MediaConvert
ユーザーガイド

タグ付けによるコスト配分のための AWS Elemental MediaConvert リソースの設定

AWS 請求および Cost Management ダッシュボードを使用し、毎月のコスト割り当てレポートを設定して、AWS がリソース別にソートしたトランスコーディング料金を表示するようにすることができます。ジョブ出力は、キュー、ジョブテンプレート、または出力プリセットのタグによってソートされるようにジョブを設定できます。つまり、ジョブを送信するキューに置いたタグ、ジョブを作成するジョブテンプレート、ジョブの個々の出力を設定するために使用する出力プリセットによって、請求書をソートすることができます。

AWS Elemental MediaConvert 料金のタグ付けによるコスト配分の設定

  1. 請求書を並べ替える予定のキュー、ジョブテンプレート、または出力プリセットにタグを付けます。手順については、この章の他のトピックを参照してください。

  2. コストの割り当て方法を指定して、以下のようにトランスコードジョブを作成します。

    1. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。 [ジョブの設定] で [設定] を選択します。

    2. 右側の [Job settings (ジョブ設定)] セクションで、[Billing tag source (課金タグソース)] で、キューのタグ、ジョブテンプレート、またはジョブの作成に使用する出力プリセットでジョブの出力をソートするかどうかを選択します。

  3. AWS Billing and Cost Management ダッシュボードでこれらのタグを有効化します。詳細については、Billing and Cost Management ユーザーガイドの「ユーザー定義のコスト配分タグのアクティブ化」を参照してください。

  4. レポートをセットアップします。詳細については、Billing and Cost Management ユーザーガイドの「月別コスト配分レポートの設定」を参照してください。