CreateSolutionVersion - Amazon Personalize

CreateSolutionVersion

カスタムデータセットグループでアクティブなソリューションをトレーニングまたは再トレーニングします。ソリューションは CreateSolution 操作を使用して作成され、CreateSolutionVersion を呼び出す前に ACTIVE 状態となっている必要があります。この操作を呼び出すたびに、ソリューションの新しいバージョンが作成されます。

[ステータス]

ソリューションバージョンは、次のいずれかの状態になります。

  • CREATE PENDING

  • CREATE IN_PROGRESS

  • ACTIVE

  • CREATE FAILED

  • CREATE STOPPING

  • CREATE STOPPED

バージョンのステータスを取得するには、DescribeSolutionVersion を呼び出します。ステータスが ACTIVE と表示されるまで待ってから、CreateCampaign を呼び出します。

ステータスが CREATE FAILED と表示されている場合、レスポンスには、ジョブが失敗した理由を記述する failureReason キーが含まれています。

リクエストの構文

{ "name": "string", "solutionArn": "string", "tags": [ { "tagKey": "string", "tagValue": "string" } ], "trainingMode": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

name

ソリューションバージョンの名前。

型: 文字列

長さの制限:最小長は 1 です。最大長は 63 です。

パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]*

必須: いいえ

solutionArn

トレーニング設定情報を含むソリューションの Amazon リソースネーム (ARN)。

型: 文字列

長さの制限:最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

必須: はい

tags

ソリューションバージョンに適用するタグのリスト。

型: Tag オブジェクトの配列

配列メンバー: 最小数は 0 項目です。最大数は 200 項目です。

必須: いいえ

trainingMode

ソリューションバージョンを作成するときに実行するトレーニングの範囲。デフォルトは FULL です。これにより、データセットグループ内のデータセットからのトレーニングデータ全体に基づいて、完全に新しいモデルが作成されます。

User-Personalizationを使用する場合は、UPDATE のトレーニングモードを指定できます。これによりモデルが更新され、新しい項目をレコメンデーションの対象として検討するようになります。これは完全な再トレーニングではありません。それでも、毎週完全な再トレーニングを完了する必要があります。UPDATE を指定した場合、Amazon Personalize はソリューションバージョンの自動更新を停止します。更新を再開するには、トレーニングモードを FULL に設定して新しいソリューションを作成し、キャンペーンにデプロイします。自動更新の詳細については、「自動更新」を参照してください。

UPDATE オプションは、FULL オプションを使用して入力ソリューションから作成されたアクティブなソリューションバージョンが既にあり、入力ソリューションが User-Personalization レシピまたは HRNN-Coldstart レシピでトレーニングされている場合にのみ使用できます。

型: 文字列

有効な値: FULL | UPDATE

必須:いいえ

レスポンスの構文

{ "solutionVersionArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

solutionVersionArn

新しいソリューションバージョンの ARN。

型: 文字列

長さの制限:最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

エラー

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード:400

LimitExceededException

1 秒あたりのリクエスト数の上限を超えています。

HTTP ステータスコード:400

ResourceAlreadyExistsException

指定したリソースはすでに存在しています。

HTTP ステータスコード:400

ResourceInUseException

指定されたリソースは使用中です。

HTTP ステータスコード:400

ResourceNotFoundException

指定されたリソースが見つかりませんでした。

HTTP ステータスコード:400

TooManyTagsException

このリソースに適用できるタグの最大数を超過しています。

HTTP ステータスコード:400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。