サポート対象の Apache Kafka バージョン - Amazon Managed Streaming for Apache Kafka

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポート対象の Apache Kafka バージョン

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) は、次の Apache Kafka および Amazon MSK バージョンをサポートします。Apache Kafka コミュニティは、リリース日から約 12 か月間、バージョンをサポートします。詳細については、Apache Kafka EOL (サポート終了) ポリシー を参照してください。

サポートされている Kafka バージョン
Kafka バージョン MSK リリース日 サポート終了日
1.1.1 -- 2024-06-05
2.1.0 -- 2024-06-05
2.2.1 2019-07-31 2024-06-08
2.3.1 2019-12-19 2024-06-08
2.4.1 2020-04-02 2024-06-08
2.4.1.1 2020-09-09 2024-06-08
2.5.1 2020-09-30 2024-06-08
2.6.0 2020-10-21 2024-09-11
2.6.1 2021-01-19 2024-09-11
2.6.2 2021-04-29 2024-09-11
2.6.3 2021-12-21 2024-09-11
2.7.0 2020-12-29 2024-09-11
2.7.1 2021-05-25 2024-09-11
2.7.2 2021-12-21 2024-09-11
2.8.0 -- 2024-09-11
2.8.1 2022-10-28 2024-09-11
2.8.2 階層化 2022-10-28 発表予定
3.1.1 2022-06-22 2024-09-11
3.2.0 2022-06-22 2024-09-11
3.3.1 2022-10-26 2024-09-11
3.3.2 2023-03-02 2024-09-11
3.4.0 2023-05-04 発表予定
3.5.1 (推奨) 2023-09-26 --
3.6.0 2023-11-16 --
3.7.x 2024-05-29 --

Amazon MSK バージョンサポートポリシーの詳細については、「」を参照してくださいAmazon MSK バージョンサポートポリシー

Apache Kafka バージョン 3.7.x (本番環境に対応した階層型ストレージ搭載)

MSK の Apache Kafka バージョン 3.7.x には、Apache Kafka バージョン 3.7.0 のサポートが含まれています。新しい 3.7.x バージョンを使用するようにクラスターを作成したり、既存のクラスターをアップグレードしたりできます。このバージョン命名の変更により、Apache Kafka コミュニティによってリリースされた 3.7.1 などの新しいパッチ修正バージョンを採用する必要がなくなりました。Amazon MSK は 3.7.x を自動的に更新して、将来のパッチバージョンが利用可能になるとサポートします。これにより、バージョンアップグレードをトリガーすることなく、パッチ修正バージョンで利用できるセキュリティとバグ修正のメリットを得ることができます。Apache Kafka によってリリースされたこれらのパッチ修正バージョンは、バージョンの互換性を破るものではなく、クライアントアプリケーションの読み取りまたは書き込みエラーを心配することなく、新しいパッチ修正バージョンの利点を得ることができます。などのインフラストラクチャ自動化ツールが CloudFormation、このバージョン命名の変更を考慮して更新されていることを確認してください。

Amazon MSK は、Apache Kafka バージョン 3.7.x で KRaft モード (Apache Kafka Raft) をサポートするようになりました。Amazon MSK では、 ZooKeeper ノードと同様に、KRaft コントローラーは追加料金なしで含まれ、追加のセットアップや管理は必要ありません。Apache Kafka バージョン 3.7.x では、KRaft モードまたは ZooKeeper モードでクラスターを作成できるようになりました。Kraft モードでは、Zookeeper ベースのクラスターの 30 ブローカークォータと比較して、制限の引き上げをリクエストすることなく、クラスターごとにより多くのパーティションをホストするために最大 60 のブローカーを追加できます。MSK での KRaft の詳細については、KRaft モード」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.7.x には、パフォーマンスを向上させるいくつかのバグ修正と新機能も含まれています。主な改善点には、クライアントのリーダー検出の最適化とログセグメントフラッシュの最適化オプションが含まれます。改善点とバグ修正の完全なリストについては、「3.7.0 の Apache Kafka リリースノート」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.6.0 (本番移行可能階層型ストレージ搭載)

Apache Kafka バージョン 3.6.0 (本番移行可能階層ストレージ) の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。

Amazon MSK は、安定性を保つため、このリリースでもクォーラム管理に ZooKeeper を引き続き使用および管理します。

Amazon MSK バージョン 3.5.1

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) が、新規および既存のクラスターで Apache Kafka バージョン 3.5.1 をサポートするようになりました。Apache Kafka 3.5.1 には、パフォーマンスを向上させるいくつかのバグ修正と新機能が含まれています。主な機能には、コンシューマー向けの新しいラック対応パーティション割り当ての導入が含まれます。Amazon MSK は、このリリースでもクォーラム管理のために Zookeeper を引き続き使用および管理します。改善とバグ修正の完全なリストについては、3.5.1 の Apache Kafka リリースノートを参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.5.1 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。

Amazon MSK バージョン 3.4.0

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) が、新規および既存のクラスターで Apache Kafka バージョン 3.4.0 をサポートするようになりました。Apache Kafka 3.4.0 には、パフォーマンスを向上させるいくつかのバグ修正と新機能が含まれています。主な機能には、最も近いレプリカから取得するための安定性を向上させる修正が含まれます。Amazon MSK は、このリリースでもクォーラム管理のために Zookeeper を引き続き使用および管理します。改善点とバグ修正の完全なリストについては、「3.4.0 の Apache Kafka リリースノート」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.4.0 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。

Amazon MSK バージョン 3.3.2

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) が、新規および既存のクラスターで Apache Kafka バージョン 3.3.2 をサポートするようになりました。Apache Kafka 3.3.2 には、パフォーマンスを向上させるいくつかのバグ修正と新機能が含まれています。主な機能には、最も近いレプリカから取得するための安定性を向上させる修正が含まれます。Amazon MSK は、このリリースでもクォーラム管理のために Zookeeper を引き続き使用および管理します。改善点とバグ修正の完全なリストについては、「3.3.2 の Apache Kafka リリースノート」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.3.2 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。

Amazon MSK バージョン 3.3.1

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) が、新規および既存のクラスターで Apache Kafka バージョン 3.3.1 をサポートするようになりました。Apache Kafka 3.3.1 には、パフォーマンスを向上させるいくつかのバグ修正と新機能が含まれています。主な機能には、メトリクスとパーティショナーの強化が含まれます。Amazon MSK は、安定性を保つため、このリリースでもクォーラム管理に ZooKeeper を引き続き使用および管理します。改善とバグ修正の完全なリストについては、「3.3.1 の Apache Kafka リリースノート」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.3.1 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。

Amazon MSK バージョン 3.1.1

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) が、新規および既存のクラスターで Apache Kafka バージョン 3.1.1 および 3.2.0 をサポートするようになりました。Apache Kafka 3.1.1 と Apache Kafka 3.2.0 には、パフォーマンスを向上させるいくつかのバグ修正と新機能が含まれています。主な機能には、メトリクスの強化やトピック IDs。MSK は、このリリースの安定性のために、クォーラム管理のために Zookeeper を引き続き使用および管理します。改善とバグ修正の完全なリストについては、3.1.1 および 3.2.0 の Apache Kafka リリースノートを参照してください。

Apache Kafka バージョン 3.1.1 および 3.2.0 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトの 3.2.0 リリースノート3.1.1 リリースノートを参照してください。

Amazon MSK 階層型ストレージバージョン 2.8.2.tiered

このリリースは、Apache Kafka バージョン 2.8.2 の Amazon MSK のみのバージョンであり、オープンソースの Apache Kafka クライアントと互換性があります。

2.8.2.tiered リリースには、Apache Kafka の KIP-405 で導入された API と互換性のある階層型ストレージ機能が含まれています。Amazon MSK 階層型ストレージ機能の詳細については、「階層型ストレージ」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 2.5.1

Apache Kafka バージョン 2.5.1 には、Apache および管理クライアントの転送中の暗号化など、いくつかのバグ修正 ZooKeeper と新機能が含まれています。Amazon MSK には TLS ZooKeeper エンドポイントが用意されており、 DescribeCluster オペレーションでクエリを実行できます。

DescribeCluster オペレーションの出力には、TLS ゾーンキーパーエンドポイントを一覧表示する ZookeeperConnectStringTlsノードが含まれます。

次の例は、DescribeCluster オペレーションの応答の ZookeeperConnectStringTls ノードを示しています。

"ZookeeperConnectStringTls": "z-3.awskafkatutorialc.abcd123.c3.kafka.us-east-1.amazonaws.com:2182,z-2.awskafkatutorialc.abcd123.c3.kafka.us-east-1.amazonaws.com:2182,z-1.awskafkatutorialc.abcd123.c3.kafka.us-east-1.amazonaws.com:2182"

zookeeper で TLS 暗号化を使用する方法については、「Apache での TLS セキュリティの使用 ZooKeeper」を参照してください。

Apache Kafka バージョン 2.5.1 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。

Amazon MSK のバグ修正バージョン 2.4.1.1

このリリースは、Apache Kafka バージョン 2.4.1 の Amazon MSK のみのバグ修正バージョンです。このバグ修正リリースには、KAFKA-9752の修正が含まれています。これは、コンシューマーグループが継続的にリバランスして PreparingRebalance 状態のままになるまれな問題です。この問題は、Apache Kafka バージョン 2.3.1 および 2.4.1 を実行しているクラスターに影響します。このリリースには、Apache Kafka バージョン 2.5.0 で利用可能なコミュニティで作成された修正が含まれています。

注記

バージョン 2.4.1.1 を実行している Amazon MSK クラスターは、Apache Kafka バージョン 2.4.1 と互換性のあるすべての Apache Kafka クライアントと互換性があります。

Apache Kafka 2.4.1 を使用する場合は、新しい Amazon MSK クラスターに MSK バグ修正バージョン 2.4.1.1 を使用することをお勧めします。Apache Kafka バージョン 2.4.1 を実行している既存のクラスターをこのバージョンに更新して、この修正を組み込むことができます。既存のクラスターのアップグレードについては、「Apache Kafka バージョンの更新」を参照してください。

クラスターをバージョン 2.4.1.1 にアップグレードせずにこの問題を回避するには、Amazon MSK クラスターのトラブルシューティング ガイドの コンシューマーグループが PreparingRebalance 状態から変化しない セクションを参照してください。

Apache Kafka バージョン 2.4.1 (代わりに 2.4.1.1 を使用)

注記

Apache Kafka バージョン 2.4.1 で MSK クラスターを作成することはできなくなりました。代わりに、Apache Kafka バージョン 2.4.1 と互換性のあるクライアントで Amazon MSK のバグ修正バージョン 2.4.1.1 を使用できます。また、Apache Kafka バージョン 2.4.1 を使用する MSK クラスターが既にある場合は、代わりに Apache Kafka バージョン 2.4.1.1 を使用するように更新することをお勧めします。

KIP-392 は、Apache Kafka の 2.4.1 リリースに含まれている主要な Kafka 改善提案の1つです。この改善により、コンシューマーは最も近いレプリカからフェッチできます。この機能を使用するには、コンシューマープロパティの client.rack をコンシューマーのアベイラビリティーゾーンの ID に設定します。AZ ID の例は use1-az1 です。Amazon MSK は、broker.rack をブローカーのアベイラビリティーゾーンの ID に設定します。また、replica.selector.class 設定プロパティを org.apache.kafka.common.replica.RackAwareReplicaSelector に設定する必要があります。これは、Apache Kafka が提供するラック認識の実装です。

Apache Kafka のこのバージョンを使用すると、PER_TOPIC_PER_BROKER モニタリングレベルのメトリクスは、その値が初めてゼロ以外になった後にのみ表示されます。詳細については、「PER_TOPIC_PER_BROKER レベルモニタリング」を参照してください。

アベイラビリティIDs、 AWS Resource Access Manager ユーザーガイドの「 リソースの AZ IDs」を参照してください。

設定プロパティの設定については、「Amazon MSK 設定」を参照してください。

KIP-392 の詳細については、Confluence ページの Allow Consumers to Fetch from Closest Replicaを参照してください。

Apache Kafka バージョン 2.4.1 の詳細については、Apache Kafka ダウンロードサイトのリリースノートを参照してください。