のスターターキットを再生成するAWS OpsWorks for Chef Automateサーバ - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のスターターキットを再生成するAWS OpsWorks for Chef Automateサーバ

スターターキットAWS OpsWorks for Chef Automate例を含む README ファイルが含まれています。knife.rbコンフィギュレーションファイル、およびプライマリユーザーまたは主要ユーザー用のプライベートキー。スターターキットをダウンロードするごとに、新しいkey pair が生成され、以前のキーはリセットされます。スターターキットを再生成してAWS OpsWorks for Chef Automateサーバーには、次の 2 つの方法があります。

  • 左AWS OpsWorksコンソール、上のアクションの詳細ページのメニューAWS OpsWorks for Chef Automateserver です。以前の主要キーを再生成してリセットするかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

  • コマンドを実行するAWS CLI。

スターターキットの使用方法の詳細については、「」を参照してください。スターターキットを使用して Chef サーバーを設定する

再生成するAWS OpsWorks for Chef AutomateスターターキットAWS CLI

注記

スターターキットを再生成するときに、Chef Automate サーバーの認証key pair を再生成してリセットし、現在のkey pair を削除します。

次のコマンドを実行して、スターターキットを再生成します。update-server-engine-attributesコマンド。でAWS CLIセッションで、コマンドを実行します。サーバ名をの値として指定します。--server-name。独自の公開鍵をの値として設定するにはCHEF_AUTOMATE_PIVOTAL_KEYで、パブリックキーの値を指定します。--attribute-value。それ以外の場合は、に設定します。--attribute-valuenull にします。

aws opsworks-cm update-server-engine-attributes \ --server-name server_name \ --attribute-name "CHEF_AUTOMATE_PIVOTAL_KEY" \ --attribute-value your_public_key

次のコマンドは、サーバーの管理者が使用する公開キー値を指定する例です。

aws opsworks-cm update-server-engine-attributes \ --server-name your-test-server \ --attribute-name "CHEF_AUTOMATE_PIVOTAL_KEY" \ --attribute-value "-----BEGIN PUBLIC KEY-----ExamplePublicKey-----END PUBLIC KEY-----"

サンプルコマンドを次に示します。AWS OpsWorks for Chef Automateパブリックキーを再生成します。

aws opsworks-cm update-server-engine-attributes \ --server-name your-test-server \ --attribute-name "CHEF_AUTOMATE_PIVOTAL_KEY" \ --attribute-value null

このコマンドの出力は、サーバに関する情報と base64 エンコードされた ZIP ファイルです。ZIP ファイルには、README、構成ファイル、および必要な RSA 秘密キーを含む Chef スターターキットが含まれています。このファイルを保存し、解凍し、ファイルの内容を解凍したディレクトリに移動します。このディレクトリから、knifeコマンド。