ソリューションバージョンの作成の停止 - Amazon Personalize

ソリューションバージョンの作成の停止

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合、Amazon Personalize コンソールまたは StopSolutionVersionCreation 操作を使用して、ソリューションバージョンの作成 (モデルのトレーニング) を停止できます。停止した後、ソリューションバージョンの作成を再開することはできません。ソリューションバージョンの作成が停止するまでに使用されたリソースについての料金が請求されます。

ソリューションバージョンの作成を停止すると、モデルトレーニングは終了しますが、ソリューションバージョンは削除されません。ソリューションバージョンの詳細は、Amazon Personalize コンソールと DescribeSolutionVersion 操作で引き続き表示できます。

ソリューションバージョンの作成プロセスは、Amazon Personalize コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または AWS SDK を使用して停止できます。

ソリューションバージョンの作成の停止 (コンソール)

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合、ソリューションバージョンの作成 (モデルのトレーニング) を停止できます。

ソリューションバージョンの作成を停止するには (コンソール)
  1. https://console.aws.amazon.com/personalize/home で Amazon Personalize コンソールを開き、アカウントにサインインします。

  2. [Dataset groups] (データセットグループ) のページで、停止するソリューションバージョンのデータセットグループを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Solutions and recipes] (ソリューションとレシピ) を選択します。

  4. [Solution and recipes] (ソリューションとレシピ) のページで、停止するソリューションバージョンのソリューションを選択します。

  5. [Solution versions] (ソリューションバージョン) で、停止するソリューションバージョンを選択します。

  6. ソリューションバージョンの詳細のページで、[Stop creation] (作成の停止) を選択します。ソリューションバージョンの元の状態に応じて、ソリューションバージョンの状態は次のように変化します。

    • CREATE_PENDING が CREATE_STOPPED に変わります。

    • CREATE_IN_PROGRESS が CREATE_STOPPING に変わり、次に CREATE_STOPPED に変わります。

ソリューションバージョンの作成の停止 (AWS CLI)

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合、ソリューションバージョンの作成 (モデルのトレーニング) を停止できます。次の stop-solution-version-creation コマンドを使用して、AWS CLI を使用したソリューションバージョンの作成を停止します。solution version arn を、停止するソリューションバージョンの Amazon リソースネーム (ARN) に置き換えます。ソリューションバージョンの作成が停止するまでに使用されたリソースについての料金が請求されます。

aws personalize stop-solution-version-creation \ --solution-version-arn solution version arn

describe-solution-version コマンドを使用して、ソリューションバージョンのトレーニングステータスを確認します。

aws personalize describe-solution-version \ --solution-version-arn solution version arn

ソリューションバージョンの元の状態に応じて、ソリューションバージョンの状態は次のように変化します。

  • CREATE_PENDING が CREATE_STOPPED に変わります。

  • CREATE_IN_PROGRESS が CREATE_STOPPING に変わり、次に CREATE_STOPPED に変わります

ソリューションバージョンの作成の停止 (AWS SDK)

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合、ソリューションバージョンの作成 (モデルのトレーニング) を停止できます。次のコードは、AWS SDK for Python (Boto3) または AWS SDK for Java 2.x を使用してソリューションバージョンの作成を停止する方法を示しています。ソリューションバージョンの作成が停止するまでに使用されたリソースについての料金が請求されます。

SDK for Python (Boto3)

次の stop_solution_version_creation メソッドを使用して、ソリューションバージョンの作成を停止します。solution_version_arn を、停止するソリューションバージョンの Amazon リソースネーム (ARN) に置き換えます。このメソッドは、DescribeSolutionVersion 操作を使用してソリューションバージョンのステータスを取得します。

import boto3 personalize = boto3.client('personalize') response = personalize.stop_solution_version_creation( solutionVersionArn = solution_version_arn ) # Use the solution version ARN to get the solution version status. solution_version_description = personalize.describe_solution_version( solutionVersionArn = solution_version_arn)['solutionVersion'] print('Solution version status: ' + solution_version_description['status'])
SDK for Java 2.x

次の stopSolutionVersionCreation メソッドを使用して、ソリューションバージョンの作成を停止します。パラメータとして、Amazon Personalize サービスクライアントと、作成を停止するソリューションバージョンの Amazon リソースネーム (ARN) を渡します。次のコードは、DescribeSolutionVersion 操作を使用してソリューションバージョンのステータスを取得します。

public static void stopSolutionVersionCreation(PersonalizeClient personalizeClient, String solutionVersionArn) { String solutionVersionStatus = ""; StopSolutionVersionCreationRequest stopSolutionVersionCreationRequest = StopSolutionVersionCreationRequest.builder() .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .build(); personalizeClient.stopSolutionVersionCreation(stopSolutionVersionCreationRequest); // Use the solution version ARN to get the solution version status. DescribeSolutionVersionRequest describeSolutionVersionRequest = DescribeSolutionVersionRequest.builder() .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .build(); solutionVersionStatus = personalizeClient.describeSolutionVersion(describeSolutionVersionRequest) .solutionVersion() .status(); System.out.println("Solution version status: " + solutionVersionStatus); }

ソリューションバージョンの元の状態に応じて、ソリューションバージョンの状態は次のように変化します。

  • CREATE_PENDING が CREATE_STOPPED に変わります。

  • CREATE_IN_PROGRESS が CREATE_STOPPING に変わり、次に CREATE_STOPPED に変わります。