AWS OpsWorks ドキュメント履歴 - AWS OpsWorks

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS OpsWorks ドキュメント履歴

変更 Description 日付

スタックを EC2-Classic から VPC に移行するAWS OpsWorks Stacks

スタックを EC2-Classic から VPC に移行する方法を説明するドキュメントが追加されました。AWS OpsWorks Stacks

September 29, 2020

および AWS OpsWorks for Chef Automate 用のスターターキットを再生成するAWS OpsWorks for Puppet Enterprise

または AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーのスターターキットを再生成する方法を説明するドキュメントが追加されました。AWS OpsWorks for Puppet Enterprise

July 29, 2020

AWS OpsWorks for Puppet Enterprise では、カスタムドメイン、証明書、およびプライベートキーを使用するサーバーを作成できます。

カスタムドメイン、証明書、プライベートキーを使用する OpsWorks for Puppet Enterprise サーバーを作成できるようになりました。既存のサーバーのバックアップからサーバーを作成することで、カスタムドメインを使用するように既存の Puppet Enterprise サーバーを更新できます。

April 17, 2020

AWS OpsWorks for Chef Automate および AWS OpsWorks for Puppet Enterprise は、コンソールでのタグ付けをサポートするようになりました

AWS マネジメントコンソール または AWS CLI を使用して、AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーや AWS OpsWorks for Puppet Enterprise マスター、またはサーバーのバックアップにタグを追加できるようになりました。詳細については、「タグを使用する (Chef)」または「タグを使用する (Puppet)」を参照してください。

February 26, 2020

既存の Chef Automate 1 サーバーから Chef Automate 2 へのアップグレードを AWS OpsWorks for Chef Automate で簡素化

Chef Automate 1 を実行している適切な AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーを Chef Automate 2 にアップグレードするには、コンソールでサーバーの詳細ページの [Start upgrade] を選択するか、StartMaintenance API アクションを実行します。詳細については、「AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーを Chef Automate 2 にアップグレードする」を参照してください。

January 24, 2020

AWS OpsWorks for Chef Automate および AWS OpsWorks for Puppet Enterprise

AWS OpsWorks CM (AWS OpsWorks for Chef Automate および AWS OpsWorks for Puppet Enterprise) のセキュリティに関する新しい章をガイドに追加しました。

December 23, 2019

AWS OpsWorks for Chef Automate および AWS OpsWorks for Puppet Enterprise がタグ付けをサポート

を使用して、AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーや AWS OpsWorks for Puppet Enterprise マスター、またはサーバーのバックアップにタグを追加できるようになりました。AWS CLIAWS OpsWorksCM はタグベースの認証をサポートするようになりました。

December 18, 2019

AWS OpsWorks for Chef Automate では、カスタムドメイン、証明書、およびプライベートキーを使用するサーバーを作成できます。

カスタムドメイン、証明書、およびプライベートキーを使用する AWS OpsWorks for Chef Automate 2.0 サーバーを作成できるようになりました。既存のサーバーのバックアップからサーバーを作成することで、既存の Chef Automate 2.0 サーバーをカスタムドメインを使用するように更新できます。

October 22, 2019

AWS OpsWorks Stacks で、Ruby 2.6.1 をサポート

AWS OpsWorks Stacks で、Chef 11.10 スタックの Rails App Server レイヤー上の Ruby 2.6.1 をサポートするようになりました。

May 2, 2019

AWS OpsWorks for Chef Automate で、Chef Automate 2.0 をサポート

新しい AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーは Chef Automate 2.0 を実行します。これには、Chef InSpec の更新、コンプライアンスのスキャンとレポートの新機能、Chef Infra が含まれます。

April 30, 2019

AWS OpsWorks for Chef Automate および AWS OpsWorks for Puppet Enterprise

AWS CloudFormation を使用して AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーまたは AWS OpsWorks for Puppet Enterprise マスターサーバーを作成できるようになりました。

January 24, 2019

AWS OpsWorks スタック

AWS OpsWorks スタックでは、Chef 12 スタックで Ubuntu 18.04 LTS を実行しているインスタンスがサポートされるようになりました。

December 18, 2018

AWS OpsWorks for Puppet Enterprise

CodeCommit を使用するコントロールリポジトリへの SSH ベースの接続をセットアップするための手順を追加しました。

December 3, 2018

AWS OpsWorks スタック

AWS OpsWorks スタックでは、Chef 12 スタックで Amazon Linux 2 を実行しているインスタンスがサポートされるようになりました。

November 15, 2018

AWS OpsWorks スタック

AWS OpsWorks スタックでは、Chef 11.10 スタックで Amazon Linux 2018.03 を実行しているインスタンスがサポートされるようになりました。

October 23, 2018

AWS OpsWorks スタック

AWS OpsWorks スタックでは、Chef 12 スタックで Amazon Linux 2018.03 を実行しているインスタンスがサポートされるようになりました。

August 23, 2018

AWS OpsWorks for Chef Automate および OpsWorks for Puppet Enterprise

OpsWorks for Puppet Enterprise は PE 2018.1.2 にアップグレードされました。AWS OpsWorks for Chef Automate は Chef Automate 1.8.68 にアップグレードされました。

June 29, 2018

  • AWS OpsWorks for Chef Automate および OpsWorks for Puppet Enterprise API バージョン: 2016-11-01

  • AWS OpsWorks スタックの API バージョン: 2016-03-08

  • ドキュメント最新更新日: 2020 年 12 月 4 日

以前の更新

次の表に、2018 年 6 月以前の AWS OpsWorks ユーザーガイドの各リリースにおける重要な変更点を示します。

説明 日付
Windows ベースのスタック用の AWS OpsWorks スタック Chef バージョンが 12.22 に、Ruby バージョンが 2.3.6 に更新されました。 2018 年 4 月 19 日
AWS CLI を使用した AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーまたは OpsWorks for Puppet Enterprise マスターの作成に新しい手順が加わりました。 2018 年 3 月 23 日
Chef Automate バージョンを 1.8 に更新しました。opsworks-audit クックブックを追加し Chef Compliance セットアップを簡素化しました。 2018 年 3 月 5 日
Amazon CloudWatch Events の AWS OpsWorks スタックイベントにサポートを追加しました。 2018 年 2 月 20 日
スタックの新しい EBS ボリュームタイプと新しい API、AWS OpsWorks のサポートが追加されました。DescribeOperatingSystems 2018 年 1 月 25 日
OpsWorks for Puppet Enterprise と AWS OpsWorks for Chef Automate がサーバー作成時にセキュリティグループの複数選択をサポートするようになりました。 2018 年 1 月 18 日
欧州 (パリ) リージョン に AWS OpsWorks スタックのサポートが追加されました。 2017 年 12 月 19 日
6 つの追加リージョンで AWS OpsWorks for Chef Automate および OpsWorks for Puppet Enterprise のサポートが追加されました。また、AWS マネジメントコンソール での AWS OpsWorks for Chef Automate および OpsWorks for Puppet Enterprise サーバーのバックアップの作成手順が追加されました。 2017 年 18 月 12 日
新規 OpsWorks for Puppet Enterprise サービスとドキュメントを追加しました。 2017 年 11 月 16 日
AWS OpsWorks スタックに Amazon Linux 2017.09 のサポートが追加されました。 2017 年 11 月 7 日
AWS OpsWorks for Chef Automate に Chef Compliance のサポートが追加されました。 2017 年 10 月 25 日
AWS OpsWorks for Chef Automate に Amazon Linux 2017.09 のサポートが追加されました。 2017 年 10 月 9 日
AWS OpsWorks for Chef Automate の小児システムメンテナンストピックが追加されました。 2017 年 7 月 28 日
AWS OpsWorks スタックにタグのサポートが追加されました。 2017 年 6 月 6 日
CloudWatch Logs との統合が追加されました。 2017 年 4 月 10 日
新規 AWS OpsWorks for Chef Automate サービスとドキュメントを追加しました。 2016 年 12 月 1 日
米国東部 (オハイオ) リージョン リージョンのエンドポイントのサポートを追加。 2016 年 10 月 12 日
Amazon Linux 2016.09 オペレーティングシステムを実行するスタックとインスタンスのサポートが追加されました。 2016 年 9 月 30 日
アジアパシフィック (ソウル) リージョン と 9 つの追加リージョンエンドポイントのサポートを追加しました。 2016 年 8 月 15 日
組み込み Layer で Node.js 0.12.15 と Ruby 2.3 のサポートが追加されました。 2016 年 7 月 6 日
アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン のサポートが追加されました。 2016 年 6 月 28 日
7 オペレーティングシステムを実行するスタックとインスタンスのサポートが追加されました。CentOS 2016 年 6 月 22 日
CodePipeline と AWS OpsWorks スタックの統合を説明するウォークスルーが追加されました。 2016 年 6 月 2 日
Ubuntu 16.04 LTS オペレーティングシステムを実行するスタックとインスタンスのサポートが追加されました。 2016 年 6 月 1 日
Chef 12 Linux のサポートと関連ドキュメントを追加しました。 2015 年 12 月 3 日
「ご利用開始にあたって」に Node.js walkthrough を追加しました。 2015 年 7 月 14 日
2 つの新しいクックブックの例をクックブック 101 に追加しました。 2015 年 7 月 14 日
エージェントバージョン管理のサポートを追加しました。 2015 年 6 月 23 日
エージェントバージョンを管理するためのサポートを追加しました。 2015 年 6 月 24 日
カスタム Windows AMIs のサポートが追加されました。 2015 年 6 月 22 日
ベストプラクティスに関する新しいトピックを 3 つ追加しました。 2015 年 6 月 11 日
Windows スタックのサポートが追加されました。 2015 年 5 月 18 日
ベストプラクティスに関する章を追加しました。 2014 年 12 月 15 日
Elastic Load Balancing のConnection Drainingとカスタム Shutdown タイムアウトのサポートが追加されました。 2014 年 12 月 15 日
AWS OpsWorks スタックの外部で作成されるインスタンスの登録に対するサポートを追加しました。 2014 年 12 月 9 日
Amazon SWF のサポートが追加されました。 2014 年 9 月 4 日
アプリケーションへの環境変数の関連付けのサポートと、増補したクックブック 101 を追加しました。 2014 年 7 月 16 日
クックブックを実装するチュートリアルの説明である、クックブック 101 を追加しました。 2014 年 7 月 16 日
CloudTrail のサポートが追加されました。 2014 年 6 月 4 日
Amazon RDS のサポートが追加されました。 2014 年 5 月 14 日
Chef 11.10 と Berkshelf のサポートが追加されました。 2014 年 3 月 27 日
Amazon EBS PIOPS ボリュームのサポートが追加されました。 2013 年 12 月 16 日
リソースベースの権限が追加されました。 2013 年 12 月 5 日
リソース管理が追加されました。 2013 年 10 月 7 日
VPCs のサポートが追加されました。 2013 年 8 月 29 日
カスタムの AMIs と Chef 11.4 のサポートが追加されました。 2013 年 7 月 24 日
インスタンスごとに複数の Layer のコンソールサポートが追加されました。 2013 年 7 月 1 日
Amazon EBS-backed インスタンス、Elastic Load Balancing、および Amazon CloudWatch 監視のサポートが追加されました。 2013 年 5 月 14 日
AWS OpsWorks スタックユーザーガイドの初回リリース。 2013 年 2 月 18 日