordPress インスタンスを設定する

WordPress step-by-step ガイド付きのワークフローを使用してインスタンスを設定することも、個々のタスクを完了することもできます。いずれのオプションを使用しても、以下を設定します。

  • 登録済みドメイン名 — WordPress サイトには覚えやすいドメイン名が必要です。 WordPress ユーザーはこのドメイン名を指定してサイトにアクセスします。詳細については、「Amazon Lightsail でのドメイン登録」を参照してください。

  • DNS 管理 — ドメインの DNS レコードの管理方法を決定する必要があります。DNS レコードは、ドメインまたはサブドメインが関連付けられている IP アドレスまたはホスト名を DNS サーバーに伝えます。DNS ゾーンにはドメインの DNS レコードが含まれます。詳細については、「Amazon Lightsail の DNS」を参照してください。

  • 静的 IP アドレス — インスタンスを停止して起動すると、 WordPress インスタンスのデフォルトのパブリック IP アドレスが変更されます。静的 IP アドレスをインスタンスにアタッチすると、インスタンスを停止して起動しても同じままです。詳細については、「Amazon Lightsail の IP アドレス」を参照してください。

  • SSL/TLS 証明書 — 検証済みの証明書を作成してインスタンスにインストールしたら、 WordPress ウェブサイトの HTTPS を有効にして、登録したドメインを経由してインスタンスにルーティングされるトラフィックが HTTPS を使用して暗号化されるようにすることができます。詳細については、「Lightsail WordPress のインスタンスで HTTPS を有効にする」を参照してください。

ヒント

始める前に、以下のヒントを確認してください。トラブルシューティング情報については、「 WordPress トラブルシューティング設定」を参照してください。

  • セットアップは、2023 年 1 月 1 WordPress 日以降に作成されたバージョン 6 以降の Lightsail インスタンスをサポートします。

  • インスタンスは Running 状態である必要があります。インスタンスが起動されたばかりの場合は、SSH 接続の準備が整うまで数分お待ちください。

  • インスタンスのファイアウォールのポート 22、80、443 は、セットアップの実行中は任意の IP アドレスからの TCP 接続を許可する必要があります。詳細については、「インスタンスのファイアウォール」を参照してください。

  • Apex ドメイン (example.com) www とそのサブドメイン () からのトラフィックを指す DNS レコードを追加または更新する場合、それらはインターネット全体に伝播する必要があります。www.example.comDNS の変更が反映されたかどうかは、nslookup やからの DNS 検索などのツールを使用して確認できます。MxToolbox

  • 2023 年 1 月 1 日より前に作成された Wordpress インスタンスには、廃止予定の Certbot 個人Package アーカイブ (PPA) リポジトリが含まれている可能性があり、これによりウェブサイトの設定が失敗する可能性があります。セットアップ中にこのリポジトリが存在する場合、既存のパスから削除され、インスタンスの次の場所にバックアップされます。~/opt/bitnami/lightsail/repo.backup廃止された PPA の詳細については、Canonical ウェブサイトの Certbot PPA を参照してください。

  • Let's Encrypt の証明書は 60 日から 90 日ごとに自動的に更新されます。

  • セットアップ中は、インスタンスを停止したり変更したりしないでください。インスタンスの設定には最大 15 分かかることがあります。各ステップの進行状況は、インスタンス接続タブで確認できます。

ウェブサイトセットアップウィザードを使用してインスタンスを設定するには
  1. インスタンス管理ページの「Connect」タブで、「ウェブサイトを設定」を選択します。

    WordPress Lightsail でセットアップを起動します。
  2. [ドメイン名を指定] では、既存の Lightsail 管理ドメインを使用するか、Lightsail に新しいドメインを登録するか、別のドメインレジストラを使用して登録したドメインを使用します。[このドメインを使用する] を選択して次のステップに進みます。

  3. [DNS の設定] で、次のいずれかを実行します。

    • Lightsail DNS ゾーンを使用するには、Lightsail マネージドドメインを選択してください。[この DNS ゾーンを使用する] を選択して次のステップに進みます。

    • ドメインの DNS レコードを管理するホスティングサービスを使用するには、「サードパーティードメイン」を選択します。後で使用することを決めた場合に備えて、Lightsail アカウントに一致する DNS ゾーンが作成されることに注意してください。[サードパーティ DNS を使用] を選択して次のステップに進みます。

  4. [固定 IP アドレスの作成] に、固定 IP アドレスの名前を入力し、[静的 IP アドレスの作成] を選択します。

  5. [ドメイン割り当ての管理] で [割り当てを追加] を選択し、ドメインの種類を選択して、[追加] を選択します。[続行] を選択して、次のステップに進みます。

  6. [SSL/TLS 証明書の作成] では、ドメインとサブドメインを選択し、メールアドレスを入力し、[Lightsail に権限を付与してインスタンスに Let's Encrypt 証明書を設定する] を選択し、[証明書の作成] を選択します。Lightsail リソースの設定を開始します。

    セットアップ中は、インスタンスを停止したり変更したりしないでください。インスタンスの設定には最大 15 分かかることがあります。各ステップの進行状況は、インスタンス接続タブで確認できます。

  7. ウェブサイトの設定が完了したら、ドメイン割り当て手順で指定した URL WordPress がサイトを開くことを確認します。

個々のタスクを完了してインスタンスを設定するには
  1. 静的 IP アドレスの作成

    インスタンス管理ページの [ネットワーク] タブで [静的 IP の作成] を選択します。静的 IP の場所とインスタンスが自動的に選択されます。固定 IP アドレスの名前を指定し、[作成してアタッチ] を選択します。

  2. DNS ゾーンの作成

    ナビゲーションペインで [ドメインと DNS] を選択します。[DNS ゾーンの作成] を選択し、ドメインを入力して [DNS ゾーンの作成] を選択します。ウェブトラフィックが現在ドメインにルーティングされている場合は、ドメインの現在の DNS ホスティングプロバイダーのネームサーバーを変更する前に、既存の DNS レコードがすべて Lightsail DNS ゾーンに存在することを確認してください。これにより、Lightsail DNS ゾーンへの転送後もトラフィックは途切れることなく流れ続けます。

  3. ドメイン割り当ての管理

    DNS ゾーンのページの [割り当て] タブで、[割り当てを追加] を選択します。ドメインまたはサブドメインを選択し、インスタンスを選択して固定 IP アドレスをアタッチし、[Assign] を選択します。

    ヒント

    ドメインがインスタンスへのトラフィックのルーティングを開始する前に、これらの変更がインターネットに反映されるまでしばらくお待ちください WordPress 。

  4. SSL/TLS 証明書を作成してインストールします。

    step-by-step 手順については、を参照してください。Lightsail WordPress のインスタンスで HTTPS を有効にする

  5. ドメイン割り当て手順で指定した URL WordPress がサイトを開くことを確認します。

ステップ 4: WordPress Web サイトの管理者パスワードを取得する

WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードにサインインするためのデフォルトパスワードは、インスタンスに保存されます。パスワードを取得するには、次の手順を実行します。

WordPress 管理者のデフォルトパスワードを取得するには
  1. インスタンスのインスタンス管理ページを開きます。 WordPress

  2. WordPressパネルで [デフォルトパスワードを取得] を選択します。これにより、ページの下部にある Access のデフォルトパスワードが展開されます

    Lightsail WordPress の管理者パスワードにアクセスします。
  3. [起動] を選択します。 CloudShellページの下部にパネルが開きます。

  4. [Copy] を選択し、 CloudShell 内容をウィンドウに貼り付けます。 CloudShell プロンプトにカーソルを置いて Ctrl+V を押すか、右クリックしてメニューを開き、[貼り付け] を選択します。

  5. ウィンドウに表示されたパスワードを書き留めておきます。 CloudShell WordPress Web サイトの管理ダッシュボードにログインするには、これが必要です。

    Lightsail WordPress で管理者パスワードを表示しています。

ステップ 5: ウェブサイトの管理ダッシュボードにログインします。 WordPress

WordPress Web サイトの管理ダッシュボードのパスワードがわかったので、ログインできます。管理ダッシュボードでは、ユーザーパスワードの変更、プラグインのインストール、ウェブサイトのテーマの変更などを行うことができます。

WordPressWeb サイトの管理ダッシュボードにログインするには、次の手順を実行します。

管理ダッシュボードにサインインするには
  1. インスタンスのインスタンス管理ページを開きます。 WordPress

  2. WordPressパネルで [ WordPress 管理者にアクセス] を選択します。

  3. WordPress 管理者ダッシュボードへのアクセス」パネルの「パブリック IP アドレスを使用」で、次の形式のリンクを選択します。

    http://パブリック IPV4-アドレス。 /wp-管理者

  4. [ユーザー名] または [メールアドレス] に、と入力します。user

  5. [パスワード] には、前のステップで取得したパスワードを入力します。

  6. [ログイン] を選択します。

    Lightsail WordPress での起動と設定

    これで WordPress Web サイトの管理ダッシュボードにサインインし、管理アクションを実行できます。 WordPress Web サイトの管理について詳しくは、ドキュメントの WordPressCodex を参照してください。 WordPress

    Lightsail WordPress での起動と設定

追加情報

Amazon Lightsail WordPress でインスタンスを起動した後に実行できる追加のステップは次のとおりです。