MediaConvert
ユーザーガイド

自動回転

動画に回転メタデータが埋め込まれている場合、AWS Elemental MediaConvert によってそのメタデータ検出されて、出力で正しい向きになるように動画コンテンツが自動的に回転されます。

注記

AWS Elemental MediaConvert は回転メタデータをパススルーしません。[Rotate (回転)] の設定にかかわらず、ジョブの出力に回転メタデータはありません。

自動回転に関する入力ファイルの追加要件

回転機能に関する一般的な入力制限に加えて、自動回転を使用するには、入力ファイルには以下の制限に従う必要があります。

  • 入力コンテナ: .mov または .mp4

  • 90 度、180 度、または 270 度の回転を指定する回転メタデータ

    回転メタデータがここに示している値より 1 度小さいか大きい場合は、サポートされている値に丸められます。

注記

入力ファイルにある回転メタデータで、ここに示している以外の回転が指定されている場合、デフォルトの回転なしになります。

自動回転を有効にするには

  1. 入力コンテナが .mov または .mp4 であり、入力に回転メタデータがあることを確認します。

  2. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。 [入力] セクションで、回転メタデータのある入力を選択します。

  3. 左側の [Video selector (動画セレクタ)] セクションの [Rotate (回転)] で、[Automatic (自動)] を選択します。

注記

AWS Elemental MediaConvert はオーバーレイしたイメージや動的グラフィックを回転させません。イメージ挿入 (グラフィック オーバーレイ) 機能または モーションイメージ挿入 (モーショングラフィックオーバーレイ) 機能を回転機能で使用する場合は、オーバーレイをアップロード前に回転させます。回転後に動画に表示するオーバーレイの位置を指定します。