Amazon Lightsail のリソースの IP アドレス - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Lightsail のリソースの IP アドレス

IP アドレスを使用して、Lightsail インスタンスやその他の Lightsail リソースと通信できます。たとえば、インスタンスのパブリック IP アドレスを使用して、インスタンスのネットワークステータスを確認し(PING を使用)、インスタンスへの SSH 接続を確立し、カスタムドメイン名からインスタンスにトラフィックをルーティングできます。Lightsail リソースの IP アドレスでできることは他にも多数あります。

Lightsail インスタンス、コンテナサービス、ロードバランサーは、IPv4 および IPv6 の両方のアドレス指定プロトコルをサポートします。こういったリソースでは、デフォルトで IPv4 アドレス設定プロトコルを使用します。この動作を無効にすることはできません。オプションで、インスタンス、コンテナサービス、ロードバランサーの IPv6 を有効にできます。

このガイドでは、Lightsail の IP アドレスについて知っておくべきことを説明します。

目次

インスタンスのプライベートとパブリックの IPv4 アドレス

Lightsail インスタンスを作成すると、パブリック IPv4 アドレスとプライベート IPv4 アドレスが割り当てられます。パブリック IP アドレスはインターネットにアクセスでき、プライベート IP アドレスは同じ の Lightsail アカウントのリソースにのみアクセスできます AWS リージョン。

注記

インスタンスのプライベート IP アドレスは、同じ AWS リージョン内の他の AWS リソースにアクセスできますが、VPC ピアリングを有効にすると Lightsail アカウント外でもアクセスできます。詳細については、「Lightsail の外部で AWS リソースを操作するように Amazon VPC ピアリングを設定する」を参照してください。

インスタンスの IP アドレスは、Lightsail コンソールの次の領域に表示されます。

  • 次の例は、Lightsail ホームページのインスタンスのパブリック IP アドレスを示しています。

    Lightsail ホームページのインスタンス IP アドレス。
  • 次の例は、インスタンス管理ページのヘッダー領域にあるインスタンスのパブリックとプライベート IP アドレスを示しています。

    インスタンス管理ページのヘッダー領域にあるインスタンス IP アドレス。
  • 次の例は、インスタンス管理ページの [ネットワーク] タブにあるインスタンスのパブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスを示しています。

    インスタンス管理ページの [Networking (ネットワーク)] タブにあるインスタンス IP アドレス。

インスタンスの IPv4 アドレスを使用する場合は、以下の点に注意してください。

  • インスタンスのパブリック IP アドレスは変わることがあります。インスタンスに静的 IP を添付することで、変更されない IP アドレスを割り当てます。詳細については、このガイドのインスタンスの静的 IP アドレスセクションを参照してください。

  • Lightsail はデフォルトで IPv4 アドレスを使用します。ただし、オプションで、2021 年 1 月 12 日より前に作成された一部の Lightsail リソースに対して IPv6 を有効にできます。2021 年 1 月 12 日以降に作成されたリソースでは、IPv6 がデフォルトで有効になっています。詳細については、このガイドのインスタンス、コンテナーサービス、CDN ディストリビューション、およびロードバランサー用の IPv6 セクションを参照してください。

  • インスタンスのファイアウォールにルールを追加して、インスタンスに接続できるトラフィックを制御できます。詳細については、「インスタンスのファイアウォール」を参照してください。

インスタンスの静的 IPv4 アドレス

インスタンスの作成時にインスタンスに割り当てられるデフォルトの公開 IPv4 アドレスは、インスタンスを停止してまた開始すると変更されます。必要に応じて、静的 IPv4 アドレスをインスタンスに作成し、アタッチできます。静的 IPv4 アドレスは、インスタンスのデフォルトの公開 IPv4 アドレスに置き換えられ、インスタンスを停止して起動しても変わりません。1 つの静的 IP を 1 つのインスタンスにアタッチできます。詳細については、「静的 IP を作成してインスタンスにアタッチする」を参照してください。

静的 IP を作成してインスタンスにアタッチすると、Lightsail コンソールの次の領域に表示されます。

  • 次の例は、Lightsail ホームページのインスタンスの静的 IP アドレスを示しています。画鋲アイコンは、パブリック IP アドレスが静的であることを示します。

    Lightsail ホームページのインスタンス静的 IP アドレス。
  • 次の例は、インスタンス管理ページのヘッダー領域にあるインスタンスの静的 IP アドレスを示しています。画鋲アイコンは、パブリック IP アドレスが静的であることを示します。

    インスタンス管理ページのヘッダー領域にあるインスタンスの静的 IP アドレス。
  • 次の例は、インスタンス管理ページの [ネットワーク] タブにあるインスタンスの静的 IP アドレスを示しています。デフォルトのパブリック IP アドレスは表示されなくなり、静的 IP アドレスに置き換えられました。画鋲アイコンは、パブリック IP アドレスが静的であることを示します。

    インスタンス管理ページの [ネットワーク] タブにあるインスタンスの静的 IP アドレス。
  • 次の例に示すように、Lightsail ホームページのネットワークタブに移動することで、作成したすべての静的 IPs を表示できます。

    Lightsail ホームページのネットワークタブのすべての静的 IP アドレス。

インスタンス、コンテナーサービス、CDN ディストリビューション、およびロードバランサー用の IPv6

IPv6 は、2021 年 1 月 12 日以降に作成された Lightsail インスタンス、コンテナサービス、CDN ディストリビューション、ロードバランサーに対してデフォルトで有効になっています。オプションとして、2021 年 1 月 12 日より前に作成されたリソースの IPv6 を有効にすることもできます。特定のリソースに対して IPv6 を有効にすると、Lightsail はそのリソースに IPv6 アドレスを自動的に割り当てます。IPv6 アドレスを自分で選択または指定することはできません。詳細については、「IPv6 を有効化または無効化する」を参照してください。

IPv6-onlyインスタンスを作成することもできます。IPv6-onlyインスタンスは IPv6 経由でのみパブリックに通信でき、パブリック IPv4 アドレスはありません。詳細については、「Lightsail インスタンスの IPv6-onlyネットワークを設定する」を参照してください。

インスタンスの IPv6 アドレスは、Lightsail コンソールの次の領域に表示されます。

  • 次の例は、Lightsail ホームページのインスタンスの IPv6 アドレスを示しています。

    Lightsail ホームページのインスタンス IPv6 アドレス。
  • 次の例は、リソースの管理ページのヘッダー領域にあるリソースの IPv6 アドレスを示しています。

    インスタンス管理ページのヘッダー領域にあるインスタンス IPv6 アドレス。
  • 次の例は、リソース管理ページの [ネットワーク] タブにあるリソースの IPv6 アドレスを示しています。

    インスタンス管理ページの [ネットワーク] タブにあるインスタンス IPv6 アドレス。

リソースで IPv6 を有効にして使用するときは、次の点に注意してください。

  • リソースに対して IPv6 を有効にすると、リソースは IPv4 および IPv6 (デュアルスタックモード) 経由で、または IPv4 でのみ通信できます。 IPv6

  • リソースの IPv6 を有効にすると、Lightsail はそのリソースに IPv6 アドレスを自動的に割り当てます。IPv6 アドレスを自分で選択または指定することはできません。リソースに対して IPv6 を有効にすると、IPv6 プロトコル経由のネットワークトラフィックの受け入れが開始されます。

  • インスタンスの IPv6 アドレスは、インスタンスを停止してまた開始しても保持されます。インスタンスを削除するか、インスタンスに対して IPv6 を無効にした場合にのみ解除されます。これらのアクションのいずれかを実行した後は、同じ IPv6 アドレスを取得することはできません。

  • インスタンスに割り当てられるすべての IPv6 アドレスは公開されているため、インターネット経由で接続することができます。インスタンスに割り当てられるプライベート IPv6 アドレスは存在しません。

  • インスタンスの IPv4 アドレスと IPv6 アドレスは互いに独立しています。従って、 IPv4 と IPv6 のインスタンスファイアウォールのルールは個別に設定する必要があります。詳細については、「インスタンスのファイアウォール」を参照してください。

  • IPv6 が有効になっている場合、Lightsail で使用できるすべてのインスタンスブループリントが IPv6 に自動的に設定されるわけではありません。次の設計図を使用するインスタンスでは、IPv6 を有効にした後で、追加の設定手順が必要になります。

    注記

    PrestaShop は現在IPv6 アドレスをサポートしていません。インスタンスの IPv6 を有効にできますが、 PrestaShop ソフトウェアは IPv6 ネットワーク経由でリクエストに応答しません。