パッケージング設定 - Amazon Lookout for Vision

パッケージング設定

次の情報を使用して、モデルパッケージングジョブのパッケージ設定を決定します。

モデルパッケージングジョブを作成するには、「モデルのパッケージング (コンソール)」または「モデルのパッケージング (SDK)」を参照してください。

対象ハードウェア

モデルに適した対象デバイスまたは対象プラットフォームを選択できますが、両方は選択できません。詳細については「テスト済みのデバイス、チップアーキテクチャー、およびオペレーティングシステム」を参照してください。

対象デバイス

モデルの対象デバイス (NVIDIA® Jetson AGX Xavier など)。コンパイラオプションを指定する必要はありません。

対象プラットフォーム

Amazon Lookout for Vision は次のプラットフォーム構成をサポートします:

  • X86_64 (x86 命令セットの 64 ビットバージョン) と Aarch64 (ARMv8 64 ビット CPU) アーキテクチャ。

  • Linux オペレーティングシステム。

  • NVIDIA または CPU アクセラレータを使用した推論。

対象プラットフォームに適したコンパイラオプションを指定する必要があります。

コンパイラオプション

コンパイラオプションでは、AWS IoT Greengrass Version 2 コアデバイスの対象プラットフォームを指定できます。現在、以下のコマンドオプションを指定できます。

NVIDIA アクセラレーター
  • gpu-code — モデルコンポーネントを実行するコアデバイスの GPU コードを指定します。

  • trt-ver — x.y.z. 形式の TensorRT バージョンを指定します。

  • cuda-ver — CUDA バージョンを x.y 形式で指定します。

CPU アクセラレーター
  • (オプション) mcpu — 命令セットを指定します。例えば、「core-avx2」と入力します。値を指定しない場合、Lookout for Vision は値 core-avx2 を使用します。

オプションは JSON 形式で指定します。例:

{"gpu-code": "sm_75", "trt-ver": "7.1.3", "cuda-ver": "10.2"}

その他の例については、「テスト済みのデバイス、チップアーキテクチャー、およびオペレーティングシステム」を参照してください。

コンポーネント設定

モデルパッケージングジョブは、モデルを含むモデルコンポーネントを作成します。このジョブでは、モデルコンポーネントをコアデバイスにデプロイするために AWS IoT Greengrass V2 が使用するアーティファクトを作成します。

既存のコンポーネントと同じコンポーネント名とコンポーネントバージョンでモデルコンポーネントを作成することはできません。

コンポーネント名

Lookout for Vision がモデルパッケージング中に作成するモデルコンポーネントの名前。指定したコンポーネント名が AWS IoT Greengrass V2 コンソールに表示されます。このコンポーネント名は、クライアントアプリケーションコンポーネント用に作成するレシピで使用します。詳細については「クライアントアプリケーションコンポーネントの作成」を参照してください。

コンポーネントの説明

(オプション) モデルコンポーネントの説明。

コンポーネントのバージョン

モデルコンポーネントのバージョン番号。デフォルトのバージョン番号を使用するか、独自のバージョン番号を選択します。バージョン番号はセマンティックバージョン番号システム(major.minor.patch)に従う必要があります。例えば、バージョン 1.0.0 は、コンポーネントの最初のメジャーリリースを表しています。詳細については、「セマンティックバージョニング 2.0.0」を参照してください。値を指定しない場合、Lookout for Vision はモデルのバージョン番号を使用してバージョンを生成します。

コンポーネントの場所

モデルパッケージングジョブでモデルコンポーネントのアーティファクトを保存する Amazon S3 の場所。Amazon S3 バケットは、使用する同じ AWS リージョンと AWS アカウントに存在する必要がありますAWS IoT Greengrass Version 2。S3 バケットを作成するには、「バケットの作成」を参照してください。

タグ

タグを使用して、コンポーネントを識別、整理、検索、フィルタリングできます。各タグは、ユーザー定義のキーと値で構成されるラベルです。タグは、モデルパッケージングジョブが Greengrass でモデルコンポーネントを作成するときにモデルコンポーネントにアタッチされます。コンポーネントは AWS IoT Greengrass V2 リソースです。タグは、モデルなどの Lookout for Vision リソースにはアタッチされません。詳細については、 「AWS リソースのタギング」を参照してください。