クライアントアプリケーションコンポーネントの記述 - Amazon Lookout for Vision

クライアントアプリケーションコンポーネントの記述

クライアントアプリケーションコンポーネントは、ユーザーが作成するカスタム AWS IoT Greengrass Version 2 コンポーネントです。Amazon Lookout for Vision モデルを AWS IoT Greengrass Version 2 コアデバイスで使用するために必要なビジネスロジックを実装します。

モデルにアクセスするために、クライアントアプリケーションコンポーネントは Lookout for Vision Edge Agent コンポーネントを使用します。Lookout for Vision Edge Agent コンポーネントは、モデルを含む画像を分析したり、コアデバイス上でモデルを管理したりするための API を提供します。

Lookout for Vision Edge Agent API は gRPC を使用して実装されます。gRPC は遠隔手続き呼び出しを行うためのプロトコルです。詳細については、「gRPC」を参照してください。コードを記述するには、gRPC がサポートする任意の言語を使用できます。Python コードの例を提供します。詳細については「クライアントアプリケーションコンポーネントでのモデルの使用」を参照してください。

注記

Lookout for Vision Edge Agent コンポーネントは、デプロイするモデルコンポーネントの依存関係です。モデルコンポーネントをコアデバイスにデプロイすると、コアデバイスに自動的にデプロイされます。

クライアントアプリケーションコンポーネントを記述するには、次を行います。

  1. gRPC を使用するように環境をセットアップし、サードパーティのライブラリをインストールします。

  2. モデルを使用するコードを記述します。

  3. コアデバイスにコードをカスタムコンポーネントとしてデプロイします。

カスタム GStreamer パイプラインで異常検出を実行する方法を示すクライアントアプリケーションコンポーネントの例については、https://github.com/awslabs/aws-greengrass-labs-lookoutvision-gstreamer を参照してください。