MediaConvert
ユーザーガイド

オーディオトラックとオーディオセレクタの詳細

オーディオセレクタは、入力オーディオと出力オーディオを関連付けるために使用します。1 つのオーディオセレクタが入力の 1 つ以上のトラックを表すように設定できます。その後、オーディオトラックを出力に作成し、出力トラックごとに 1 つのオーディオセレクタを関連付けます。

オーディオトラック、オーディオセレクタ、および出力オーディオトラック間の関連付けには、以下の規則が適用されます。

  • 各入力トラックは 1 つ以上のオーディオセレクタと関連付けることができる

  • 各オーディオセレクタには 1 つ以上の入力トラックがある

  • 各出力トラックには 1 つのオーディオセレクタがある

次の図は、これらの関係を示しています。この図では、入力ファイルに 3 つのオーディオトラックが含まれています。オーディオセレクタ 1 は、入力トラック 1 を選択します。オーディオセレクタ 1 は出力オーディオトラックと関連付けられているため、入力のトラック 1 と出力のオーディオトラック 1 はコンテンツが同じになります。2 番目の入力オーディオトラックは、オーディオセレクタで選択されていないため、出力で使用されません。オーディオセレクタ 2 は、入力のトラック 1 とトラック 3 を選択します。オーディオセレクタ 2 は出力のオーディオトラック 2 と関連付けられているため、入力のトラック 1 とトラック 3 のチャネルが出力のトラック 2 に含まれます。

オーディオセレクタは、入力トラックと出力トラックを関連付けます。

チャネルレベルの制御を必要とするワークフローの場合は、オーディオチャネルのリミックス機能を使用します。この機能では、以下のワークフローがサポートされます。

  • オーディオトラック内のチャネル順を変更する

  • オーディオチャネルを 1 つ以上の入力トラックから異なる出力トラックに移動する

  • 複数のチャネルのオーディオを 1 つのチャネルにまとめる

  • 1 つのチャネルのオーディオを複数のチャネルに分割する

  • オーディオチャネルの音量レベルを調整する