CreateSolutionVersion - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateSolutionVersion

アクティブなソリューションを訓練または再訓練します。ソリューションを作成するには、 CreateSolution オペレーションで、ACTIVE 状態になると、CreateSolutionVersion。ソリューションの新しいバージョンは、この操作を呼び出すたびに作成されます。

ステータス

ソリューションのバージョンは、次に示す状態のいずれかになります。

  • 作成の保留中

  • PROGRESS

  • ACTIVE

  • 作成に失敗しました

  • 作成の停止

  • 作成の停止

バージョンのステータスを取得するには、を呼び出します。 DescribeSolutionVersion 。ステータスが ACTIVE になるまで待ってから呼び出しますCreateCampaign

ステータスが CREATE FAILED と表示された場合、レスポンスにはfailureReasonキーが表示されます。このキーには、ジョブが失敗した理由が示されます。

リクエストの構文

{ "solutionArn": "string", "trainingMode": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

solutionArn

トレーニング設定情報を含むソリューションの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

必須 はい

trainingMode

ソリューションバージョンの作成時に実行するトレーニングの範囲。-FULLオプションは、入力ソリューションのトレーニングデータ全体に基づいてソリューションバージョンをトレーニングし、UPDATEオプションは、入力ソリューションと比較して変更されたデータのみを処理します。選択UPDATEは、まったく新しいバージョンを作成するのではなく、ソリューションバージョンを段階的に更新する場合に使用します。

重要

-UPDATEオプションは、入力ソリューションからアクティブなソリューションバージョンが既に作成されている場合にのみ使用できます。FULLオプションを使用してトレーニングされ、入力ソリューションがユーザー・パーソナライゼーションレシピまたはHRNN-Coldstartレシピ。

Type: 文字列

有効な値: FULL | UPDATE

必須 いいえ

レスポンスの構文

{ "solutionVersionArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

solutionVersionArn

新しいソリューションバージョンの ARN。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

Errors

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

1 秒あたりのリクエスト数の制限を超えています。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceInUseException

指定されたリソースは使用中です

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

指定されたリソースが見つかりませんでした。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の API のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、AWSSDK については、を参照してください。