AI services opt-out ポリシー - AWS Organizations

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AI services opt-out ポリシー

すべてのポリシータイプに共通の情報と手順については、以下のトピックを参照してください。

、AWS、Amazon CodeGuru Profiler、Amazon Comprehend、Amazon Lex、Amazon Polly、Amazon Rekognition、および Amazon Textract を含む特定の Amazon Transcribe 人工知能 (AI) サービスは、これらのサービスによって処理されたお客様のコンテンツを保存および使用して、Amazon AI サービスおよびテクノロジーの開発と継続的な改善を行うことがあります。Amazon Translateのお客様は、コンテンツの保存または使用のオプトアウトをサービスの改善のために選択できます。AWS組織が使用する AWS アカウントごとにこの設定を個別に設定するのではなく、組織のメンバーであるすべてのアカウントで設定を選択する組織ポリシーを設定できます。個別の AI サービス、または一度にすべての対象サービスに対して、コンテンツストレージおよび の使用を無効にすることができます。各アカウントに適用される有効なポリシーをクエリして、設定の選択内容の効果を確認できます。

重要
  • サービスにオプトインまたはオプトアウトの設定を指定すると、その設定はグローバルになり、すべての AWS リージョンに適用されます。1 つの AWS リージョン内から値を設定すると、他のすべてのリージョンにレプリケートされます。

  • AI サービスによるコンテンツの使用をオプトアウトすると、オプションを設定する前に保存された関連する履歴コンテンツがすべて削除されます。AWS

ポリシーの開始方法AI services opt-out

ポリシーの使用を開始するには、次の手順に従います。人工知能 (AI) サービスのオプトアウト

これらすべてのステップでは、組織の管理アカウントで AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーとしてサインインして IAM ロールを引き受けるか、ルートユーザー (推奨されません) としてサインインします。