デバイスへのコンポーネントのデプロイ - Amazon Lookout for Vision

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

デバイスへのコンポーネントのデプロイ

AWS IoT Greengrass Version 2モデルコンポーネントとクライアントアプリケーションコンポーネントをコアデバイスにデプロイするには、AWS IoT Greengrass V2コンソールまたは CreateDeploymentAPI を使用します。詳細については、「デプロイメントの作成」または『AWS IoT Greengrass Version 2開発者ガイド』を参照してください。コアデバイスにデプロイされたコンポーネントの更新については、「デプロイの改訂」を参照してください。

コンポーネントをデプロイするための IAM 権限

を使用してコンポーネントをデプロイするにはAWS IoT Greengrass V2、次のアクセス許可が必要です。

  • greengrass:ListComponents

  • greengrass:ListComponentVersions

  • greengrass:ListCoreDevices

  • greengrass:CreateDeployment

  • greengrass:GetDeployment

  • greengrass:ListDeployments

CreateDeployment依存アクションもあります。GetDeployment詳細については、「AWS IoT Greengrass V2 で定義されるアクション」を参照してください。

IAM アクセス許可の変更に関する詳細については、「IAM ユーザーのアクセス許可の変更」を参照してください。

コンポーネントのデプロイ (コンソール)

次の手順を使用して、クライアントアプリケーションコンポーネントをコアデバイスにデプロイします。クライアントアプリケーションはモデルコンポーネントによって異なります (モデルコンポーネントは Lookout for Vision Edge エージェントにも依存します)。クライアントアプリケーションコンポーネントをデプロイすると、モデルコンポーネントと Lookout for Vision Edge Agent のデプロイも開始されます。

注記

コンポーネントを既存のデプロイメントに追加できます。コンポーネントをモノグループにデプロイすることもできます。

この手順を実行するには、AWS IoT Greengrass V2コアデバイスが構成されている必要があります。詳細については、「AWS IoT Greengrass Version 2コアデバイスのセットアップ」を参照してください。

コンポーネントをデバイスにデプロイするには
  1. https://console.aws.amazon.com/iot/AWS IoT Greengrass でコンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインの「Greengrass」で、「デプロイメント」を選択します。

  3. [デプロイメント] で [作成] を選択します。

  4. [Specify device state] (ターゲットを指定) ページで、次を実行します。

    1. [Deployment information] (デプロイ情報) で、デプロイの名前を入力または変更して、わかりやすくします。

    2. [デプロイターゲット] で、[コアデバイス] を選択し、ターゲット名を入力します。

    3. [Next] (次へ) を選択します。

  5. [Select components] (コンポーネントの選択) ページで、次の手順を実行します:

    1. [マイコンポーネント] で、クライアントアプリケーションコンポーネントの名前 (com.lookoutvison.EdgeAgentPythonExample) を選択します。

    2. [次へ] を選択

  6. コンポーネントの構成」ページで、現在の構成を維持し、「次へ」を選択します。

  7. [詳細設定の構成] ページで、現在の設定を保存し、[次へ] を選択します。

  8. レビューページで [Deploy] を選択し、コンポーネントのデプロイを開始します。

デプロイメント・ステータスの確認 (コンソール)

AWS IoT Greengrass V2コンソールからデプロイのステータスを確認できます。クライアントアプリケーションコンポーネントがからのサンプルレシピとコードを使用している場合はクライアントアプリケーションコンポーネントの作成デプロイ完了後にクライアントアプリケーションコンポーネントのログを表示します。成功すると、ログにはコンポーネントにデプロイされている Lookout for Vision モデルのリストが含まれます。

AWSSDK を使用してデプロイステータスを確認する方法については、「デプロイステータスの確認」を参照してください。

デプロイのステータスを確認するには
  1. https://console.aws.amazon.com/iot/AWS IoT Greengrass でコンソールを開きます

  2. 左側ナビゲーションペインで、[Core devices] を選択します。

  3. Greengrass コアデバイス」でコアデバイスを選択します。

  4. デプロイメント」タブを選択すると、現在のデプロイ状況が表示されます。

  5. デプロイが成功したら (ステータスが Completed)、コアデバイスでターミナルウィンドウを開き、でクライアントアプリケーションコンポーネントのログを表示します/greengrass/v2/logs/com.lookoutvison.EdgeAgentPythonExample.log。デプロイでサンプルレシピとコードを使用している場合、ログにはからの出力が含まれますlookoutvision_edge_agent_example.py。例:

    Model Details model_component:"ModelComponent"

コンポーネント (SDK) のデプロイ

次の手順を使用して、クライアントアプリケーションコンポーネント、モデルコンポーネント、および Amazon Lookout for Vision Edge エージェントをコアデバイスにデプロイします。

  1. deployment.jsonコンポーネントのデプロイ設定を定義するファイルを作成します。このファイルは、次の例のようになります。

    { "targetArn":"targetArn", "components": { "com.lookoutvison.EdgeAgentPythonExample": { "componentVersion": "1.0.0", "configurationUpdate": { } } } }
    • [targetArn] フィールドで targetArn をデプロイのターゲット (モノまたはモノのグループ) の Amazon リソースネーム (ARN) に置き換えます。形式は以下のとおりです。

      • モノ: arn:aws:iot:region:account-id:thing/thingName

      • モノのグループ: arn:aws:iot:region:account-id:thinggroup/thingGroupName

  2. デプロイターゲットに、修正が必要な既存のデプロイがあるかどうかを確認します。次のコマンドを実行します

    1. 次のコマンドを実行して、デプロイターゲットのデプロイを一覧表示します。ターゲットAWS IoT モノまたはモノグループの Amazon リソースネーム (ARN)targetArn に置き換えます。現在の AWS リージョンのモノの ARN を取得するには、コマンドを使用しますaws iot list-things

      aws greengrassv2 list-deployments --target-arn targetArn

      レスポンスには、ターゲットの最新デプロイのリストが含まれています。レスポンスが空の場合は、ターゲットに既存のデプロイがありません。ステップ 3 にスキップできます。そうでない場合は、次のステップで使用するため、レスポンスから deploymentId をコピーします。

    2. 次のコマンドを実行して、デプロイの詳細を取得します。これらの詳細には、メタデータ、コンポーネント、ジョブ設定が含まれます。を、以前のステップの IDdeploymentId に置き換えます。

      aws greengrassv2 get-deployment --deployment-id deploymentId
    3. 前のコマンドのレスポンスにある次のキーと値のペアを deployment.json にコピーします。これらの値を、新しいデプロイに変更することができます。

      • deploymentName— デプロイメントの名前。

      • components— デプロイのコンポーネント。コンポーネントをアンインストールする場合は、このオブジェクトから削除してください。

      • deploymentPolicies— デプロイメントのポリシー。

      • tags— デプロイのタグ。

  3. 次のコマンドを実行して、デバイスにコンポーネントをデプロイします。応答内の「」deploymentId の値をメモしておきます。

    aws greengrassv2 create-deployment \ --cli-input-json file://path/to/deployment.json
  4. 次のコマンドを実行して、デプロイのステータスを取得します。deployment-id前のステップで書き留めた値に変更します。の値がの場合、deploymentStatusCOMPLETEDデプロイは正常に完了しました。

    aws greengrassv2 get-deployment --deployment-id deployment-id
  5. デプロイが成功したら、コアデバイスでターミナルウィンドウを開き、でクライアントアプリケーションコンポーネントのログを表示します/greengrass/v2/logs/com.lookoutvison.EdgeAgentPythonExample.log。デプロイでサンプルレシピとコードを使用している場合、ログにはからの出力が含まれますlookoutvision_edge_agent_example.py。例:

    Model Details model_component:"ModelComponent"