販売補償レポート - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

販売補償レポート

レポートには、月別の請求済み収益と、標準の 月別請求済み収益レポート にはない追加の顧客情報が一覧表示されます。また、自分の製品の時間別、年別、月別の使用量に対して AWS が顧客に請求する合計金額が一覧表示されます。

重要

このレポートの金額には、顧客から回収された金額ではなく、顧客に請求される収益のみが反映されています。

販売補償レポートとこのプログラムの一部としてお客様と共有されている情報は、お客様との非公開契約の下で Amazon の機密情報を構成するものであり、そのような合意がない場合は AWS Marketplace 販売者の利用規約を構成します。この情報は、AWS Marketplace 収益を会社名、地域、および AWS アカウント ID ごとに担当者にマッピングすることで、セールス担当者に補償することのみに使用できます。この情報は、支払うべき手数料の源泉を理解するために知る必要がある従業員と共有できます。そのような情報の使用と共有は、機密保持契約上の義務と、AWS Marketplace 販売者の利用規約のセクション 3.8 を含むがこれに限定されない AWS Marketplace 販売者の利用規約に準拠する必要があります。

これに似た独自のレポートを作成するには、AWS Marketplace データフィードを含む例 2: 販売補償レポート必要に応じてレポートを作成できます。

掲載スケジュール

このレポートは、毎月 15 日の 00:00 UTC に発行されます。また、前の暦月の初日 00:00 UTC から末日 23:59 UTC までを対象とします。たとえば、5 月 15 日に発行されたレポートは、4 月 1 日の 00:00 UTC から 4 月 30 日の 23:59 UTC までを対象としています。

請求済み収益

このレポートの請求済み収益セクションには、前の暦月からの従量制および定額制料金が含まれます。以下に示しているのは列名と説明です。

注記

このレポートでは、出品料金は、階層型出品料金に従って決定される、取引収益の割合です (認定済みリセラーによる認定済み転売製品の転売の除く)。

列名 説明
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウント。
[Country] (国) 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
状態 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
製品コード 製品の一意の識別子。
製品タイトル 製品のタイトル。
総収益 製品の使用に対して請求された金額、または製品の使用に対する月額料金。
AWS 収益分配 決済時に請求額から控除される AWS 料金。支払いレポート に表示されます。
総返金 取引の返金の合計金額。
AWS 返金分配 取引で返金される AWS 料金の一部。
正味収益 この取引で請求された正味額から、AWS 料金、返金、および米国の消費税と使用税を引いた額。
通貨 取引の通貨。たとえば、取引が US ドルの場合、エントリは USD です。
AR 期間 取引の月と年 (YYYY-MM 形式)。
取引リファレンス ID AWS Marketplace レポート全体で取引を関連付けるために使用できる、取引を表す一意の識別子。
オポチュニティの名前 登録された機会の一意の識別子。
オポチュニティの説明 登録されたオポチュニティの任意のメタデータ。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。