Amazon Neptune Engine バージョン 1.0.2.2 (2020-03-09) - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune Engine バージョン 1.0.2.2 (2020-03-09)

2020-03-09現在、一般的にエンジンバージョン1.0.2.2が展開されている。新しいリリースがすべてのリージョンで利用可能になるまでに数日かかります。

このリリースの後続のパッチリリース

このエンジンリリースの改良点

  • ロールバック中のトランザクションに関するステータス API に情報を追加しました。「インスタンスのステータス」を参照してください。

  • Apache TinkerPop のバージョンを 3.4.3 にアップグレードしました。

    バージョン3.4.3は、Neptune (3.4.1) でサポートされている以前のバージョンとの下位互換性があります。これは、動作のマイナーチェンジを1つ導入します。存在しないセッションを閉じようとすると、Gremlin はエラーを返さなくなりました (「」を参照)存在しないセッションを閉じるときにエラーが発生しないようにする).

  • Gremlin 全文検索ステップの実行におけるパフォーマンスのボトルネックを解消しました。

このエンジンリリースで修正された不具合

  • クエリでの空のグラフパターン処理における SPARQL バグを修正しました。

  • URL エンコードされたクエリのエンコードされていないセミコロンの処理における SPARQL バグを修正しました。

  • Union ステップで繰り返される頂点の処理における Gremlin のバグを修正しました。

  • .repeat() 内の .simplePath() または .cyclicPath() の一部のクエリが誤った結果を返す原因となっていた Gremlin のバグを修正しました。

  • 子トラバーサルがソリューションを返さなかった場合に、.project() が誤った結果を返す原因となっていた Gremlin バグを修正しました。

  • 読み取り/書き込みの競合によるエラーによって、ConcurrentModificationException ではなく InternalFailureException が発生していた Gremlin のバグを修正しました。

  • .group().by(...).by(values("property")) 失敗の原因となっていた Gremlin のバグを修正しました。

  • 全文検索ステップのプロファイル出力における Gremlin のバグを修正しました。

  • Gremlin セッションでのリソースリークを修正しました。

  • ステータス API が注文可能な正しいバージョンを報告できないバグを修正しました。

  • バルクロードリクエストで、Amazon S3 以外の場所への URL を許可するバルクローダーのバグを修正しました。

  • 詳細なロードステータスのバルクローダーのバグを修正しました。

このリリースでサポートされるクエリ言語バージョン

DB クラスターをバージョン 1.0.2.2 にアップグレードする前に、プロジェクトが次のクエリ言語バージョンと互換性があることを確認してください。

  • Gremlin バージョン: 3.4.3

  • SPARQL バージョン: 1.1

エンジンリリース 1.0.2.2 へのアップグレードパス

以前のリリースを、このリリースに手動でアップグレードできます。

クラスターの AutoMinorVersionUpgrade パラメータが True に設定されている場合、クラスターは、このリリース日から 2~3 週間後、メンテナンス期間中に自動的にこのエンジンリリースにアップグレードされます。

このリリースへのアップグレード

Amazon Neptune 1.0.2.2 が公開されました。

DB クラスターで、このリリースへのアップグレードパスがあるエンジンバージョンを実行している場合は、今すぐアップグレードできます。コンソールの DB クラスターオペレーションまたは SDK を使用して、対象となるクラスターをアップグレードできます。次の CLI コマンドは、適格なクラスターをただちにアップグレードします。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws neptune modify-db-cluster \ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) \ --engine-version 1.0.2.2 \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws neptune modify-db-cluster ^ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) ^ --engine-version 1.0.2.2 ^ --apply-immediately

更新は、DB クラスター内のすべてのインスタンスに同時に適用されます。更新では、これらのインスタンスでデータベースを再起動する必要があるため、20 ~ 30 秒間のダウンタイムが発生します。その後、DB クラスターの使用を再開できます。

エンジンバージョンのアップグレードの詳細については、「」を参照してください。Neptune エンジンの更新。ご質問やご不明点がございましたら、AWSSupport チームは、コミュニティフォーラムやコミュニティフォーラムからAWSPremium Support