MediaConvert
ユーザーガイド

AWS Elemental MediaConvert ジョブのモニタリング

以下の方法で、AWS Elemental MediaConvert ジョブの最新情報を入手できます。

  • Amazon CloudWatch Events は、AWS リソースの変更を示すシステムイベントのほぼリアルタイムのストリームを提供します。たとえば、AWS Elemental MediaConvert CloudWatch イベント では以下のことが可能です。

    • STATUS_UPDATE イベント通知を使用して、ジョブの進行状況をモニタリングできます。

      詳細については、「AWS Elemental MediaConvert イベント」のイベントタイプの表で STATUS_UPDATE を参照してください。

    • ジョブのステータスの変更を知らせる通知を設定できます。

      CloudWatch イベント による E メールジョブの通知の設定に関する詳細とチュートリアルについては、「CloudWatch イベント を使用した AWS Elemental MediaConvert ジョブのモニタリング」を参照してください。

    • ジョブの出力に関する詳細を入手できます。

      AWS Elemental MediaConvert によって COMPLETE イベントの通知にジョブの出力の詳細が表示されます。この情報には、ジョブのメディアファイルとマニフェストの場所とファイル名が含まれます。詳細については、「出力ファイルの名前とパス」を参照してください。

    • ジョブのステータスが変わったときにトリガーされる自動アクションを他の AWS のサービスで使用できます。

      一般的ユースケースでは、後処理を開始する Lambda 関数をトリガーします。詳細については、Amazon CloudWatch Events ユーザーガイド を参照してください。

  • Amazon CloudWatch は、AWS のリソースおよび AWS で実行しているアプリケーションをリアルタイムでモニタリングします。メトリクスの収集と追跡、カスタマイズしたダッシュボードの作成、および指定したメトリクスが指定したしきい値に達したときに通知またはアクションを実行するアラームの設定を行うことができます。たとえば、指定した期間中に成功したジョブの数を CloudWatch で追跡できます。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド を参照してください。CloudWatch で追跡する MediaConvert のメトリクスのリストについては、「CloudWatch メトリックス」を参照してください。

  • AWS CloudTrail は、AWS アカウントにより、またはそのアカウントに代わって行われた、API 呼び出しおよび関連イベントを取得し、指定した Amazon S3 バケットにログファイルを配信します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元のソース IP アドレス、および呼び出しの発生日時を特定できます。詳細については、「CloudTrail を使用した MediaConvert API コールのログ記録」を参照してください。

  • [MediaConvert Recent Jobs] (最新ジョブ) ページには、ジョブのステータスが表示されます。このページにアクセスするには、MediaConvert コンソールを開き、ナビゲーションペインの [Jobs] (ジョブ) を選択します。このナビゲーションペインを開くには、必要に応じてコンソールの左上にあるメニューアイコン (3 本バーのアイコン) を選択します。