AMI ベースの製品を理解する - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AMI ベースの製品を理解する

このセクションでは、AMI ベースの製品を使用する際の重要な概念について概説します。

製品ライフサイクル

AMI ベースの製品には、の 1 つ以上のバージョンのセットが含まれますソフトウェア、および製品全体に関するメタデータ。製品を作成するときは、そのプロパティをAWS Marketplace商品名、説明、価格などが含まれます。また、商品に適したカテゴリーを決定し、キーワードを追加して、商品が関連する検索に表示されるようにします。

また、ソフトウェアの最初のバージョンも作成します。ソフトウェアの提供方法に応じて、これは単一の AMI、つまり 1 つ以上の AMI のセットAWS CloudFormationテンプレート、または購入者が独自の AMI を作成する際に使用するソフトウェアパッケージです。詳細については、「AMI ベースの製品配信方法」を参照してください。

有料製品の場合、購入者はインストールされたインスタンスの数に対して請求されます。ソフトウェアが追跡する別のディメンション(製品のユーザー数など)を計測するには、製品をAWS Marketplace測定サービス。詳細については、「AMI 製品のカスタム計測機能AWS Marketplace Metering Service」を参照してください。

製品とソフトウェアの最初のバージョンを作成すると、アカウントだけがアクセスできるように、最初は限定された範囲で公開されます。準備ができたら、AWS Marketplaceカタログを使用して、購入者が商品を購読して購入できるようにします。

AMI ベースの製品のライフサイクルAWS Marketplaceは、最初のバージョンを公開しても終了しません。新しいバージョンのソフトウェアと、基本オペレーティングシステム用のセキュリティパッチを適用して、製品を最新の状態に保つ必要があります。

完全なAMIベースの製品ライフサイクルの例として、出品者がAMIベースの製品をAWS Marketplace。以下は、出品者が長期にわたって製品を作成し、維持する方法です。

  1. 製品を作成する— 販売者が製品を作成し、バージョン 1.0.0 をAWS Marketplace。購入者は、バージョン 1.0.0 のインスタンスを作成して使用できます。

  2. 新しいバージョンの追加—その後、販売者は製品に新しい機能を追加し、その機能を含む新しいバージョン1.1.0を追加します。購入者は、元のバージョン 1.0.0 を使用するか、新しいバージョン 1.1.0 を選択できます。

    注記

    新製品とは異なり、新しいバージョンは完全に公開されます。テストはでのみ行うことができますAWS Marketplace製品全体が限定リリースである場合、顧客には表示されません。

  3. 製品情報の更新—バージョン1.1.0が利用可能になったため、売り手は機能を説明する新しい強調テキストで製品情報を更新することにより、購入者に新機能について知らせます。

  4. マイナーバージョンの追加— 出品者がバージョン1.1.0のバグを修正すると、新しいバージョン1.1.1を追加してリリースします。購入者は、バージョン 1.0.0、1.1.0、または 1.1.1 のいずれかを選択できます。

  5. バージョンを制限する—売り手は、購入者がバージョン1.1.0を使用できないようにバグが深刻であると判断し、そのバージョンを制限します。新しい顧客は1.1.0を購入することはできません(1.0.0または1.1.1しか選択できません)。ただし、既存の購入者は引き続き1.1.0にアクセスできます。

  6. バージョン情報の更新— 既存の購入者を支援するために、出品者は1.1.0のバージョン情報を更新し、バージョン1.1.1へのアップグレードを提案します。

  7. 使用状況のモニタリング— 購入者が製品を購入して使用すると、販売者は売上、使用状況、およびその他の指標をAWS Marketplace 販売者レポートとデータフィード

  8. 製品を削除する— 商品が不要になった場合、出品者は商品をAWS Marketplace。

この例では、出品者は製品に AMI の 3 つの異なるバージョンを作成しましたが、(製品を削除する前は) 新規購入者が 2 つしか利用できませんでした。

バージョンまたは製品情報を変更するには、変更リクエストのAWS Marketplace 管理ポータル。

AMI ベースの製品を作成および管理する手順の詳細については、「」を参照してください。シングル AMI 製品

AMI 製品コード

で製品を作成すると、一意の製品コードが割り当てられますAWS Marketplace。その製品コードは製品の AMI に関連付けられ、製品の使用状況を追跡するために使用されます。製品コードは、購入者がソフトウェアを使用している間に自動的に伝播します。たとえば、お客様は AMI にサブスクライブして起動し、それを構成したり、新しい AMI を生成します。新しい AMI には元の製品コードが含まれているため、正しい使用状況の追跡権限はそのまま残ります。

注記

の製品コード商品とは違うIDあなたの製品のために。AWS Marketplace の各製品には一意の製品 ID が割り当てられます。製品IDは、製品の識別に使用されますAWS Marketplaceのカタログ、顧客の請求、販売者レポートに表示されます。製品コードは、AMI から作成されたインスタンスにインスタンスメタデータとして添付されます。その製品コードの AMI を使用してインスタンスを作成すると、顧客は関連する製品 ID を示す請求書を受け取ります。製品を作成したら、製品コードと製品IDをAWS Marketplace 管理ポータル製品のページを参照してください。

販売者は、実行中の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスの製品コードをインスタンスメタデータからランタイムで取得できます。製品コードは、製品開始時に製品コードを検証するなどして特別なセキュリティに使用できます。AMI の製品コードへの API 呼び出しは、製品がテストのために限定された状態で発行されるまでできません。の詳細製品コードの検証「」を参照してくださいソフトウェアがAWS MarketplaceAMI

変更リクエスト

の製品またはバージョンを変更するにはAWS Marketplace「」を送信した場合は、変更リクエストを介してAWS Marketplace 管理ポータル。変更リクエストはキューに追加され、リクエストのタイプによっては解決に数分から数日かかる場合があります。リクエストのステータスは、AWS Marketplace 管理ポータル。

AMI ベースの製品に対してリクエストできる変更の種類は次のとおりです。

  • 購入者に表示される商品情報を更新します。

  • バージョン情報の更新購入者に表示されます。

  • 製品の新しいバージョンを追加します。

  • 新しい購入者がそのバージョンにアクセスできないように、バージョンを制限します。

  • の更新AWS商品が販売されている地域。

  • 製品の価格とインスタンスタイプを更新します。

  • から製品を削除するAWS Marketplace。

詳細については、「変更リクエストを作成する」を参照してください。

注記

一部の変更リクエストでは、製品ロードフォームを使用してリクエストを作成する必要があります。次の「」セクションを参照してください。

製品ロードフォーム

通常、w製品を作成または編集するときは、AWS Marketplace 管理ポータルユーザーインターフェイスを使用して、必要な変更を行います。しかしながらでは、いくつかの操作で製品ロードフォーム(PLF)。

PLF は、製品に関するすべての情報を含むスプレッドシートです。PLF を取得する方法は複数あります。

  • 既存の製品の PLF は、製品の詳細ページからAWS Marketplace 管理ポータル。

  • PLF を必要とするアクションのメニュー項目を選択すると、PLF をダウンロードするように求められます。たとえば、新しい月請求サーバー製品を作成する場合は、適切な PLF をダウンロードするように求められます。

    アクションが既存の製品の編集である場合、PLF にはその製品の情報が事前に入力されているため、更新する詳細を変更するだけで済みます。

  • 新しい空の PLF が必要な場合、作成するプロダクトのタイプに基づいて PLF へのリンクがAWS Marketplace 管理ポータル ファイルのアップロードページで.

PLF が完了したら、AWS Marketplace 管理ポータル ファイルのアップロードページで. PLF 自体には、より詳細な手順がInstructionsタブ。