DescribeSchema - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DescribeSchema

スキーマについて説明します。スキーマの詳細については、「」を参照してください。CreateSchema

リクエストの構文

{ "schemaArn": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

schemaArn

取得するスキーマの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 はい

レスポンスの構文

{ "schema": { "creationDateTime": number, "domain": "string", "lastUpdatedDateTime": number, "name": "string", "schema": "string", "schemaArn": "string" } }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

schema

リクエストされたスキーマ。

型: DatasetSchema オブジェクト

エラー

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

指定されたリソースが見つかりませんでした。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください: