チャネル詳細の表示 - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

チャネル詳細の表示

AWS Elemental MediaPackage に設定されているすべてのチャネルを表示します。または、特定のチャネルの詳細 (関連付けられているエンドポイントなど) を表示します。

チャネルの詳細を表示するには、AWS Elemental MediaPackage コンソール、AWS CLI、または MediaPackage API を使用できます。チャネルの詳細を AWS CLI または MediaPackage API で表示する方法の詳細については、「AWS Elemental MediaPackage API リファレンス」を参照してください。

チャネルを表示するには (コンソール)

  1. https://console.aws.amazon.com/mediapackage/ にある MediaPackage コンソールを開きます。

  2. [Channels] ページが表示されない場合は、AWS Elemental MediaPackage のホームページで [Skip and go to console] を選択します。

    すべての既存のチャネルがコンソールに表示されます。

  3. (オプション) 表示設定 (表示するページのサイズやプロパティなど) を調整するには、[Preferences] (設定) を選択します。

  4. 特定のチャネルに関する詳細情報を表示するには、そのチャネルの名前を選択します。

    AWS Elemental MediaPackage 次の値などの重要な情報を表示します。 入力URL そして WebDAV ユーザー名 および パスワード (各入力 URL 用)。これらの情報をアップストリームエンコーダーのストリーム送信先設定として指定します。入力冗長性を使用している場合は、両方の入力の情報を入力します。 URLs. チャネルにストリームを 1 つだけ送信する場合は、いずれかの入力 URL の情報を指定できます。入力冗長の仕組みについては、「ライブ入力冗長AWS Elemental MediaPackage処理フロー」を参照してください。

    注記

    すべてのチャネルに2つの入力があります URLs. 入力冗長化以前から存在していたチャネルは、 AWS Elemental MediaPackage 2つの新しい入力を作成しました URLs。 古いまたは新しい URLs チャンネルへの入力用です。

    AWS Elemental MediaPackage コンソールで Amazon CloudFront ディストリビューションを作成した場合、チャネルからディストリビューションの概要情報 (ステータスや ID など) が確認できます。MediaPackage でエンドポイントを追加した場合、ディストリビューションにオリジンも追加され、チャネルの詳細ページからは CloudFront CDN URL も確認できます。