クライアントアプリケーションコンポーネントの作成 - Amazon Lookout for Vision

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

クライアントアプリケーションコンポーネントの作成

クライアントアプリケーションコンポーネントは、AWS IoT Greengrass Version 2ユーザーが記述するカスタムコンポーネントです。AWS IoT Greengrass Version 2Core デバイスに対して Amazon Lookout for Vision モデルを使用するために必要なビジネスロジックを実装します。

モデルにアクセスするために、クライアントアプリケーションコンポーネントは Lookout for Vision Edge Agent コンポーネントを使用します。Lookout for Vision Edge Agent コンポーネントは、モデルを使用して画像を分析し、コアデバイス上のモデルを管理するために使用する API を提供します。

Lookout for Vision エッジエージェント API は gRPC を使用して実装され、これは遠隔でプロシージャ呼び出しを行うためのプロトコルです。詳細については、「gRPC」を参照してください。コードを記述するには、gRPC がサポートする任意の言語を使用できます。Python コードの例を提供します。詳細については、「クライアントアプリケーションコンポーネントでのモデルの使用」を参照してください。

注記

Lookout for Vision のエッジエージェントコンポーネントは、デプロイするモデルコンポーネントに依存しています。モデルコンポーネントをコアデバイスに展開すると、自動的にコアデバイスに展開されます。

クライアントアプリケーションコンポーネントを記述するには、次の手順を実行します。

カスタム GStreamer パイプラインで異常検出を実行する方法を示すクライアントアプリケーションコンポーネントの例については、https://github.com/awslabs/aws-greengrass-labs-lookoutvision-gstreamer を参照してください。