シングル AMI 製品 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

シングル AMI 製品

このセクションでは、で製品を操作する方法について説明します。AWS Marketplace単一の Amazon マシンインスタンス (AMI) で構成されています。お客様は AMI を使用して、製品がインストールおよび設定済みの Amazon EC2 インスタンスを作成できます。

前提条件

開始するには、以下の前提条件を満たす必要があります。

  1. AWS Marketplace 管理ポータル にアクセスできます。これは、に販売者として登録して販売する製品を管理するために使用するツールですAWS Marketplace。へのアクセスに関する詳細については、AWS Marketplace 管理ポータル「」を参照してください。AWS Marketplace 販売者のポリシーとアクセス許可

  2. 販売者として登録し、製品の料金を請求する場合は、税金および銀行の情報を提出する。Seller になるの詳細については、「」を参照してください。販売者としての開始方法

  3. 販売したい商品がある。AMI ベースの製品の場合、これは通常、サーバーソフトウェアを作成または変更し、顧客が使用する AMI を作成したことを意味します。で使用する AMI の準備についての詳細AWS Marketplace「」を参照してください。AMI 構築のベストプラクティス

製品の作成

を使用して AMI ベースの製品を作成するAWS Marketplace 管理ポータル。

単一 AMI 製品を作成するには

  1. http://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/ で AWS Marketplace 管理ポータル を開き、販売者アカウントにサインインします。

  2. からへ製品メニューで、選択サーバー。または、直接サーバー製品ページで.

  3. からへ現在のサーバー製品タブで、サーバー製品の作成次に、単一 AMI 製品のライセンスタイプの 1 つを選択します。

    • 自分のライセンス使用 (BYOL)— ユーザーが外部からライセンスを取得する製品AWS Marketplace。有料ライセンスでも無料ライセンスでもかまいません。

    • 無料— 購読者が無料で使用できる製品。(これらのお客様は、関連付けられた Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスまたはその他のインスタンスに対して引き続き料金を支払います)AWSリソース。)

    • 時間単位または 1 時間あたりの年間ごとに支払われる— 購入者が時間単位または年間契約で時間単位で支払う商品。AWSAMI の製品コードに基づいてメータリングを行います。

    • 月単位の支払い— 購入者が毎月請求される商品AWS。

    注記

    AMI ベースの製品には、もう 1 つのタイプのライセンスがあります。使用量に応じた通知。このライセンスタイプは、製品が AWS Marketplace Metering Service と統合され、顧客の使用状況に基づいてカスタムメータリングを提供する場合に適用されます。使用量ベースの価格設定を持つ製品を作成するには、製品ロードフォーム (PLF) をダウンロードして入力し、アップロードする必要があります。

    PLF の詳細については、「」を参照してください。製品ロードフォーム

    各種ライセンスの詳細については、「」を参照してください。AMI 料金モデル

  4. 選択に基づいて、新製品の情報を入力し、[] を選択しますFrom

    注記

    [] を選択した場合月単位の支払いを選択すると、製品ロードフォーム (PLF) をダウンロードするように求められます。

  5. リクエストがリクエストタブの表示From: のレビューStatus。このページに戻って、処理されたリクエストのステータスを確認できます。

    注記

    製品の検証と公開は手動のプロセスであり、AWS MarketplaceSeller Operations チーム エラーがない場合、製品の最初のバージョンを発行するまで 3~5 日ほどかかることがあります。タイミングの詳細については、「」を参照してください。タイミングと心構え

商品が最初に公開されたときには、AWS アカウント(製品の作成に使用したもの)。から製品を見るとサーバー製品ページでは、の表示AWS Marketplaceをクリックして、に表示される製品の詳細を表示しますAWS Marketplaceバイヤーのために。この詳細リストは他のユーザーには表示されませんAWS Marketplaceユーザー。

この機能により、製品を公開する前に製品をテストできます (テスト用に複数のバージョンを公開することもできます)。製品を追加のテストアカウントで利用できるようにする必要がある場合、または製品を公開する必要がある場合は、AWS Marketplace 販売者オペレーションチーム

製品情報の準備と発行用の提出に関する詳細については、以下のリソースを参照してください。

に提出する AMI の準備に関する詳細については、AWS Marketplace、以下の資料を参照してください。

変更リクエストを作成する

バージョンまたは製品情報を変更するには、変更リクエストのAWS Marketplace 管理ポータル。

注記

を使用して変更リクエストを作成することもできます。AWS MarketplaceCatalog API

変更リクエストを作成するには

  1. を開くAWS Marketplace 管理ポータルでhttp://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/を選択し、販売者アカウントにサインインしてに移動しますサーバー製品ページで.

  2. リポジトリの []現在のサーバー製品タブで、変更する製品を選択します。

  3. からオプションを選択します変更リクエストドロップダウン。

ほとんどの変更リクエストは、UI フォームに入力して送信するだけです。ただし、特定の変更については、製品ロードフォーム (PLF) をダウンロードして入力し、アップロードする必要があります。これは、必要な情報を入力するためのフォームを含むスプレッドシートです。これらの変更リクエストの 1 つを選択すると、作成しようとしているリクエストの正しい PLF をダウンロードするように求められます。PLF には、既存の製品詳細の情報が事前に入力されています。完成した PLF をAWS Marketplace 管理ポータル ファイルのアップロードページで.

注記

最新の PLF をダウンロードして使用することを強くお勧めします。フォームは、インスタンスタイプやリージョンなどの新しい情報が利用可能になり次第、定期的に更新されます。製品の最新の PLF は、サーバー製品ページで、製品を選択し、製品積載フォームのダウンロード

変更リクエストのステータスの詳細については、「」を参照してください。リクエストのステータスを取得する。変更リクエストの潜在的な問題についての洞察については、変更リクエスト送信時の一般的なエラー

特定の変更リクエストの詳細については、以下のリソースを参照してください。

リクエストのステータスを取得する

変更リクエストを送信した後、[] からリクエストのステータスを確認できます。リクエストタブの表示サーバー製品ページで、の表示AWS Marketplace 管理ポータル。ステータスは、次のいずれかになります。

  • アカウントのレビューリクエストがレビューされていることを示します。一部のリクエストでは、AWS Marketplaceチームですが、ほとんどはシステムで自動的にレビューされます。

  • 成功は、リクエストが完了したことを意味します。製品またはバージョンが要求どおりに更新されました。

  • アクション必須アクションは、問題を修正したり、リクエストに関する質問に回答したりするために、リクエストを更新する必要があることを意味します。リクエストを選択して、問題を含む詳細を表示します。

  • Failedは、リクエストに何か問題があったことを意味し、同じデータを使用して変更の新しいリクエストを作成する必要があります。

製品情報の更新

製品を作成したら、その製品に関連する情報の一部をAWS Marketplace。たとえば、新しいバージョンで製品の説明やハイライトが変更された場合、新しいデータで製品情報を編集できます。

製品情報を更新するには

  1. http://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/ で AWS Marketplace 管理ポータル を開き、販売者アカウントにサインインします。

  2. に移動しますサーバー製品ページ、および現在のサーバー製品タブで、変更する製品を選択します。

  3. からへ変更リクエストドロップダウンで、選択製品情報の更新

  4. 以下のフィールドのいずれかを変更する必要があるフィールドのいずれかを更新します。

    • 製品タイトル

    • SKU

    • 短い説明

    • 詳しい説明

    • 製品ロゴの画像 URL

    • ハイライト

    • 製品カテゴリ

    • [Keywords] (キーワード)

    • 製品ビデオ URL

    • リソース

    • Support 情報

    注記

    ロゴ形式の詳細については、「」を参照してください。会社と製品のロゴ要件

  5. [Submit] (送信) を選択します。

  6. リクエストがリクエストタブの表示アカウントのレビューStatus。リストのリクエストの表示には、ページを更新する必要がある場合があります。

リクエストのステータスは、[] からいつでも確認できます。リクエストタブの表示サーバー製品ページで. 詳細については、「リクエストのステータスを取得する」を参照してください。

バージョン情報の更新

バージョンを作成した後は、バージョンに関連する情報を変更して、購入者に更新情報を提供すると便利です。たとえば、バージョン1.1のリリース後にバージョン1.0を制限する予定の場合、バージョン1.0の説明を更新して、購入者をバージョン1.1に誘導し、バージョンが制限される日付を指定できます。バージョン情報は、AWS Marketplace 管理ポータル。

バージョン情報を更新するには

  1. http://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/ で AWS Marketplace 管理ポータル を開き、販売者アカウントにサインインします。

  2. に移動しますサーバー製品ページ、および現在のサーバー製品タブで、変更する製品を選択します。

  3. からへ変更リクエストドロップダウンで、選択バージョン情報の更新

  4. リポジトリの []バージョンの更新ページで、更新するバージョンを選択します。

  5. 以下の情報のうち、変更する必要があるものを更新します。

    • リリースノート

    • 使用手順

    • 64-bit (AMI) Amazon マシンイメージ (AMI)— 使用状況とセキュリティグループの詳細

  6. [Submit] (送信) を選択します。

  7. リクエストがリクエストタブのレビュー中Status。

注記

この手順を使用してバージョンタイトル、またはバージョンに関連付けられている AMI を更新することはできません。この場合は、新しいバージョンを作成するそして前のものを制限する

リクエストのステータスは、[] からいつでも確認できます。リクエストタブの表示サーバー製品ページで. 詳細については、「リクエストのステータスを取得する」を参照してください。

新しいバージョンの追加

製品、基本イメージに変更を加えるとき、または製品の AMI を変更する必要があるときに、製品の新しいバージョンを追加できます。製品の新しいバージョンをAWS Marketplace 管理ポータル。

注記

の AMI の作成の詳細についてはAWS Marketplace「」を参照してください。AMI 構築のベストプラクティス

新しいバージョンを追加するには

  1. http://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/ で AWS Marketplace 管理ポータル を開き、販売者アカウントにサインインします。

  2. に移動しますサーバー製品ページ、および現在のサーバー製品タブで、変更する製品を選択します。

  3. からへ変更リクエストドロップダウンで、選択新しいバージョンの追加。-新しいバージョンの追加フォームが表示され、最新バージョンの情報が事前に入力されます。

  4. [Version information]セクションで、次の情報を入力します。

    • バージョンタイトル— 有効な文字列を入力します (例:1.1またはバージョン 2.0). 製品全体で一意である必要があります。

    • リリースノート— このバージョンに関する詳細を説明するテキストを入力します。

  5. 新しい Amazon マシンイメージ (AMI)セクションで、次の情報を入力します。

    • Amazon マシンイメージ ID— このバージョンで使用する AMI の AMI ID を入力します。AMI ID は、コンソールの AMI のリスト。AMI は、米国東部 (バージニア北部) リージョンにあり、AWS Marketplace販売者アカウント。

    • IAM アクセスロール ARN— の Amazon リソースネーム (ARN) を入力します。AWS Identity and Access Management許可する (IAM) ロールAWS Marketplaceをクリックして AMI にアクセスします。IAM ロールの作成方法については、「」を参照してください。与えることAWS MarketplaceAMI へのアクセス。IAM ARN には標準形式を使用します。次に例を示します。arn: role/RoleName。ARN は、に存在する必要があります。AWS Marketplace販売者アカウント。

    • OS ユーザー名— Linux ベースの AMI の場合、インスタンスへのサインインに使用できるユーザーの名前を入力します。を使用することをお勧めしますec2-user

    • スキャンポート— オペレーティングシステムへのログインに使用できるポート番号を入力します。Linux AMI の場合は SSH ポート、Windows AMI の場合は RDP ポートです。

  6. まだ表示されていない場合は、AMI をAWS Marketplaceカスタマー Web サイトセクションを選択し、次の情報を入力します。

    • 使用手順— AMI の使用方法、または AMI の使用に関する詳細情報へのリンクを入力します。例: 製品の使用を開始するには、https://example.com/usage.htm に移動します。

    • エンドポイント URL— 購入者がインスタンスを作成した後にソフトウェアにアクセスする方法に関する情報を提供します。と入力します。プロトコル(httpsまたはhttp)、相対値 URL(たとえば、)/index.html)、およびポート(たとえば、)443)を使用して、の購入者が製品にアクセスするために使用できます。(ホスト名は EC2 インスタンスによって異なるため、相対パスのみを指定する必要があります)。

    • オペレーティングシステム (OS)— AMI が使用する OS の名前を入力します (たとえば、Amazon Linux).

    • OS バージョン— AMI の OS の特定のバージョンを入力します。

    • 推奨インスタンスタイプ— 購入者がデフォルトで取得するインスタンスタイプを選択します。

    • セキュリティグループの推奨事項— プロトコルを含む 1 つまたは複数の推奨事項の情報を入力します (TCPまたはUDP)、許可するポートの範囲、および IPv4 CIDR IP のリスト (xxx.xxx.xxx.xxx/nn(たとえば、)192.0.2.0/24).

  7. SelectFromをクリックして、新しいバージョンを追加するリクエストを送信します。

  8. リクエストがリクエストタブのレビュー中Status。修正するエラーがある場合、ページ上部の表にエラーが表示され、更新が必要な特定のフィールドが赤で表示されます。

リクエストのステータスは、[] からいつでも確認できます。リクエストタブの表示サーバー製品ページで. 新しいバージョンはレビューされ、成功した場合、製品の新しいパブリックバージョンとして公開されます。問題がある場合、ステータスが表示されることがありますアクション必須アクション。リクエストを選択して、問題を含む詳細を表示します。

リクエストが成功すると、既存のユーザーには、新しいバージョンが利用可能になったことを通知するメールが届き、バージョンのリリースノートにリンクし、最新バージョンへのアップグレードを提案します。また、ルートにメールのコピーが届きますAWS アカウントE メールメールメール

与えることAWS MarketplaceAMI へのアクセス

新しい AMI をに追加するリクエストを作成するときAWS Marketplaceでは、AMI はAWS Marketplaceシステムをスキャンし、セキュリティの問題がないかスキャンしました。あなたは与えなければならないAWS MarketplaceAMI にアクセスするには、AWS Identity and Access ManagementAMI でアクションを実行するアクセス権限を持つ (IAM) ロールと、AWS Marketplaceというロールを引き受けることができます。IAM ロールの作成は一度だけ必要です。

向けのロールを作成するにはAWS MarketplaceAMI アセットの取り込み

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを選択し、IAM コンソールを開いてロールの役割ページ

  2. Selectロールの作成

  3. リポジトリの []ロールの作成ページで、以下の選択を行います。

    • 信頼されたエンティティのタイプを選択—選択AWS サービス

    • ユースケースを選択してください—選択AWS Marketplace

    • ユースケースを選択してください—選択Marketplace — AMI アセットの取り込み

    • 次のページに移動するには、次へ: アクセス許可.

  4. を選択しますAWSMarketplaceAmiIngestion方針。必要に応じて権限の境界を追加し、次へ: タグ[] を選択して続行します

    注記

    権限の境界を使用して、付与するアクセスを制限できます。AWS Marketplaceこの役割で。詳細については、次を参照してください。IAM エンティティのアクセス許可境界AWS Identity and Access Managementユーザーガイド

  5. 続行するには、次へ: 確認.

  6. ロールの名前を入力し、ロールの作成

  7. 「The role」が表示されます。RoleNameページの上部にある「が作成されました」と表示され、ロールがロールのリストに表示されます。

このページで、先ほど作成したロールを選択すると、フォームの ARN が表示されます。arn: role/Exam: role/role/role/ExampleRole。ARN をIAM アクセスロール ARN変更リクエストを作成するとき、たとえば、いつ新しいバージョンの追加販売者の製品の場合。

バージョンの制限

購入者が公開製品の特定のバージョンにアクセスできないようにするには、そのバージョンを制限できます。

注記

以前に製品を購読していた購入者は、そのバージョンを引き続き使用できます。AWS Marketplaceガイドラインでは、バージョンを制限してから90日間は既存の購入者にサポートを提供し続けることが義務付けられています。

バージョンを制限するには

  1. http://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/ で AWS Marketplace 管理ポータル を開き、販売者アカウントにサインインします。

  2. に移動しますサーバー製品ページ、および現在のサーバー製品タブで、変更する製品を選択します。

  3. からへ変更リクエストドロップダウンで、選択バージョンの制限

  4. リポジトリの []バージョンの制限ページで、制限する 1 つまたは複数のバージョンを選択します。

  5. SelectFrom] を選択して、レビューリクエストを送信します。

  6. になっていることを確認します。リクエストタブには、のリクエストステータスなのでアカウントのレビュー。リクエストが完了すると、ステータスが成功

注記

製品のすべてのバージョンを制限することはできません。製品の最後に残っているパブリックバージョンを制限しようとすると、エラーが表示されます。製品を完全に削除するには、を参照してください。から製品を削除するAWS Marketplace

リクエストのステータスは、[] からいつでも確認できます。リクエストタブの表示サーバー製品ページで. 詳細については、「リクエストのステータスを取得する」を参照してください。

注記

バージョンの制限には、最大で 3 日かかります。

リクエストが成功すると、既存のユーザーには、バージョン制限を通知し、利用可能な最新バージョンを使用することを提案するメールが届きます。また、ルートにメールのコピーが届きますAWS アカウントE メールメールメール

から製品を削除するAWS Marketplace

製品が発行されると、(」とも呼ばれる) を削除できます日没) からへAWS Marketplace。製品を削除するには、製品を特定して削除する理由と連絡先の E メールアドレスと一緒に削除リクエストを送信します。また、現在の製品を新しい製品と交換する場合は、代替製品 ID を提供することもできます。製品の削除をリクエストした後、新しいお客様は製品をサブスクライブできなくなります。既存のお客様は、最低 90 日間サポートする必要があります。AWS Marketplace からの製品の削除リクエストは、以下の条件で処理されます。

  • AWS Marketplace の検索、参照およびその他検出ツールから製品が削除されます。サブスクライブボタンまたは機能は無効になっており、ページ上のメッセージは製品が使用できなくなったことを明確に示しています。製品の詳細ページは引き続き URL を使用してアクセスでき、公開されている検索エンジンでインデックスに登録されている可能性があります。

  • 削除の理由を指定する必要があります (サポートの終了、製品の更新の終了、交換製品など)。削除された製品に対する継続的なサポートの要件については、「」を参照してください。AWS Marketplace 販売者の利用規約

  • AWS Marketplaceは、製品の削除、削除の理由、販売者の連絡先情報を通知されます。

  • 現在の購入者がサブスクリプションをキャンセルするまでソフトウェアへのアクセスは維持されます。これらのお客様は、製品の削除による影響を受けません。

AWS Marketplace 管理ポータル を使用して作成された製品を削除するには

  1. http://aws.amazon.com/marketplace/management/tour/ で AWS Marketplace 管理ポータル を開き、販売者アカウントにサインインします。

  2. [製品] タブを選択し、次に [サーバー] を選択します。

  3. 製品ページの現在のサーバー製品で、削除する製品を見つけます。からへアクション列のアクションを選択メニューで、選択製品を非公開にする

  4. リポジトリの []製品を非公開にするページで、From:のリクエスト理由に、製品の削除をリクエストする理由を入力します。

  5. (オプション)交換製品 ID、削除する製品の代わりになる別の製品がある場合。

  6. を使用する場合お問い合わせ情報に E メールアドレスを入力しますAWS不明点などに関する連絡のためが使用できます。

  7. 正確な情報を確認し、[サンセットリクエストの送信] を選択します。

製品の削除リクエストを送信した後、[What’s next (最新情報)] 情報ページが表示されます。AWS Marketplace Seller Operations チームがお客様のリクエストを確認し処理します。[リクエスト] を表示して、送信のステータスを確認します。

製品が削除されると、製品は現行製品のリストAWS Marketplace 管理ポータル。[Current Products (現在の製品)] で利用できる唯一のアクションは製品のスプレッドシートをダウンロードすることです。別のサンセットリクエストの編集または送信はできません。

製品の削除についてご不明な点がございましたら、 AWS Marketplace Seller Operations チームまでお問い合わせください。

変更リクエスト送信時の一般的なエラー

製品の情報を変更すると、エラーが発生することがあります。以下は、一般的なシナリオとその修正方法に関する推奨事項です。

  • AMI のスキャン— AMI をスキャンすると、いくつかの問題が発生する可能性があります。

    • あなたは許可していませんAWS MarketplaceAMI をスキャンする権限。許可AWS Marketplaceアクセスする権限。または、権限を付与したが、権限の境界が厳しすぎます。詳細については、「与えることAWS MarketplaceAMI へのアクセス」を参照してください。

    • スキャンで AMI にセキュリティの問題や一般的な脆弱性と露出 (CVE) が見つかった場合は、イメージ内のオペレーティングシステム用の最新のパッチを使用していることを確認してください。詳細については、「AMI セキュリティポリシー」を参照してください。

    AMI 構築の一般的なガイドラインについては、「」を参照してください。AMI 構築のベストプラクティス

  • AWS Marketplace 管理ポータル畑— 内のいくつかのフィールドAWS Marketplace 管理ポータル非常に具体的な情報が必要です。

    • フィールドが何を要求しているのか分からない場合は、コンソールで詳細を確認してください。ほとんどのフィールドには、フィールドの上にテキストの説明があり、フィールドの下にフォーマット要件があります。

    • 1 つ以上の無効なフィールドを含むフォームを送信しようとすると、問題のリストが表示されます。問題の解決に役立つ推奨アクションが提供されています。

    • ARN の提供を求められた場合、通常はコンソールの他の場所で見つかります。この例としては、付与するために作成した IAM ロールの ARNAWS MarketplaceAMI へのアクセスは、ロールの役割ページIAM コンソールから。ARN はすべて似たような形式です。たとえば、IAM Role ARN の形式はです。arn: role/Exam: role/role/role/ExampleRole

    • ロゴと動画は、コンテンツへの直接のURLとして提供する必要があります。ロゴ形式の詳細については、「」を参照してください。会社と製品のロゴ要件

    製品の送信とバージョン変更のリクエストの詳細については、「」を参照してください。掲載のための製品の送信

  • 製品ロードフォーム (PLF) の問題— PLF には、スプレッドシートに含まれる指示が含まれています。全体的な手順は、[手順] テーブルに記載されています。各フィールドには、入力方法に関する指示があります。フィールドを選択すると、指示が表示されます。

  • のリクエスト進行中— 一部のリクエストはparallel 実行できません。製品について進行中の特定の情報を更新するリクエストは、一度に 1 つだけ行うことができます。まだ審査中のすべてのリクエストは、リクエストタブの表示サーバー製品ページで inAWS Marketplace 管理ポータル。意図していない保留中のリクエストがある場合は、それをキャンセルして、変更を加えた新しいリクエストを送信できます。

    • バージョンの更新 (追加または制限) が進行中の場合、バージョン情報を更新することはできません。

    • から保留中のリクエストがある場合AWS Marketplaceセラーオペレーションチーム、新しい変更を送信することはできません。

  • 原因不明のエラー— 説明なしで提出が失敗した場合は、もう一度試してください。サーバーの負荷が原因で送信が失敗することがあります。

それでも変更リクエストで問題が解決しない場合は、AWS MarketplaceSeller Operations