レート制御モードの設定 - AWS Elemental MediaLive

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レート制御モードの設定

この機能は、フレームキャプチャ出力の動画には適用されません。

チャネルの作成の一環としてビデオを設定するときに、レート制御モードを設定できます。この機能により、ビデオの品質とビットレートを制御できます。

注記

このセクションでは、「」で説明している一般的なチャネルの作成手順を理解しているものとします。ゼロからのチャネルの作成であり、具体的にビデオを設定する

視覚的に複雑な動画 (鮮やかな服装の群衆が背景となる動きの激しいスポーツイベントなど) をエンコードするときには常に、高い動画品質と低いビットレートの間にトレードオフが存在します。動画品質が高いほど、より高いビットレートが必要となります。視覚的に単純な動画 (漫画など) の場合は、トレードオフが少なくなります。

AWS ElementalMediaLiveは、動画品質とビットレートのバランスを指定するいくつかのオプションを提供します。

出力のレート制御モードとビットレートを設定するには

  1. [ストリーム設定] ペインの [Video (動画)] の [コーデック設定] で、[H264] を選択します。

  2. [レートの制御] セクションの [レート制御モード] で、[QVBR]、[CBR]、[VBR] のいずれかを選択します。デフォルトモードは CBR です。最適なオプションの選択と、のその他のフィールドに入力する方法については、「」を参照してください。レート制御モードのセクションについては、以下のセクションを参照してください。

品質定義変数ビットレートモード (QVBR)

品質が定義された可変ビットレートモード (QVBR) では、MediaLive特定の品質を目指し、その品質に到達するために必要なビットレートのみを使用します。ビデオ品質は、ビデオが非常に複雑な場合を除き、指定された品質に一致します。この場合、最大ビットレートを超えずに所望の品質に到達できない場合、MediaLive最大ビットレートを監視します。これは、ビデオが望ましい品質を達成していないことを意味します。

Amazon などの CDN に配信する場合など、自分または視聴者が帯域幅を支払う場合は、このモードをお勧めします。CloudFrontまたは、閲覧中のユーザーがモバイルネットワーク上にある場合。

QVBR モードでは、目標品質を指定したり、MediaLive目標品質を決定する。

オプション 1: 目標品質を設定する

指定した目標品質で QVBR モードで設定するには、次のフィールドに入力します。

  • 最大ビットレート。このリストの後の表を参照してください。

  • 品質レベル。このリストの後の表を参照してください。

  • また、Bitrateフィールド。に入力した値と同じ値を入力します。最大ビットレート

    このフィールドは QVBR モードの品質レベルには影響しませんが、MediaLiveこの出力は、この出力の出力電荷を計算するために使用します。料金の詳細については、「」を参照してください。そのMediaLive料金表。離れる場合Bitrate空のMediaLiveは、次の値を使用して料金を計算します。入力最大内のビットレート入力仕様設定チャネル設定のセクション。

  • 設定バッファサイズ最大ビットレートの 2 倍に達します。

  • 設定バッファ充填率90% までです。

  • このセクションの他のフィールドは、無視します。QVBR には使用されません。

使用する値: 設定:最大ビットレートそして品質レベル最も重要な視聴デバイス向けです。次の表の提案を参照してください。

表示デバイス 品質レベル 最大ビットレート
主画面 8 ~ 10 4,000,000 〜 6,000,000
パソコンまたはタブレット 7 1,500,000 〜 3,000,000
スマートフォン 6 1,000,000 〜 1,500,000

仕組み:ビットレートは (指定された品質以上の品質を得るために) フレームごとに変わることがありますが、最大ビットレートを超えることはできません。エンコーダーは平均ビットレートを維持しようとしません。指定された品質を得るために必要な場合は、常に最大ビットレートに達します。一方、低いビットレートで指定の品質を得られる場合、エンコーダーは高いビットレートを使用しません。

オプション 2: レッティングMediaLive品質レベルを決定する

QVBR モードでターゲット品質を次のように設定するにはMediaLiveを決定し、フィールドに以下のように入力します。

  • [] のままにするQVBR 品質レベルフィールド空。

  • Eclipse最大ビットレートで、出力で使用する最大レートを入力します。

  • また、Bitrateフィールド。に入力した値と同じ値を入力します。最大ビットレート

    このフィールドは QVBR モードの品質レベルには影響しませんが、MediaLiveこの出力は、この出力の出力電荷を計算するために使用します。料金の詳細については、「」を参照してください。そのMediaLive料金表。離れる場合Bitrate空のMediaLiveは、次の値を使用して料金を計算します。入力最大内のビットレート入力仕様設定チャネル設定のセクション。

  • 設定バッファサイズ最大ビットレートの 2 倍に達します。

  • 設定バッファ充填率90% までです。

仕組み:目標品質は指定しません。代わりに、MediaLive入力した次のフィールドに基づいて、必要な品質を推定します。

  • 出力ビデオの解像度 (高さそしてこのビデオセクションにもあるフィールド)。

  • 最大ビットレート。

ビットレートは (少なくとも、品質を得るために) フレームごとに変わることがあります (少なくとも品質を得るために)MediaLiveが特定した)が、最大ビットレートを超えることはできない。エンコーダーは平均ビットレートを維持しようとしません。識別された品質を得るために必要な場合は、常に最大ビットレートに達します。一方、低いビットレートで指定の品質を得られる場合、エンコーダーは高いビットレートを使用しません。

可変ビットレートモード (VBR)

可変ビットレートモード (VBR) では、平均ビットレートと最大ビットレートを指定します。動画の品質とビットレートは、動画の複雑さによって異なります。

チャネルの期間にわたって特定の平均ビットレートを維持するには、QVBR の代わりに VBR を選択します。ビットレートを制限する必要がない場合は、QVBR の使用を検討してください。

VBR モードを設定するには、フィールドに以下のように入力します。

  • Bitrate(平均ビットレート)。動画の複雑さの予想を評価し、適切な平均ビットレートを設定してください。

    離れる場合Bitrate空のMediaLive平均ビットレートを 5 Mbps に設定します。

    入力する値Bitrateこの出力の出力チャージにも影響します。離れる場合Bitrate空のMediaLiveは、次の値を使用して料金を計算します。入力最大内のビットレート入力仕様設定チャネル設定のセクション。料金の詳細については、「」を参照してください。そのMediaLive料金表

  • 設定:最大ビットレート予想されるスパイクに対応する。

  • 設定バッファサイズ最大ビットレートの 2 倍に達します。

  • 設定バッファ充填率90% までです。

  • このセクションの他のフィールドは、無視します。VBR には使用されません。

仕組み:ビットレートは (最高品質を得るために) フレームごとに変わることがありますが、指定された最大ビットレートを超えることはできません。エンコーダーはさらに、チャネルが進行しても、ストリームが指定された平均ビットレートを確実に満たすようにします。このモードは、動画が急激に複雑化することが予想される場合に便利です。エンコーダーは平均ビットレートを目指しますが、必要に応じて短時間で最大ビットレートに急上昇します。

固定ビットレートモード (CBR)

固定ビットレートモード (CBR) では、ビットレートを指定します。動画の品質は、動画の複雑さによって異なります。

可変ビットレートを処理できないデバイスにアセットを配信する場合にのみ、CBR を選択します。

ただし、ビットレートが特定のレートと異なる場合があることを許容できる場合は、VBR または QVBR の使用を検討してください。チャネルの期間中、VBR または QVBR を使用すると、低いビットレートと高い品質の両方を得ることができます。

CBR モードを設定するには、フィールドに以下のように入力します。

  • Bitrate。設定:Bitrate動画品質と出力ビットレートのバランスをとる。このフィールドを空のままにしておくと、MediaLiveビットレートを 5 Mbps に設定します。

    入力する値Bitrateこの出力の出力チャージにも影響します。離れる場合Bitrate空のMediaLiveは、次の値を使用して料金を計算します。入力最大内のビットレート入力仕様設定チャネル設定のセクション。料金の詳細については、「」を参照してください。そのMediaLive料金表

  • 設定バッファサイズビットレートの 2 倍になります。

  • 設定バッファ充填率90% までです。

  • このセクションの他のフィールドは、無視します。CBRには使用されません。

仕組み:出力は常に指定されたビットレートと一致します。そのビットレートは動画の品質を高める場合も、品質を低下させる場合もあります。