Amazon Personalize とは - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Personalize とは

Amazon Personalize は、開発者がユーザー向けにパーソナライズしたエクスペリエンスを簡単に提供できる、完全マネージド型の機械学習サービスです。このサービスには、Amazon がパーソナライゼーションシステムの構築で培った知識や経験が反映されています。

Amazon Personalize は、さまざまなシナリオで使用できます。たとえば、ユーザーの嗜好や行動に基づくレコメンデーションの生成や、結果のパーソナライズによる再ランク付け、E メールのコンテンツのパーソナライズ、ユーザーセグメントに基づくターゲットマーケティングキャンペーンの作成など、さまざまなシナリオで使用できます。Amazon Personalize は、機械学習の経験は不要です。ビジネスドメインのユースケースに最適化されたリソースを使用するか、ご自分の構成可能なカスタムリソースを作成することですぐに開始できます。

Amazon Personalize では、まず Amazon Personalize コンポーネントのコンテナであるデータセットグループを作成します。データセットグループは次のいずれかになります。

  • あるドメインデータセットグループでは、類似動画(VIDEO_ON_DEMAND ドメイン)やベストセラー商品(Eコマースドメイン)のレコメンデーションを取得するなど、さまざまなビジネスドメインやユースケースに対して事前構成されたリソースを作成します。ビジネスドメインを選択し、データをインポートし、レコメンダーを作成します。レコメンデーションを取得するには、アプリケーションでレコメンデーションを使用します。

    ビデオオンデマンドまたは E コマースアプリケーションがあり、Amazon Personalize でユースケースに最適な構成を見つけたい場合は、ドメインデータセットグループを使用します。ドメインデータセットグループから開始する場合は、カスタムユースケースのレシピでトレーニングされたソリューションバージョンを含むソリューションなどのカスタムリソースを追加することもできます。

  • あるカスタムデータセットグループを使用して、カスタムユースケースとバッチレコメンデーションワークフロー用の構成可能なリソースを作成します。レシピを選択し、ソリューションバージョン(モデル)をトレーニングし、キャンペーンでソリューションバージョンをデプロイします。アプリケーションでキャンペーンを使用して、レコメンデーションを取得します。

    ビデオオンデマンドまたは E コマースアプリケーションを使用しない場合、カスタムリソースのみを構成して管理する場合、またはバッチワークフローでレコメンデーションを取得する場合は、カスタムデータセットグループを使用します。カスタムデータセットグループから開始する場合、後でそれをドメインに関連付けることはできません。代わりに、新しいドメインデータセットグループを作成します。

ドメインデータセットグループおよびカスタムデータセットグループは、AWSコンソール、AWS Command Line Interface(AWS CLI)、またはプログラムでAWSSDK。

ドメインデータセットグループとカスタムデータセットグループを使用すると、Amazon Personalize はユーザーからのリアルタイムイベントをキャプチャして、リアルタイムのパーソナライゼーションを実現できます。Amazon Personalize は、リアルタイムのユーザーアクティビティのデータを既存のユーザープロファイルやアイテム情報 (履歴データ) に組み合わせ、ユーザーに最も関連性の高いアイテムをレコメンドします。Amazon Personalize を使用して、新しいウェブサイトなどの新しいプロパティのインタラクションデータを収集し、十分なデータを収集してから、Amazon Personalize でレコメンデーションを開始することもできます。

Amazon Personalize の料金

Amazon Personalize では、お客様が利用された分に対してのみのお支払いとなります。最低料金や前払いの義務は発生しません。Amazon Personalize のコストは、データ処理とストレージ、トレーニング、およびレコメンデーションリクエストの数によって異なります。

-AWS無料利用枠使用可能あたり最大20GBのストレージを月間使用可能AWSリージョン、対象ごとに最大100時間のトレーニング時間AWSリージョン、および最大 50 TPS 時間のリアルタイムおすすめ/月。Amazon Personalize 無料利用枠は、最初の 2 か月間有効です。

課金および料金の詳細な一覧については、を参照してください。Amazon Personalize 料金

初めての Amazon Personalize ユーザーにおすすめのセクション

Amazon Personalize を初めて使用する場合は、以下のセクションを順に読むことをお勧めします。

  1. 仕組み— このセクションでは、Amazon Personalize ワークフローを紹介し、ユーザー向けにパーソナライズされたエクスペリエンスを作成する手順を順を追って説明します。このセクションには、Amazon Personalize の一般的な用語とその定義も含まれています。このセクションから始めて、レコメンデーションの取得を開始する前に、Amazon Personalize のワークフローと条件をよく理解していることを確認してください。

  2. Amazon Personalize の設定— このセクションでは、AWS アカウントで、Amazon Personalize を使用するために必要なアクセス許可を設定し、AWS CLIとAWSAmazon Personalize 使用、管理を行う SDK。

  3. 使用開始方法— このセクションでは、シンプルなムービーデータセットで Amazon Personalize の使用を開始します。これらのチュートリアルを完了して、Amazon Personalize で実際に体験してください。[ドメインデータセットグループ] または [カスタムデータセットグループ] のいずれかを選択できます。

  4. アプリケーションに応じて、次のセクションのいずれかを実行します。

    • ドメインデータセットグループ— ストリーミングビデオまたは E コマースアプリケーションを使用している場合は、このセクションの手順に従って、ユースケースに対応するドメインデータセットグループとレコメンダーを作成します。これらの手順は、ドメインデータセットグループ入門演習の完了時に学習した内容に基づいて構築され、レコメンダーとドメインのユースケースに関する詳細な情報を提供します。

    • カスタムデータセットグループ— ストリーミングビデオまたは E コマースアプリケーションがない場合は、このセクションの手順に従ってカスタムデータセットグループを作成します。これらの手順は、[カスタムデータセット] グループ入門演習を完了したときに学習した内容に基づいて構築され、カスタムレシピとモデルに関する詳細な情報を提供します。

  5. イベントの記録— このセクションでは、ユーザーインタラクションイベントをリアルタイムで記録する方法について説明します。Amazon Personalize リソースを設定したら、このセクションを完了して、インタラクションを記録してユーザーの行動に合わせてインタラクションデータセットを最新の状態に保つ方法を学習します。イベントイベントトラッカーとPutEventsオペレーション.

  6. 推奨とユーザーセグメントのフィルタリング— このセクションでは、レコメンデーションのフィルタリング方法が説明されています。このセクションでは、カスタム条件に基づいて推奨をフィルタリングするフィルタ式を作成する方法を学習します。たとえば、ユーザーがすでに購入した製品や、ユーザーがすでに視聴した映画を推奨したくない場合があります。

詳細はこちら

次のリソースは、Amazon Personalize に関する追加情報を提供します。