ジョブの優先度を設定する - MediaConvert

ジョブの優先度を設定する

キュー内のジョブの場所を指定するには、ジョブの作成時にジョブ設定で優先度を設定します。 AWS Elemental MediaConvert は各キュー内のジョブを優先度の高い順に処理します。優先度が同様に高いジョブが複数ある場合、MediaConvert は最初に送信したジョブを選択します。

優先度の高いジョブを送信しても、MediaConvert は現在のジョブを停止しません。実行中のジョブが終了すると、MediaConvert はキュー内の相対的な優先度に基づいて次のジョブを開始します。

ジョブの優先度を設定するには (コンソール)

  1. AWS Elemental MediaConvert でのジョブの設定」の説明に従って、ジョブを設定します。

  2. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。 [ジョブの設定] セクションで、[Settings (設定)] を選択します。

  3. 右側の [Job settings (ジョブ設定)] セクションで、[Priority] に -50~50 の数値を入力します。MediaConvert は、[優先度] の値が最も大きいジョブを最初に処理します。値を指定しない場合、MediaConvert は、デフォルト値 0 を割り当てます。

ジョブの優先度を設定するには (API、SDK、AWS CLI)

  1. JSON ジョブ仕様をセットアップします。JSON ファイルを手動で編集するか、コンソールを使用して次のように生成します。

    1. コンソールで、前の手順に従います。

    2. 左側の [Job (ジョブ)] ペインの [Job settings (ジョブ設定)] で、[Show job JSON (ジョブ JSON の表示)] を選択します。

    JSON ジョブ仕様の プロパティ priority には、ジョブの優先度を示す値が設定されています。このプロパティは、job の直接の子であり、JSON ジョブ仕様の最上位レベルを表します。priority の値を -50~50 の範囲の整数に設定します。デフォルト値は 0 です。

  2. AWS Elemental MediaConvert API リファレンスの指示に従って、ジョブを送信します。