オブジェクトの削除 - AWS Elemental MediaStore

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

オブジェクトの削除

コンソールまたは AWS CLI を使用してオブジェクトを個別に削除することができます。または、オブジェクトライフサイクルポリシーを追加して、コンテナ内の特定の期間に達した後にオブジェクトを自動的に削除したり、コンテナを空にしてそのコンテナ 内のすべてのオブジェクトを削除できます。

注記

フォルダ内の唯一のオブジェクトを削除すると、AWS Elemental MediaStore は自動的にそのフォルダを削除し、さらにそのフォルダの上位にある空のフォルダも削除します。たとえば、premium というフォルダ内にはファイルが存在せず、1 つのサブフォルダ canada のみが存在するとします。canada サブフォルダには、mlaw.ts というファイルが 1 つ含まれています。ここで mlaw.ts ファイルを削除すると、premium ファルダと canada フォルダの両方が自動的に削除されます。

オブジェクトを削除するには (コンソール)

  1. MediaStore コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/mediastore/

  2. [Containers (コンテナ)] ページで、削除したいオブジェクトが含まれているコンテナの名前を選択します。

  3. 削除するオブジェクトがフォルダ内にある場合は、オブジェクトが表示されるまで繰り返しフォルダ名を選択します。

  4. オブジェクト名の左にあるオプションを選択します。

  5. [削除] を選択します。

オブジェクトを削除するには (AWS CLI)

  • AWS CLI で、delete-object コマンドを使用します。

    例:

    aws mediastore-data --region us-west-2 delete-object --endpoint=https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com --path=/folder_name/README.md

    このコマンドの戻り値はありません。