AWS OpsWorks
ユーザーガイド (API バージョン 2013-02-18)

スタック設定およびデプロイ属性: Linux

このトピックでは、最もよく使われるスタック設定およびデプロイ属性と、関連するノード構文を紹介します。これは、Linux スタックにより使用されるスタック設定名前空間構造により整理されています。同じ属性名が異なる目的で使用され、異なる名前空間で発生する場合があることに注意してください。たとえば、id は スタック ID、Layer ID、アプリケーション ID などを示すことができるため、この属性値を使用するには完全修飾名が必要です。このデータは、JSON オブジェクトとして視覚化するのが便利です。例については、「スタック設定およびデプロイメント属性」を参照してください。

注記

Linux インスタンスで、AWS OpsWorks スタックはデータをノードオブジェクトに追加するだけでなく、この JSON オブジェクトを各インスタンスにインストールします。これは、エージェント CLI の get_json コマンドを使用して取得できます。