MediaConvert
ユーザーガイド

AWS Elemental MediaConvert のモニタリング

AWS Elemental MediaConvert ジョブの進行状況のモニタリング

ジョブのステータス、フェーズ、完了率 (%) を追跡することができます。ステータスとフェーズの詳細については、AWS Elemental MediaConvert ジョブの進行状況 を参照してください。

ジョブのステータスとその完了率 (%) は、次の場所でモニタリングすることができます。

  • AWS Elemental MediaConvert [ジョブ] ページ

    コンソールでは、ジョブのステータスとジョブの全体完了率 (%) を確認することができます。詳細な情報 (例: 確認、トランスコード、アップロードフェーズの完了率 (%)) については、以下の説明に示されている Amazon CloudWatch Events を使用します。

    [ジョブ] ページにアクセスするには、ナビゲーションペインで AWS Elemental MediaConvert コンソールを開き、[ジョブ] を選択します。ナビゲーションペインが閉じている場合には、コンソールの左上にあるメニューアイコン (3 本バーのアイコン) を選択して開きます。

    必要に応じて、進行中のジョブのみ表示されるようにフィルタリングすることができます。[Any status (任意のステータス)] フィルタから、[Progressing (進行中)] を選択します。

  • Amazon CloudWatch Events

    CloudWatch イベント では、確認、トランスコード、およびアップロードの各フェーズの完了率 (%) など、ジョブの進行状況に関する詳細な情報を取得することができます。AWS Elemental MediaConvert は、このような STATUS_UPDATE イベントを CloudWatch イベント サービスに送信します。プログラムまたは Amazon SNS を使用してジョブ通知を受け取るには、これらのイベントをサブスクライブします。

    STATUS_UPDATE イベントの使用の詳細については、AWS Elemental MediaConvert で CloudWatch イベント を使用する を参照してください。

AWS リソース、アプリケーション、API コールをモニタリングする

以下の AWS サービスは、アカウントのリソースおよびアクティビティを常に把握するのに役立ちます。

  • Amazon CloudWatch は、AWS のリソースおよび AWS で実行しているアプリケーションをリアルタイムでモニタリングします。メトリクスの収集と追跡、カスタマイズしたダッシュボードの作成、および指定したメトリクスが指定したしきい値に達したときに通知またはアクションを実行するアラームの設定を行うことができます。たとえば、指定した期間中に成功したジョブの数を CloudWatch で追跡できます。詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』を参照してください。CloudWatch で追跡する MediaConvert のメトリクスのリストについては、「CloudWatch メトリクスを使用して AWS Elemental MediaConvert リソースのメトリクスを表示する」を参照してください。

  • AWS CloudTrail は、AWS アカウントにより、またはそのアカウントに代わって行われた、API 呼び出しおよび関連イベントを取得し、指定した Amazon S3 バケットにログファイルを配信します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元のソース IP アドレス、および呼び出しの発生日時を特定できます。詳細については、「AWS CloudTrail を使用した MediaConvert API コールのログ記録」を参照してください。