AWS OpsWorks
ユーザーガイド (API バージョン 2013-02-18)

AWS OpsWorks とは

AWS OpsWorks は、Puppet または Chef を使用して、クラウドエンタープライズでアプリケーションを設定および運用するための設定管理サービスです。AWS OpsWorks スタックおよび AWS OpsWorks for Chef Automate を使用して、Chef クックブックとソリューションを設定管理に使用できます。また、OpsWorks for Puppet Enterprise を使用すると AWS 内で Puppet Enterprise マスターサーバーを設定できます。Puppet は、インフラストラクチャの目的の状態の強化、およびオンデマンドタスクの自動化のための、一連のツールを提供します。

AWS OpsWorks サービス

AWS OpsWorks for Puppet Enterprise

OpsWorks for Puppet Enterprise を使用して、AWS マネージド Puppet マスターサーバーを作成できます。Puppet マスターは、インフラストラクチャ内のノードを管理し、それらのノードに関する情報を保存し、Puppet モジュールの中央リポジトリとして機能します。モジュールは、インフラストラクチャの設定方法に関する手順が格納された Puppet コードの再利用および共有が可能なユニットです。Puppet Forge からコミュニティモジュールをダウンロードすることも、Puppet 開発キットを使用して独自のカスタムモジュールを作成することもできます。その後、Puppet Code Manager を使用してデプロイを管理できます。

OpsWorks for Puppet Enterprise は、フルマネージド型 Puppet マスターを提供します。これは自動化ツールのスイートであり、アプリケーションの検査、配信、運用、および今後の対応を実行できます。また、ユーザーインターフェイスにアクセスしてノードや Puppet のアクティビティに関する情報を確認できます。OpsWorks for Puppet Enterprise を使用すると、Puppet を使用して、Amazon EC2 インスタンスやオンプレミスデバイスにあるノードの設定、デプロイ、管理方法を自動化できます。OpsWorks for Puppet Enterprise マスターは、ソフトウェアおよびオペレーティングシステムの設定、パッケージのインストール、データベースのセットアップ、変更管理、ポリシーの適用、モニタリング、および品質保証などのタスクを処理する全スタック自動化を提供します。

OpsWorks for Puppet Enterprise では Puppet Enterprise ソフトウェアが管理されるため、ユーザーが選択した時間に自動的にサーバーをバックアップでき、サーバーでは常に最新の AWS 対応バージョンの Puppet が実行され、常に最新のセキュリティ更新プログラムが適用されています。新しい Amazon EC2 Auto Scaling グループを使用して、新しい Amazon EC2 ノードを自動的にサーバーと関連付けることができます。

AWS OpsWorks for Chef Automate

AWS OpsWorks for Chef Automate により、Chef Automate のプレミアム機能が含まれる AWS によって管理される Chef サーバーを作成でき、Chef DK など Chef ツールを使用してそれらを管理できるようになります。Chef サーバーは、環境内のノードを管理し、それらのノードに関する情報を保存し、Chef クックブックの中央リポジトリとして機能します。クックブックには、Chef を使用して管理する各ノードに対して Chef Infra クライアント (chef-client) エージェントによって実行されるレシピが含まれています。knifeTest Kitchen などの Chef ツールを使用して、AWS OpsWorks for Chef Automate サービスの Chef サーバー上でノードおよびクックブックを管理できます。

Chef Automate は、継続的デプロイおよびコンプライアンスチェックのための自動化ワークフローを提供する、付属のサーバーソフトウェアパッケージです。AWS OpsWorks for Chef Automate では Amazon Elastic Compute Cloud の 1 つのインスタンスを使用して、Chef Automate、Chef Infra、Chef InSpec がインストールされて管理されます。AWS OpsWorks for Chef Automate を使用すると、AWS OpsWorks に固有の変更を行うことなく、コミュニティ作成またはカスタムの Chef クックブックを使用できます。

AWS OpsWorks for Chef Automate では 1 つのインスタンスで Chef Automate コンポーネントが管理されるため、お客様が選択した時間に自動的にサーバーをバックアップでき、サーバーでは常に最新のマイナーバージョンの Chef が実行され、常に最新のセキュリティ更新プログラムが適用されています。新しい Amazon EC2 Auto Scaling グループを使用して、新しい Amazon EC2 ノードを自動的にサーバーに関連付けることができます。

AWS OpsWorks スタック

クラウドベースのコンピューティングには通常、EC2 インスタンスや Amazon Relational Database Service (RDS) インスタンスなどの AWS リソースのグループが関与します。たとえば、ウェブアプリケーションでは通常、アプリケーションサーバー、データベースサーバー、ロードバランサー、その他のリソースが必要です。このインスタンスのグループは通常、スタックと呼ばれます。

オリジナルのサービスである AWS OpsWorks スタックでは、スタックとアプリケーションを作成および管理するためのシンプルで柔軟な方法が提供されています。AWS OpsWorks スタックによって、スタック内のアプリケーションをデプロイおよびモニタリングできます。レイヤーと呼ばれる、特別なグループ内のクラウドリソースの管理に役立つスタックを作成できます。レイヤーは、アプリケーションへのサービス提供やデータベースサーバーのホスティングなどの特定の目的を果たす一連の EC2 インスタンスを表します。レイヤーでは、Chef レシピに基づいて、インスタンスへのパッケージのインストール、アプリケーションのデプロイ、スクリプトの実行などのタスクが処理されます。

AWS OpsWorks for Chef Automate とは異なり、AWS OpsWorks スタックでは Chef サーバーは不要であり、Chef サーバーは作成されません。AWS OpsWorks スタックは Chef サーバーの機能の一部を実行します。AWS OpsWorks スタックは、インスタンスのヘルスチェックをモニタリングし、自動ヒーリングおよび Auto Scaling を使用して、必要な場合に新しいインスタンスのプロビジョンを実行します。シンプルなアプリケーションサーバースタックの例を次の図に示します。

このページの内容: