AWS Elemental MediaConvert での高速トランコードのためのジョブの制限 - MediaConvert

AWS Elemental MediaConvert での高速トランコードのためのジョブの制限

高速トランスコード を有効にする前に、ジョブが以下の要件と制限に適合していることを確認してください。

高速トランスコードによる動画入力のサポート

次の表は、MediaConvert の高速トランスコードでサポートされている動画入力コーデックとコンテナの一覧です。

コンテナ コンテナでサポートされる動画コーデック
IMF JPEG 2000 (J2K)
MPEG トランスポートストリーム AVC (H.264)、HEVC (H.265)、MPEG-2、VC-1
MPEG-4 AVC Intra 50/100、AVC (H.264)、HEVC (H.265)、MPEG-2
MXF Apple ProRes、AVC Intra 50/100、AVC (H.264)、JPEG 2000 (J2K)、MPEG-2、SonyXDCam、SonyXDCam (MPEG-2 バージョンのみ)
QuickTime Apple ProRes、AVC Intra 50/100、AVC (H.264)、JPEG 2000 (J2K)、MPEG-2

高速トランスコードによる動画出力のサポート

次の表は、MediaConvert の高速トランスコードでサポートされている動画出力コーデックとコンテナの一覧です。

コンテナ コンテナでサポートされるコーデック
CMAF AV1、AVC (H.264)、HEVC (H.265)
DASH AV1、AVC (H.264)、HEVC (H.265)
HLS AVC (H.264)、HEVC (H.265)
MPEG-2 TS AVC (H.264)、HEVC (H.265)、MPEG-2
MPEG-4 (.mp4) AV1、AVC (H.264)、HEVC (H.265)
MPEG-4 Flash (.f4v) AVC (H.264)
MXF (.mxf) MPEG-2
QuickTime AVC (H.264)、MPEG-2
Smooth (ISMV) AVC (H.264)
Raw (コンテナなし) AVC (H.264)、HEVC (H.265)、MPEG-2
注記

MPEG-2 TS 出力の場合、高速トランスコードを使用するには、[Transport stream settings (トランスポートストリーム設定)] > [Rate mode (レートモード)] で、デフォルト値の [CBR] を [VBR] に変更する必要があります。

出力の制限

  • サポートされるコンテナとコーデックの組み合わせのみを使用してください。上の表は、サポートされている動画出力コーデックとコンテナの一覧です。

  • サポートされる出力キャプション形式のみを使用します。高速トランコードの場合、MediaConvert は次の出力キャプション形式をサポートしていません。

    • 非サポート: 焼き付け

    • 非サポート: SCTE-20

    サポートされるキャプション形式のリストについては、「キャプションでサポートされる出力コンテナタイプ別のテーブル」を参照してください。

高速トランスコードでサポートされないトランスコード機能

  • 広告表示のブランキング

  • モーションイメージ挿入 (モーショングラフィックオーバーレイ)

  • 補間型フレームレート変換

  • VBI パススルー

  • タイムコードパススルー

  • SEI タイムコード

  • タイムコードアンカー

  • テレシネ出力

  • 逆テレシネ出力

  • オープン GOP 出力

  • 埋め込みタイムコードソース

    注記

    高速トランスコードでは、入力設定の [タイムコードソース] を [Embedded (埋め込み)] に設定できますが、ジョブ全体の設定の [Timecode configuration (タイムコード設定)] の [Source (ソース)] をそのように設定することはできません。

  • デフォルトの 0 以外の Min-I 間隔の値

  • ESAM

  • SCTE-35 パススルー