SaaS 製品の計画 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SaaS 製品の計画

SaaS 製品を AWS Marketplace に追加する前には、いくつかの計画を行う必要があります。このステップは、製品が成功を収めるために不可欠です。計画が不十分だと、請求に問題が生じたり、AWS Marketplace で製品の再作成が必要になったりする場合があります。

重要

製品の設定のほとんどは、設定後に変更することはできません。AWS Marketplace で製品を作成した後に変更が必要になった場合は、正しい設定で新しい製品を作成する必要があります。

料金の計画

AWS Marketplace の SaaS 製品には、3 つの料金オプションがあります。製品に適した料金モデルを選択することは、最も重要な決定です。料金モデルによって、顧客の支払いオプションと、作成、テスト、デプロイする必要がある請求統合コードが決まるため、選択を誤ると数週間の遅れが生じる可能性があります。

  • SaaS サブスクリプション— A pay-as-you-go販売者の SaaS 製品の時間単位の使用に基づいて請求するモデル。

  • SaaS 契約— 購入者にソフトウェアの使用に対して前払いで請求するか、販売者が柔軟な支払いスケジュールを提示することができます。SaaS リスティングの無料試用版は、AWS Marketplace。

  • SaaS 呼び出し pay-as-you-go— このオプションは標準の契約に似ていますが、顧客は契約を超えた追加使用量量量も支払うことができます。これは併用の料金オプションであり、顧客に最も多くの料金オプションを提供するとともに、最も統合コードが必要になります。これらの料金タイプは無料トライアルをサポートしています。

料金の詳細については、「SaaS 製品の料金」を参照してください。

請求の統合の計画

AWS Marketplace に SaaS 製品を出品する利点の 1 つは、請求の統合です。この利点を活用するには、AWS Marketplace vice またはAWS Marketplace Entitlement Service、選択した価格モデルによって異なります。これらの 2 つのサービスにより、請求と使用量のレポートが正確に行われるようになります。

統合を計画したら、有効にする前に製品との統合をテストする必要があります。統合とテストの詳細については、「AWS Marketplace Metering Service API および使用権限管理サービス API へのアクセス」を参照してください。

Amazon SNS 統合を計画する

販売者の SaaS 製品に関してサブスクライブできる 2 つの Amazon SNS トピックがあります。これらのメッセージは、AWS または顧客によって行われたサブスクリプションおよび契約の変更をプログラムで処理するために役立ちます。これらの Amazon SNS 通知をプログラムのトリガーとして使用し、それらの通知をプログラムが処理する方法に応じて、顧客が製品に新しいアカウントを登録できるようにしたり、サブスクリプションの期限が切れている顧客が製品にアクセスすることを拒否したりすることができます。

顧客が製品にアクセスする方法の計画

このセクションでは、購入者が製品にアクセスできるようにする方法について説明します。

SaaS 製品の登録ウェブサイトの計画

SaaS 製品を購入する顧客は、その製品にアクセスする必要があります。顧客が製品にアクセスする方法を計画および実装することが必要です。SaaS 製品は、以下のアクセスオプションをサポートしています。

  • AWS PrivateLink

  • 販売者の製品ウェブサイト

AWS の使用 PrivateLink とAWS Marketplaceを使用してサービスをAmazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) エンドポイントサービスとして構成します。顧客は、VPC エンドポイントを作成して、AWS クラウド仮想ネットワークを通じて販売者のソフトウェアにアクセスできます。または、販売者が所有および管理するウェブサイトを通じてソフトウェア製品へのアクセスを提供することもできます。その場合、顧客がインターネット間の接続を作成します。

販売者の登録ウェブサイトの使用

販売者の SaaS 製品は、販売者の環境でホストされており、販売者が管理および保守を行うウェブサイトなどのパブリックエンドポイントを通じてインターネット経由でアクセスする必要があります。一般的に、販売者には、顧客が製品の登録、製品の使用のためのサインイン、製品のサポートへのアクセスのために使用するウェブサイトがあります。便宜上、このエンドポイントを登録ウェブサイトと呼びます。

このアクセスオプションを選択した場合に製品に登録ウェブサイトがまだないのであれば、登録ウェブサイトを作成する必要があります。作成後の登録ウェブサイトは、検証するようにプログラムされている必要があります顧客は登録ページにアクセスするたびに発生します。

登録ウェブサイトを使用して顧客を検証するには

  1. 一時トークンの x-amzn-marketplace-token を含む POST リクエストを受け入れます。

  2. このトークンとを交換します。customerIDを呼び出します。ResolveCustomerAWS Marketplace vice の呼び出し。

  3. customerID を取得したら、その後の呼び出しのためにアプリケーションに保持します。

  4. の使用customerID、を呼び出します。GetEntitlementのAWS Marketplace Entitlement Serviceを使用して顧客がサブスクライブしているディメンションと数量を検証する。

  5. 顧客のアクセスと使用権限を検証したら、顧客が使用権限を超えないようにアプリケーションをプログラムします。