CreateDataset - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateDataset

空のデータセットを作成し、指定したデータセットグループに追加します。を使用するCreateDatasetImportJobトレーニングデータをデータセットにインポートするためにを使用します。

データセットには次の 3 つのタイプがあります。

  • インタラクション

  • アイテム

  • Users

各データセットタイプには、必須のフィールドタイプに関連付けられたスキーマがあります。モデルのトレーニング (ソリューションの作成とも呼ばれます) に必要なのは、Interactions データセットのみです。

データセットは、次に示す状態のいずれかになります。

  • CREATE PENDING > CREATE IN_PROGRESS > ACTIVE -または- CREATE FAILED

  • DELETE PENDING > DELETE IN_PROGRESS

データセットのステータスを取得するには、を呼び出します。DescribeDataset

リクエストの構文

{ "datasetGroupArn": "string", "datasetType": "string", "name": "string", "schemaArn": "string", "tags": [ { "tagKey": "string", "tagValue": "string" } ] }

リクエストパラメータ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

datasetGroupArn

データセットを追加するデータセットグループの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 はい

datasetType

データセットのタイプ。

次の値のいずれか (大文字と小文字は区別されません):

  • インタラクション

  • アイテム

  • Users

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

: 必須 はい

name

データセットの名前。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 63 です。

パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]*

: 必須 はい

schemaArn

データセットに関連付けるスキーマの ARN。スキーマはデータセットフィールドを定義します。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 はい

tags

のリストタグデータセットに適用します。

Type: 配列のTagオブジェクト

配列メンバ: 最小項目数は 0 です。最大 200 項目。

: 必須 いいえ

レスポンスの構文

{ "datasetArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

datasetArn

データセットの ARN。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

エラー

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

1 秒あたりのリクエスト数の上限を超えています。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceAlreadyExistsException

指定したリソースはすでに存在しています。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceInUseException

指定されたリソースは使用中です。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

指定されたリソースが見つかりませんでした。

HTTP ステータスコード: 400

TooManyTagsException

このリソースに適用できる、最大タグ数を超えました。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。