AWS Organizations とは - AWS Organizations

AWS Organizations とは

AWS Organizations は、ユーザーが作成して一元管理する組織に、複数の AWS アカウント を統合するためのアカウント管理サービスです。AWS Organizations には、お客様のビジネスの予算、セキュリティ、コンプライアンスのニーズをより適切に満たすアカウント管理および一括請求 (コンソリデーティッドビリング) 機能が備わっています。組織の管理者は、組織内にアカウントを作成したり、既存のアカウントを組織に招待して参加させることができます。

このユーザーガイドでは、AWS Organizations の主要な概念を定義して、チュートリアルを提供し、組織を作成して管理する方法について説明します。

AWS Organizations 機能

AWS Organizations には以下の機能があります。

すべての一元管理 AWS アカウント

既存のアカウントを組織に結合して、アカウントを一元管理することができます。自動的に組織の一部であるアカウントを作成し、他のアカウントを組織に招待することができます。アカウントの一部または全部に影響するポリシーをアタッチすることもできます。

すべてのメンバーアカウントの一括請求

一括請求は AWS Organizations の機能です。組織の管理アカウントを使用して、すべてのメンバーアカウントを統合して支払うことができます。一括請求 (コンソリデーティッドビリング) を行う場合、管理アカウントは、組織のメンバーアカウントの請求情報、アカウント情報、アカウントアクティビティにアクセスできます。この情報は、Cost Explorer などのサービスに使用され、管理アカウントが組織のコストパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

予算、セキュリティ、コンプライアンスのニーズを満たすアカウントの階層的なグループ化

アカウントを組織単位 (OU) にグループ化し、各 OU に異なるアクセスポリシーをアタッチすることができます。たとえば、特定の規制要件を満たす AWS サービスにのみアクセスする必要があるアカウントがある場合、それらのアカウントを 1 つの OU に入れることができます。その後、それらの規制要件を満たさないサービスへのアクセスをブロックする OU にポリシーをアタッチすることができます。OU は、他の OU 内に 5 レベルまでネストできるため、アカウントグループを柔軟に構成できます。

各アカウントがアクセスできる AWS サービスと API アクションのコントロールを一元化するポリシー

組織の管理アカウントの管理者は、サービスコントロールポリシー (SCP) を使用して、組織内のメンバーアカウントに対するアクセス許可の上限を指定できます。SCP を使用すると、各メンバーアカウントのユーザーとロールがどの AWS サービスリソースおよび個々の API アクションにアクセスできるかを制限することができます。また、AWS のサービス、リソースおよび API アクションへのアクセスをいつ制限するかの条件も定義できます。これらの制限は、組織内のメンバーアカウントの管理者よりも優先されます。AWS Organizations がメンバーアカウントのサービス、リソース、または API アクションへのアクセスをブロックすると、そのアカウントのユーザーまたはロールはアクセスできません。このブロックは、メンバーアカウントの管理者が IAM ポリシーで明示的にそのようなアクセス許可を付与した場合でも有効なままです。

詳細については、サービスコントロールポリシー (SCPs) を参照してください。

組織のアカウントのリソース間でタグを標準化するポリシー

タグポリシーを使用して、タグキーおよびタグ値の大文字と小文字の処理方法の設定など、一貫したタグを維持できます。

詳細については、タグポリシー を参照してください。

AWS 人工知能 (AI) および機械学習サービスによるデータの収集と保存の方法をコントロールするポリシー

AI サービスのオプトアウトポリシーを使用して、使用しない AWS AI サービスでのデータの収集と保存をオプトアウトできます。

詳細については、AI サービスのオプトアウトポリシー を参照してください。

組織のアカウントのリソースに対して自動バックアップを設定するポリシー

バックアップポリシーを使用して、組織のアカウント全体のリソースに対する AWS Backup プランを設定し、自動的に適用できます。

詳細については、バックアップポリシー を参照してください。

AWS Identity and Access Management (IAM) の統合とサポート

IAM により、個々のアカウントのユーザーとロールのきめ細かなコントロールが可能になります。AWS Organizations は、アカウントまたはアカウントのグループのユーザーとロールによって実行可能なことをコントロールできるようにすることで、きめ細かなコントロールをアカウントレベルに展開します。実際に付与されるアクセス許可は、AWS Organizations によるアカウントレベルの許可と、そのアカウント内のユーザーまたはロールレベルで IAM によって明示的に付与されるアクセス許可との論理的な共通部分です。つまり、ユーザーは AWS Organizations ポリシーと IAM ポリシーの両方で許可されているものだけにアクセスできます。どちらかがオペレーションをブロックすると、ユーザーはそのオペレーションにアクセスできません。

AWS の他のサービスとの統合

選択した AWS Organizations サービスで、AWS で利用できるマルチアカウント管理サービスを利用して、組織のメンバーであるすべてのアカウントでタスクを実行できます。サービスのリストおよび組織全体のレベルにおける各サービスを利用する利点については、「AWS Organizations で使用できる AWS のサービス」を参照してください。

組織のメンバーアカウントで自動的にタスクを実行するために AWS サービスを有効にすると、AWS Organizations はそのサービス用のサービスにリンクされた IAM ロールを各メンバーアカウントに作成します。このサービスにリンクされたロールには、組織およびそのアカウントで特定のタスクを実行することをもう一方の AWS サービスに許可する IAM 許可が事前定義されています。これを機能させるため、組織内のすべてのアカウントにサービスにリンクされたロールが自動的に割り当てられます。このロールにより、信頼されたアクセスを有効にする AWS サービスに必要な、サービスにリンクされたロールが、AWS Organizations サービスで作成可能になります。サービスにリンクされたロールでこのように追加で作成されるものには IAM 許可ポリシーがアタッチされるため、指定されたサービスは、設定によって実行が必須とされるタスクだけを実行できるようになります。詳細については、AWS Organizations を AWS の他のサービスと併用する を参照してください。

グローバルアクセス

AWS Organizations は、どの AWS リージョン でも使用できる単一のエンドポイントを持つグローバルサービスです。オペレーションを行うリージョンを明示的に選択する必要はありません。

結果的に整合性があるデータのレプリケーション

AWS Organizations には、他の多くの AWS のサービスと同様、結果整合性があります。AWS Organizations は、リージョン内の AWS のデータセンター内の複数のサーバーにデータを複製することにより、高可用性を実現します。何らかのデータの変更リクエストが成功すると、変更はコミットされ、安全な場所に保管されます。ただし、変更は複数のサーバー間でレプリケートされる必要があります。詳細については、変更がすぐに表示されない を参照してください。

使用料無料

AWS Organizations は追加料金なしで提供される AWS アカウント の機能です。組織のアカウントから他の AWS サービスにアクセスした場合にのみ課金されます。他の AWS 製品の料金について詳しくは、Amazon Web Services の料金ページを参照してください。

AWS Organizations の料金

AWS Organizations は、追加料金なしで提供されます。メンバーアカウントのユーザーとロールが使用する AWS リソースに対してのみ課金されます。例えば、メンバーアカウントのユーザーまたはロールが使用する Amazon EC2 インスタンスの標準料金が請求されます。他の AWS サービスの料金については、AWS の料金を参照してください。

AWS Organizations へのアクセス

AWS Organizations は次のいずれかの方法で使用できます。

AWS Management Console

AWS Organizations コンソールは、組織と AWS リソースを管理するために使用できるブラウザベースのインターフェイスです。コンソールを使用して、組織内の任意のタスクを実行できます。

AWS コマンドラインツール

AWS コマンドラインツールを使用すると、システムのコマンドラインでコマンドを発行し、AWS Organizations および AWS タスクを実行できます。コマンドラインを使用すると、コンソールよりも高速かつ便利になります。コマンドラインツールは、AWS のタスクを実行するスクリプトを作成する場合に便利です。

AWS には、2 セットのコマンドラインツールが用意されています。

AWS SDK

AWS SDK は、さまざまなプログラミング言語とプラットフォーム (Java、Python、Ruby、.NET、iOS、Android など) のライブラリとサンプルコードで構成されています。SDK は、暗号署名によるリクエスト、エラーの管理、リクエストの自動再試行などのタスクを処理します。AWS SDK のダウンロードおよびインストール方法の詳細については、「Amazon Web Services 用ツール」を参照してください。

AWS Organizations HTTPS クエリ API

AWS Organizations HTTPS クエリ API を使用すると、AWS Organizations および AWS にプログラムでアクセスできます。HTTPS クエリ API を使用すると、HTTPS リクエストを直接サービスに発行できます。HTTPS API を使用する場合は、認証情報を使用してリクエストにデジタル署名するコードを含める必要があります。詳細については、HTTP クエリリクエストを作成して API を呼び出す、および AWS Organizations API リファレンスを参照してください。

AWS Organizations のサポートとフィードバック

ご意見をお待ちしております。feedback-awsorganizations@amazon.com にコメントを送信することができます。また、AWS Organizations サポートフォーラムにフィードバックと質問を掲載することができます。AWS Support フォーラムの詳細については、「フォーラムヘルプ」を参照してください。

その他の AWS リソース

  • AWS トレーニングおよびコース - AWS に関するスキルを磨き、実践的経験を積むために役立つ、職務別の特別コースとセルフペースラボへのリンクです。

  • AWS デベロッパーツール - AWS を使用して革新的なアプリケーションを構築する際に役立つ、ドキュメント、サンプルコード、リリースノート、その他の情報を提供するデベロッパーツールとリソースへのリンクです。

  • AWS Support Center – AWS のサポートケースを作成して管理するためのハブです。フォーラム、技術上のよくある質問、サービス状態ステータス、AWS Trusted Advisor などの便利なリソースへのリンクも含まれています。

  • AWS Support - 1 対 1 での迅速な対応を行うサポートチャネルである AWS Support に関する情報のメインウェブページです。クラウド上のアプリケーションの構築および実行に関するサポートを受けることができます。

  • お問い合わせ - AWS の請求、アカウント、イベント、不正使用、その他の問題などに関するお問い合わせの受付窓口です。

  • AWS サイトの利用規約 - 当社の著作権、商標、お客様のアカウント、ライセンス、サイトへのアクセス、およびその他のトピックに関する詳細情報です。