IAM ユーザーのパブリック SSH キーの登録 - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

IAM ユーザーのパブリック SSH キーの登録

ユーザーのパブリック SSH キーを登録するには、次の 2 つの方法があります。

  • 管理ユーザーが、1 人または複数のユーザーにパブリック SSH キーを割り当て、そのユーザーに対応するプライベートキーを提供します。

  • 管理ユーザーが、1 人または複数のユーザーの自己管理機能を有効にします。

    その後、これらのユーザーは自身のパブリック SSH キーを指定できるようになります。

自己管理機能を有効にする方法や、管理ユーザーが他のユーザーにパブリックキーを割り当てる方法の詳細については、「ユーザー設定の編集」を参照してください。

PuTTY 端末で SSH を使用して Linux ベースのインスタンスに接続するには、追加ステップが必要です。詳細については、AWS ドキュメントの「PuTTY を使用した Windows から Linux インスタンスへの接続」および「インスタンスへの接続に関するトラブルシューティング」を参照してください。

以下では、自己管理機能が有効化されている IAM ユーザーがパブリックキーを指定する方法について説明します。

SSH パブリックキーを指定するには

  1. SSH キーペアを作成します。

    最も簡単なアプローチは、キーペアをローカルに生成する方法です。詳細については、「独自のキーを作成して Amazon EC2 にインポートする方法」を参照してください。

    注記

    PuTTYgen を使用してキーペアの作成する場合は、[Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file] ボックスからパブリックキーをコピーします。[Save Public Key] をクリックすると、パブリックキーは MindTerm でサポートされない形式で保存されます。

  2. 自己管理機能が有効化されている IAM ユーザーとして AWS OpsWorks Stacks コンソールにサインインします。

    重要

    アカウントの所有者または自己管理機能が有効化されていない IAM ユーザーとしてサインインした場合、AWS OpsWorks Stacks ではマイ設定。管理ユーザーまたはアカウント所有者である場合は、代わりに [Users] ページに移動して​ユーザー設定を編集する​ことで、SSH キーを指定できます。

  3. Selectマイ設定。これには、サインインしている IAM ユーザーの設定が表示されます。

    
                         OpsWorks ダッシュボードの [My Settings] リンク
  4. [My Settings] ページで、[Edit] をクリックします。

    
                         [My Settings] ページの [Edit] ボタン
  5. [Public SSH Key] ボックスで、SSH パブリックキーを入力し、[Save] をクリックします。

    
                         [My Settings] ページの [Public SSH Key] ボックス
重要

組み込みの MindTerm SSH クライアントを使用して Amazon EC2 インスタンスに接続するには、ユーザーが IAM ユーザーとしてサインインしており、AWS OpsWorks Stacks にパブリック SSH キーが登録されている必要があります。詳細については、「組み込みの MindTerm SSH クライアントの使用」を参照してください。