SaaS 製品ガイドライン - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SaaS 製品ガイドライン

AWS Marketplace は、お客様の安全、安全、信頼できるプラットフォームを推進 AWS Marketplace するために、 のすべての SaaS 製品およびサービスについてこれらのガイドラインを維持しています。

すべての製品および関連するメタデータは、送信時にレビューされ、現在の AWS Marketplace ガイドラインを満たしているか超えているかが確認されます。これらのガイドラインは、進化するセキュリティ要件を満たすために、見直され、調整されます。さらに、 は製品 AWS Marketplace を継続的に見直して、これらのガイドラインの変更を満たしていることを確認します。製品がコンプライアンスに準拠していない場合、製品の更新が必要となる場合があります。場合によっては、問題が解決するまで新規サブスクライバーが製品を一時的に利用できなくなることがあります。

製品設定ガイドライン

すべての SaaS 製品は、次の製品設定ガイドラインに従う必要があります。

  • 少なくとも 1 つの価格ディメンションの料金が $0.00 を超える必要があります。

  • すべての価格ディメンションは、実際のソフトウェアに関連するものでなければならず、ソフトウェアに関係のない他の製品またはサービスを含むことはできません。

  • AWS GovCloud (US) リージョンでのみ提供される SaaS 製品には、製品タイトルのGovCloudどこかに を含める必要があります。

顧客情報の要件

すべての SaaS 製品は、次の顧客情報の要件に従う必要があります。

  • SaaS 製品は、 AWS Marketplaceに記載されているディメンションに基づいて完全に課金される必要があります。

  • クレジットカードや銀行口座情報など、SaaS 製品に対する顧客支払い情報はいかなる時点でも収集できません。

製品使用ガイドライン

すべての SaaS 製品は、次の製品使用ガイドラインに従う必要があります。

  • で製品をサブスクライブした後 AWS Marketplace、お客様は SaaS アプリケーション内にアカウントを作成し、ウェブコンソールにアクセスできるはずです。顧客がすぐにアプリケーションにアクセスできない場合は、アクセスするタイミングに関する具体的な指示を記載したメッセージを提供する必要があります。アカウントが作成された後に、アカウントが作成されたことを確認する通知を明確な次のステップとともに顧客に送信する必要があります。

  • 顧客がすでに SaaS アプリケーションにアカウントを持っている場合、顧客はフルフィルメントランディングページからログインできる必要があります。

  • 顧客は、関連する契約またはサブスクリプション使用の情報など、SaaS アプリケーション内でサブスクリプションのステータスを確認できる必要があります。

  • 顧客は、アプリケーションの使用、トラブルシューティング、返金のリクエスト (該当する場合) などの問題について、簡単にサポートを受けることができる必要があります。サポートの問い合わせオプションは、フルフィルメントランディングページで指定する必要があります。

  • 製品ソフトウェアとメタデータには、 AWS Marketplaceでは利用できない他のクラウドプラットフォーム、追加の製品、アップセルサービス、または無料トライアルオファーにユーザーをリダイレクトする言葉を含めてはいけません。

    SaaS 製品の無料トライアルの詳細については、「SaaS 無料トライアル」を参照してください。

  • 製品が別の製品または別の ISV 製品のアドオンである場合、製品の説明には、それが他の製品の機能を拡張するものであり、これがないと製品の有用性が非常に限られることを明記する必要があります。例えば、この製品は <製品名> の機能を拡張するものであり、それがなければ、この製品の実用性は非常に限られています。<製品名> は、このリストのすべての機能を利用するには、独自のライセンスが必要な場合がありますのでご注意ください。

アーキテクチャガイドライン

すべての SaaS 製品は、次のアーキテクチャガイドラインに従う必要があります。

  • アプリケーションの一部は、所有 AWS アカウント する でホストする必要があります。

  • すべてのアプリケーションコンポーネントは、管理するインフラストラクチャでホストされている必要があります。顧客のインフラストラクチャに追加のリソースを必要とするアプリケーションは、次のガイドラインに従う必要があります。

    • (AWS STS) や AWS Security Token Service ( AWS Identity and Access Management IAM) など、安全な方法でリソースをプロビジョニングします。

    • プロビジョニングされたすべての AWS のサービスの説明、IAM ポリシーステートメント、IAM ロールまたはユーザーが顧客のアカウントでどのようにデプロイおよび使用されるか含む追加ドキュメントを提供します。

    • 製品の説明に、顧客がトランザクションとは AWS Marketplace 別に追加の AWS インフラストラクチャ料金が発生した場合、追加のインフラストラクチャ料金を支払う責任があることを説明する通知を含めます。

    • 製品によってエージェントがデプロイされる場合は、そのエージェントを AWS アカウントにデプロイする方法についての説明について顧客に提供する必要があります。

    • お客様のインフラストラクチャで実行されているリソースを必要とするアプリケーションには AWS Marketplace、 による追加のレビューが行われます。これには 2~4 週間かかる場合があります。

  • プロバイダーとして登録され、SaaS 公開リクエストを送信 AWS アカウント した から AWS Marketplace APIs を正常に呼び出します。SaaS 価格モデルによって、呼び出される API が決まります。

    • SaaS 契約 – GetEntitlementsの AWS Marketplace Entitlement Service。

    • 消費を伴う SaaS 契約 – GetEntitlements AWS Marketplace Entitlement Service および AWS Marketplace Metering Service BatchMeterUsageで。

    • SaaS サブスクリプション – AWS Marketplace Metering Service BatchMeterUsage内。

  • AWS GovCloud (US) リージョンでのみ提供される SaaS 製品は、他の AWS リージョン と AWS GovCloud (US) リージョン間のアーキテクチャの境界、製品のユースケース、製品に推奨されないワークロードについて概説する必要があります。