ステップ 6: アプリケーションのデプロイと実行 - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 6: アプリケーションのデプロイと実行

この例では、Redis を使用する Ruby on Rails アプリケーションがあることを前提としています。設定ファイルにアクセスするには、次のように、redisconfig/initializers/redis.rb gem を Gem ファイルに追加し、Rails 初期化子を作成します。

REDIS_CONFIG = YAML::load_file(Rails.root.join('config', 'redis.yml')) $redis = Redis.new(:host => REDIS_CONFIG['host'], :port => REDIS_CONFIG['port'])

その後アプリの作成を使用してアプリケーションを表し、デプロイを Rails App Server Layer のインスタンスに追加します。これにより、アプリケーションコードが更新され、generate.rbをクリックして、設定ファイルを生成します。アプリケーションを実行すると、ElastiCache Redis インスタンスがメモリ内キー値ストアとして使用されます。