MediaConvert
ユーザーガイド

AWS Elemental MediaConvert のデータ保護

暗号化を使用して、コンテンツを不正アクセスから保護します。以下の暗号化オプションを任意に組み合わせて AWS Elemental MediaConvert で使用できます。

  • クライアント側の暗号化: 入力ファイルを Amazon S3 にアップロードする前に暗号化して、転送中の入力ファイルを保護します。

  • サーバー側の暗号化: AWS Elemental MediaConvert が読み書きする Amazon S3 バケットに出力ファイルを安全に保管します。

  • デジタル著作権管理 (DRM): コンテンツの配信後、承認された視聴者だけがそのコンテンツを視聴できるようにします。

以下の図では、これらの暗号化オプションを示しています。


      3 つの四角形は、3 つの暗号化オプションをそれぞれ表しています。テキストは以下のとおりです。1.クライアント側の暗号化: 入力ファイルをアップロードする前に、オープンプロトコルを使用してコンテンツを暗号化します。転送中の入力ファイルを保護します。保管時の入力ファイルを保護します。2.サーバー側の暗号化: Amazon S3 のデフォルトのバケット暗号化を使用して、S3 バケットに入れるときにファイルを暗号化します。入力ファイルをアップロードするときと MediaConvert が出力ファイルを書き込むときに、この方法を使用できます。保管時のファイルを保護します。3.DRM: デジタル著作権管理 (DRM) を使用して、配信中のコンテンツを保護します。転送中の出力ファイルを保護します。保管時の出力ファイルを保護します。