CreateDatasetGroup - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateDatasetGroup

空のデータセットグループを作成します。データセットグループには、モデルをトレーニングするためのデータを提供する関連データセットグループが含まれます。データセットグループには、最大で 3 つのデータセットグループを含めることができます。データセットグループには、データセットタイプごとに 1 つのデータセットグループが含まれます。

  • インタラクション

  • アイテム

  • ユーザー

モデルをトレーニング(ソリューションの作成)するには、Interactionsデータセットが必要です。電話CreateDatasetをクリックして、データセットをグループに追加します。

データセットグループは、次に示す状態のいずれかになります。

  • 作成保留 > 作成進行中 > アクティブ、または作成に失敗しました

  • 削除の保留中

データセットグループのステータスを取得するには、DescribeDatasetGroup。ステータスが CREATE FAILED と表示された場合、レスポンスにはfailureReasonキーが表示されます。これは、作成が失敗した理由を示します。

注記

あなたはまで待つ必要がありますstatusは、データセットグループのACTIVEをグループに追加する前に、データセットをグループに追加します。

制約:AWS Key Management Service(KMS) キーを使用して、グループ内のデータセットを暗号化します。KMS キーを指定する場合は、キーを KMS キーとして指定する必要があります。AWS Identity and Access Managementキーにアクセスする権限がある (IAM) ロール。

リクエストでデータセットグループ ARN を必要とする API

リクエストの構文

{ "kmsKeyArn": "string", "name": "string", "roleArn": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

kmsKeyArn

の Amazon リソースネーム (ARN)。AWS Key Management Serviceデータセットの暗号化に使用される KMS (KMS) キーです。

Type: 文字列

Pattern: arn:aws.*:kms:.*:[0-9]{12}:key/.*

必須: いいえ

name

新しいデータセットグループの名前。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 63 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]*

必須: はい

roleArn

の ARNAWS Identity and Access Management(IAM) ロール。AWS Key Management Service(KMS) キーを使用します。IAM ロールの指定は、KMS キーを指定した場合のみ有効です。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):iam::\d{12}:role/?[a-zA-Z_0-9+=,.@\-_/]+

必須: いいえ

レスポンスの構文

{ "datasetGroupArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

datasetGroupArn

新しいデータセットグループ名 (ARN)。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

Errors

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

1 秒あたりのリクエスト数の制限を超えました。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceAlreadyExistsException

指定されたリソースは既に存在します。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください。