画像オーバーレイの操作 - AWS Elemental (AWS Elemental)MediaLive

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

画像オーバーレイの操作

静止イメージオーバーレイ機能を使用すると、MediaLive チャネルの動画に静止イメージを重ね合わせることができます。静止イメージとは、動きのない静止したイメージです。イメージを準備して MediaLive の外部に保存します。次に、MediaLive のスケジュール機能を使用して、イメージ (最大 8 つまでの異なるイメージ) を実行中のチャネルに表示するタイミングと、それぞれを非表示にするタイミングを指定するタイムテーブルを設定します。

例 1

特定の時間に静止イメージオーバーレイを挿入し、それを 10 秒間実行します。イメージオーバーレイを動画フレームの右下隅に表示します。イメージオーバーレイを 50% 不透明にし、何もない状態から 2 秒間で 50% の不透明度までフェードインして、挿入が終了する 2 秒前から何もない状態までフェードアウトします。

例 2

2 つのイメージオーバーレイを挿入して、両方が同時に、または一部重なって動画フレームに表示されるようにします。あるイメージオーバーレイをある場所に表示し、そのイメージオーバーレイがまだ表示されている間に別のイメージオーバーレイが別の場所に表示されるように、イメージオーバーレイの表示をわずかに重複させます。位置が部分的または完全に重なる場合は、どのイメージオーバーレイを一番上に表示するかを指定します。

スタティック画像オーバーレイの機能

動画にオーバーレイするイメージは、.bmp、.png、または .tga ファイルです。

一度に最大 8 つのイメージを挿入できます。各イメージは別々の「レイヤー」です。基となる動画の上に同時に表示されるようにオーバーレイを設定することも、物理的にオーバーラップするように設定することもできます。

各イメージオーバーレイを開始時間と期間で設定できます。x/y 座標で指定されているように、動画フレーム上の任意の位置にイメージオーバーレイを挿入できます。不透明度や、フェードインとフェードアウトを適用するように設定できます。

イメージは次のように処理されます。

  • イメージは拡大縮小されずに、基となる動画ピクセルにピクセル単位でオーバーレイされます。

    オーバーレイが基となる動画より大きい場合、または基となる動画の端を超える場合、およびシステムがチャネル作成時にこのエラーを識別できた場合は、その時点でエラーメッセージが表示されます。

    システムがエラーを事前に識別できなかった場合は、チャネルの実行中にエラーメッセージが表示されます。チャネルは停止しませんが、オーバーレイリクエストは失敗します。

  • 個別の出力エンコードが作成される前に (それぞれの解像度と動画品質で) イメージがオーバーレイされます。つまり、基となる動画が特定の出力エンコード用に拡大縮小される場合は、イメージも同様に拡大縮小されます。

  • イメージはすべての出力に挿入されます。

ステップ1: 静止画像オーバーレイ・ファイルの準備

チャネルで使用する各イメージオーバーレイを準備する必要があります。オーバーレイは MediaLive の外部 (たとえば、Amazon S3 バケット) に保存されます。イメージオーバーレイは、MediaLive にも MediaLive の特定のチャネルにも属しません。正確には、イメージオーバーレイは MediaLive によって使用されます。

以下の手順に従って、必要なオーバーレイを準備します。

オーバーレイファイルを準備するには

  1. 以下の特性を持つファイルを作成します。

    • ファイルタイプ: .bmp、.png、または.tgaファイル。

    • アスペクト比: オーバーレイは任意のアスペクト比を持つことができます。基となる動画のアスペクト比と一致する必要はありません。

    • サイズ (ピクセル): オーバーレイは、基礎となるビデオと同じサイズまでの任意の解像度(ピクセル単位のサイズ)にすることができます。

  2. チャネルを出力するグラフィックプログラムを使用する場合は、アルファチャネルを出力するように設定します。これにより、イメージオーバーレイが黒または白のボックスで表示されなくなります。

  3. 準備したファイルを MediaLive からアクセスできる場所に配置します。次の 4 つの方法のいずれかで場所を指定できます。

    • SSL を使用した Amazon S3 バケット。以下に例を示します。

      s3ssl://company-overlays/sample-bucket/overlay.png

      MediaLive では、Amazon S3 バケット名にドット表記を使用しないでください。たとえば、company-overlays は受け入れられますが、company.overlays は受け入れられません。

    • SSL を必要とするアクセス可能な URL。以下に例を示します。

      https://203.0.113.0/corporate-logos/large.bmp

    • SSL を使用しない、アクセス可能な URL。以下に例を示します。

      http://203.0.113.254/corporate-logos/high-res.bmp

  4. 場所をメモします。後で必要になります。

ステップ2: オーバーレイの挿入

チャネルスケジュールに挿入アクションを作成して、動画にオーバーレイを挿入します。詳細については、「を使用した作業 AWS Elemental MediaLive スケジュール」および「スケジュール(コンソール)でアクションを作成する」を参照してください。

スケジュールとは、各チャネルにアタッチされているタイムテーブルのことです。スケジュールは、特定の時間にチャネルに対して実行するアクションを指定できるように設計されています。たとえば、イメージオーバーレイを使用すると、スケジュール内にアクションを作成して、特定の期間の特定の時刻に特定のイメージを、基となる動画にオーバーレイするように指定できます。

チャネルの実行中には、設定は変更されず、変更できません。そのため、チャネルスケジュールを使用すると、チャネルを停止して再設定することなく、動的に発生するアクションをチャネルに適用できます。