Amazon CloudWatch メトリクスによる AWS Elemental MediaPackage のモニタリング - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon CloudWatch メトリクスによる AWS Elemental MediaPackage のモニタリング

CloudWatch を使用して AWS Elemental MediaPackage をモニタリングすることで、生データを収集し、ほぼリアルタイムの読み取り可能なメトリクスに加工できます。これらの統計は 15 か月間保持されるため、履歴情報にアクセスしてウェブアプリケーションやサービスの動作をより的確に把握できます。また、特定のしきい値を監視するアラームを設定し、これらのしきい値に達したときに通知を送信したりアクションを実行したりできます。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド を参照してください。

AWS Elemental MediaPackage コンソールを使用してメトリクスを表示するには

AWS Elemental MediaPackage は、コンソール全体でメトリクスを表示します。

  1. https://console.aws.amazon.com/mediapackage/ にある MediaPackage コンソールを開きます。

  2. メトリクスを表示する適切なページに移動します。

    • AWS リージョン内のすべてのチャネルとエンドポイントのメトリクスについては、[Channels(チャネル)] ページに移動します。

    • 特定のチャネルとそのチャネルに含まれるすべてのエンドポイントのメトリクスについては、チャネルの詳細ページに移動します。

    • 特定のエンドポイントとそのチャネルのメトリクスについては、エンドポイントの詳細ページに移動します。

  3. (オプション) メトリクスの表示を調整するには、[CloudWatch で開く] を選択します。

CloudWatch コンソールを使用してメトリクスを表示するには

メトリクスはまずサービスの名前空間ごとにグループ化され、次に各名前空間内のさまざまなディメンションの組み合わせごとにグループ化されます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Metrics (メトリクス)] を選択します。

  3. [All metrics (すべてのメトリクス)] で、[AWS/MediaPackage ] 名前空間を選択します。

  4. メトリクスディメンションを選択してメトリクスを表示します (たとえば、channel を選択してチャネル別にメトリクスを表示します)。

AWS CLI を使ってメトリクスを表示するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用します。

aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/MediaPackage"