MediaConvert
ユーザーガイド

入力タイムコード設定の調整

入力設定で指定する [Timecode source] (タイムコードソース) の値は、動画とは別個のファイルで提供するオーディオとキャプションの同期方法に影響します。また、入力クリッピングに指定するタイムコードの解釈方法にも影響します。入力クリッピングの詳細については、「入力の一部のみの変換 (入力クリッピング)」を参照してください。

タイムコードソース設定を調整するには

  1. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。は入力を選択します。

  2. [Video selector] (動画セレクタ) の [Timecode source] (タイムコードソース) で、MediaConvert によって入力からタイムコードを読み取るか、ゼロから始まるタイムコードを生成するかを指定します。オプションは以下のとおりです。

    • [Embedded] (埋め込み): 入力動画に埋め込まれたタイムコードを使用します。

      注記

      入力動画に埋め込まれたタイムコードがない限り、この値を選択しないでください。

      サーバーのみ有効

    • [Start at 0] (0 から開始): ジョブの最初のフレームのタイムコードを 00:00:00:00 に設定します。

    • [Specified start] (指定した開始): このオプションは使用しないでください。

    ソースにかかわらず、タイムコードは 24 時間形式とフレーム番号、HH:MM:SS:FF を使用します。 です

    API または SDK を使用する場合、これらの設定はジョブの JSON ファイルで、次の場所にあります。 TimecodeSource、場所 SettingsInputs