OpsWorks エージェントの変更 - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

OpsWorks エージェントの変更

重要

AWS OpsWorks Stacks は新規顧客を受け付けなくなりました。既存のお客様は、2024 年 5 月 26 日までは OpsWorks コンソール、 API、 CLI、および CloudFormation リソースを通常どおり使用できますが、その時点でこれらのリソースは廃止されます。この移行に備えて、できるだけ早くスタックを AWS Systems Manager に移行することをおすすめします。詳細については、AWS OpsWorks Stacks サポート終了に関する FAQ および AWS Systems Manager アプリケーションマネージャへの AWS OpsWorks Stacks アプリケーションの移行 を参照してください。

Chef 12 エージェントリリース

次の表は、 AWS OpsWorks Stacks が管理するインスタンスにインストールする Chef 12 エージェントの重要な変更点を説明しています。

エージェントのバージョン 説明 リリース日
4042
  • このエージェントリリースには小さな変更のみが含まれており、新特徴量はない

2023 年 2 月 7 日
4041
  • このエージェントリリースには小さな変更のみが含まれており、新特徴量はない

  • Amazon CA 証明書の更新

2023 年 1 月 27 日
4040
  • このエージェントリリースには小さな変更のみが含まれており、新特徴量はない

2022 年 7 月 22 日
4039
  • Ubuntu AMI の ECS インテグレーションの修正

2020 年 4 月 30 日
4038
  • DST 変更中にインスタンス統計を送信するときのバグを修正

  • エージェントのダウンロードおよびインストール中に no_proxy 環境変数を優先

2020 年 3 月 5 日
4037
  • SigV4 を使用してリージョンなしで S3 URL へのリクエストに署名するためのサポートを追加

  • SigV2 を使用して S3 リクエストに署名するためのサポートを削除

2019 年 6 月 4 日
4035
  • ECS 設定中のバグを修正

  • インスタンスタイプ変更後の fstab エントリの重複を修正

2019 年 5 月 8 日
4033
  • Ubuntu 18.04 のサポートを追加

  • Amazon Linux 2 用のエージェントのインストール時のバグを修正

2018 年 11 月 26 日
4032
  • Amazon Linux 2 のサポートを追加

2018 年 10 月 24 日
4031
  • Amazon Linux 2018.03 のサポートを追加する

  • 別のアカウントでホストされているパブリック S3 アーカイブのサポート

2018 年 8 月 15 日
4030
  • c5d インスタンスのボリューム処理を修正

2018 年 5 月 31 日
4029
  • Ubuntu 14.04 に nvme-cli をインストール

  • c5 および m5 インスタンスでボリュームのマウントを修正

  • 再起動時に常にホスト名を保持

2018 年 5 月 2 日
4028
  • CentOS の monit 設定を修正

2018 年 3 月 20 日
4027
  • Ubuntu 14.04 上で NVMe ボリュームをマウントするサポート (nvme-cli が手動でインストールされている必要があります)

  • ボリュームに name プロパティは必要ではありません。

2018 年 2 月 17 日
4026
  • EBS ボリューム ID を使用した、NVMe ベースの EBS ボリュームのマウント

  • i3 インスタンスで EBS ボリュームのマウントを修正

  • c5 および m5 インスタンスで EBS ボリュームをマウントする順序を修正

2018 年 1 月 31 日
4025
  • NVMe デバイスの処理を修正

2017 年 13 月 12 日
4024
  • Amazon Linux 2017.09 のサポートを追加する

2017 年 5 月 12 日
4023
  • CloudWatch ログの統合のサポートを追加

2017 年 4 月 2 日
4022
  • Chef クライアントバージョンを 12.18.31 に更新する

2017 年 2 月 1 日
4021
  • プロキシ処理の向上

2016 年 12 月 16 日
4020
  • Chef クライアントバージョンを 12.16.42 に更新する

2016 年 12 月 8 日
4019
  • エージェントのインストール中のソースプロキシ変数

  • Red Hat Enterprise Linux 7 では systemd の代わりに monit を使用する

  • Red Hat Enterprise Linux 7 で EPEL をセットアップしない

  • プロセスをロックするために flock ではなく lockrun.c を使用する

  • ps -p1 を確認するときの systemd の異常な出力を回避する

2016 年 10 月 19 日
4018
  • Chef クライアントバージョンを 12.13.37 に更新する

  • Amazon Linux 2016.09 のサポートを追加する

2016 年 8 月 25 日
4017
  • Chef クライアントバージョンを 12.12.15 に更新する

2016 年 8 月 10 日
4016
  • monit が使用されていないシステムのエージェントのアンインストールを修正します

2016 年 6 月 23 日
4015
  • Amazon Linux 2016.03 の ECS 設定を固定する

2016 年 6 月 17 日
4011
  • Chef クライアントバージョンを 12.10.24 に更新する

  • ログのアップロード処理を向上させる

2016 年 5 月 19 日
4008
  • Amazon Linux 2016.03 のサポートを追加する

  • バンドルインストールにタイムアウトを追加する

  • xfs が存在する場合は /etc/filesystems に追加する

2016 年 3 月 16 日
4007
  • Chef クライアントバージョンを 12.7.2 に更新する

  • オンプレミスインスタンス用のエラー処理を向上させる (AWS 外でホストされるサーバー)

  • 最新 chef-sugar との互換性を向上させる

  • デプロイのアーカイブのダウンロードを再試行する

2016 年 3 月 4 日
4006
  • Chef クライアントバージョンを 12.6.0 に更新する

  • エージェントインストールに libxml2-devel/libxml2-dev パッケージと libxslt-devel/libxslt-dev パッケージをインストールしない

2016 年 1 月 21 日
4005
  • ec2 インフラストラクチャ用 Ohai で常に ec2 データを有効化することで ec2 インポートを固定する

2015 年 12 月 17 日
4004
  • Chef 12 Linux- Chef Client 12.5.1 の AWS OpsWorks スタックサポート

2015 年 12 月 3 日

Chef 11.10 エージェントリリース

次の表は、 AWS OpsWorks Stacks が管理するインスタンスにインストールする Chef 11.10 エージェントの重要な変更点を説明しています。

エージェントのバージョン 説明 リリース日
3456
  • このエージェントリリースには小さな変更のみが含まれており、新特徴量はない

  • Amazon CA 証明書の更新

2023 年 1 月 27 日
3455
  • このエージェントリリースには小さな変更のみが含まれており、新特徴量はない

2022 年 11 月 1 日
3454
  • Ubuntu AMI の ECS インテグレーションの修正

2020 年 4 月 28 日
3453
  • DST 変更中にインスタンス統計を送信するときのバグを修正

  • RHEL7 セットアップでパッケージが不足しているバグを修正

  • エージェントのダウンロードおよびインストール中に no_proxy 環境変数を優先

2020 年 3 月 5 日
3452
  • us-east-1 の場合、Amazon S3 仮想パス URL からそのリージョンを除外

  • 内部クックブックを抽出してステージのリージョン固有のバケットにアップロード

  • Chef 11.10 の fstab エントリを修正

  • S3 に対する SigV2 の使用を削除し、リクエストでバケットのリージョンを取得

2019 年 8 月 13 日
3451
  • Ruby 2.6.1 のサポートを追加

2019 年 3 月 20 日
3450
  • デフォルトの EBS 属性を修正

  • Amazon Linux 2 用の CloudWatchLogs エージェントのインストールを修正

  • 2.6.14 より新しいバージョンの rubygem 用のバンドラーのインストールを修正

  • パブリック S3 アーカイブのサポートを修正

2018 年 12 月 3 日
3449
  • c5d インスタンスのボリューム処理を修正

  • NVMe デバイスインスタンスの RAID アレイのサポートを修正

2018 年 6 月 5 日
3448
  • Ruby のデフォルト 2.3 バージョンを 2.3.7 にアップグレード

  • Ubuntu 14.04 インスタンスの NVMe ベースのインスタンスにマウントされた EBS ボリュームの修正

  • 別のアカウントでホストされている公開 Amazon S3 アーカイブをサポートします

  • Red Hat Enterprise Linux インスタンスにおける opsworks-agent 起動時の問題を修正

2018 年 5 月 8 日
3447
  • EBS ボリューム ID を使用した、NVMe ベースの EBS ボリュームのマウント

  • i3 インスタンスで EBS ボリュームのマウントを修正

  • c5 および m5 で EBS ボリュームをマウントする順序を修正

  • Ruby のデフォルト 2.3 バージョンを 2.3.6 に更新

2018 年 1 月 31 日
3446
  • NVMe デバイスの処理を修正

  • Ruby のデフォルト 2.3 バージョンを 2.3.5 に更新

2017 年 12 月 14 日
3445
  • Amazon Linux 2017.09 のサポートを追加する

  • Ruby のデフォルト 2.2 バージョンを 2.2.8 に更新

2017 年 10 月 31 日
3444
  • CloudWatch ログのサポートを追加します

2017 年 4 月 1 日
3443
  • プロキシ処理の向上

2016 年 12 月 15 日
3442
  • Ruby のデフォルト 2.3 バージョンを 2.3.3 に更新

  • Ruby のデフォルト 2.2 バージョンを 2.2.6 に更新

2016 年 6 月 12 日
3441
  • エージェントのインストール中のソースプロキシ変数

2016 年 10 月 21 日
3440
  • Amazon Linux 2016.09 のサポートを追加する

2016 年 9 月 13 日
3439
  • 小さな変更。新機能はありません

2016 年 7 月 29 日
3438
  • Ruby 2.3.1 のサポートを追加

  • IAM インスタンスプロファイルの認証情報によるインスタンスの登録の改善

  • s3curl.pl の残りを削除

  • Amazon Linux 2016.03 の ECS 設定を固定する

2016 年 6 月 17 日
3437
  • Ruby のデフォルト 2.2 バージョンを 2.2.5 に更新

2016 年 5 月 4 日
3436
  • Red Hat Enterprise Linux の EPEL URL のアップデート 重要: この変更なしでは、Red Hat Enterprise Linux インスタンスの起動は失敗します。

2016 年 4 月 18 日
3435
  • Ruby のデフォルト 2.1 バージョンを 2.1.9 に更新

  • Amazon S3 とアーカイブのデプロイメントの処理を改善します

2016 年 4 月 6 日
3434
  • Amazon Linux 2016.03 のサポートを追加する

  • パッケージのインストールの再試行

2016 年 3 月 16 日
3433
  • オンプレミスインスタンスにおけるいくつかの改善 (AWS 外でホストされるサーバー)

  • 最新 との互換性を向上させるchef-sugar

  • デプロイのアーカイブのダウンロードを再試行する

  • Ruby gem のインストール URL の修正

2016 年 2 月 27 日
3432
  • バケット名で特殊文字を処理する改善

  • s3_file をバージョン 2.6.6 に更新

  • 指定されたマウントポイントがないボリュームのスキップ

  • 停止して開始する代わりに、常に unicorn を再起動して、デプロイ中のダウンタイムを防止する

  • setup コマンドで常にカスタムクックブックを更新する

  • RAID アレイを作成した後で initramfs を更新して、再起動時のマッピング問題を防止する

2016 年 1 月 20 日
3431
  • Rails レイヤーにおける passenger および unicorn gem のインストール問題が修正されました

  • Ruby の デフォルト 2.0、2.1 および 2.2 バージョンを 2.0.0p648、2.1.8 および 2.2.4 に更新

  • postgres パッケージ名がカスタム JSON で設定されることが可能

  • Node.js のデフォルトバージョンを 0.12.9 に更新

2015 年 12 月 22 日
3430
  • 小さな変更。新機能はありません

2015 年 11 月 25 日
3429
  • OpsWorks エージェントのデーモン化の改善 (stdout/stderr を閉じる)

  • s3_file リソースの堅牢性の向上 (再試行、キャッチされた例外)

2015 年 18 月 11 日
3428
  • Gemfile に基づく postgres アダプタ検出の追加によって、https://github.com/aws/opsworks-cookbooks/issues/136 を修正

2016 年 6 月 17 日
3427
  • エージェントでにおける認証情報の取得に関する問題を修正しました

  • Ruby の デフォルト 2.0、2.1 および 2.2 バージョンを 2.0.0p647、2.1.7 および 2.2.3 に更新

2015 年 9 月 11 日
3426
  • aws-sdk を 1.65.0 に更新しました

  • s3curls3_file cookbook に置き換えることで、 Amazon S3 からのダウンロードを改善します

  • Node.js のデフォルトバージョンを 0.12.7 に変更

  • Node.js アプリにログ記録が追加されました。STDERR および STDOUT が shared/log ディレクトリにログされ、ローテーションされました

  • カスタムクックブックのサブモジュールが明示的に更新をチェックアウトするようになりました

  • deploy ディレクトリが作成される前にバインドのマウントが実行されたことを確認する https://github.com/aws/opsworks-cookbooks/issues/213 の回避策が追加されました

2015 年 8 月 27 日
3425
  • Amazon Linux および Ubuntu への ECS のサポート

2015 年 7 月 27 日
3424
  • 小さな変更。新機能はありません

2015 年 7 月 9 日
3422
  • Red Hat Enterprise Linux 7 の完全サポート

  • /etc/hosts 世代のエラーに対する回復力を高めました

2015 年 6 月 29 日
3421
  • Red Hat Enterprise Linux 7 のデータベースパッケージ名の上書きオプション

  • systemdkill 信号を monit によってモニタリングされるプロセスに送信することを回避するために、 monit systemd 設定が更新されました。

2015 年 6 月 11 日