ソリューションバージョンの作成を停止する - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ソリューションバージョンの作成を停止する

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合は、Amazon Personalize コンソールまたはStopSolutionVersionCreationソリューションバージョンの作成を停止する操作 (モデルのトレーニングを停止する)。停止したソリューションバージョンの作成を再開することはできません。ソリューションバージョンの作成が停止した時点までに使用されたリソースに対して課金されます。

ソリューションバージョンの作成を停止すると、モデルトレーニングは終了しますが、ソリューションバージョンは削除されません。ソリューションバージョンの詳細は、Amazon Personalize コンソールとDescribeSolutionVersionオペレーション.

Amazon Personalize コンソールで、ソリューションバージョンの作成プロセスを停止できます。AWS Command Line Interface(AWS CLI)、またはAWSSDK。

ソリューションバージョンの作成を停止する (コンソール)

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合は、ソリューションバージョンの作成を停止できます (モデルのトレーニングを停止します)。

ソリューションバージョンの作成を停止するには (コンソール)
  1. で Amazon Personalize コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/personalize/homeアカウントにログインします。

  2. リポジトリの []データセットグループページで、停止するソリューションバージョンを含むデータセットグループを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[] を選択します。ソリューションとレシピ

  4. リポジトリの []ソリューションとレシピページで、停止するソリューションバージョンを含むソリューションを選択します。

  5. Eclipseソリューションバージョンで、停止するソリューションバージョンを選択します。

  6. ソリューションバージョンの詳細ページで、[] を選択します。作成を停止します。。ソリューションバージョンの元の状態に応じて、ソリューションバージョンの状態は次のように変化します。

    • 作成保留中の変更を CREATE_STOPPED に変更しました。

    • CREATE_IN_PROGRESS は CREATE_STOPPING に変わり、次に CREATE_STOPPED に変わります。

ソリューションバージョンの作成を停止する (AWS CLI)

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合は、ソリューションバージョンの作成を停止できます (モデルのトレーニングを停止します)。以下を使用します。stop-solution-version-creationコマンドを使用すると、ソリューションバージョンの作成を停止できます。AWS CLI。置換solution version arn停止したいソリューションバージョンの Amazon リソースネーム (ARN) を使用します。ソリューションバージョンの作成が停止した時点までに使用されたリソースに対して課金されます。

aws personalize stop-solution-version-creation \ --solution-version-arn solution version arn

ソリューションバージョンのトレーニングステータスを以下ので確認します。describe-solution-versionコマンド。

aws personalize describe-solution-version \ --solution-version-arn solution version arn

ソリューションバージョンの元の状態に応じて、ソリューションバージョンの状態は次のように変化します。

  • 作成保留中の変更を CREATE_STOPPED に変更しました。

  • CREATE_IN_PROGRESS が CREATE_STOPPING に変更され、次に作成が停止しました

ソリューションバージョンの作成を停止する (AWSSDK)

ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合は、ソリューションバージョンの作成を停止できます (モデルのトレーニングを停止します)。以下のコードは、を使用してソリューションバージョンの作成を停止する方法を示しています。AWS SDK for Python (Boto3)またはAWS SDK for Java 2.x。ソリューションバージョンの作成が停止した時点までに使用されたリソースに対して課金されます。

SDK for Python (Boto3)

以下を使用します。stop_solution_version_creationソリューションバージョンの作成を停止するメソッドです。置換solution_version_arn停止したいソリューションバージョンの Amazon リソースネーム (ARN) を使用します。このメソッドでは、DescribeSolutionVersionオペレーションを使用して、ソリューションバージョンのステータスを取得します。

import boto3 personalize = boto3.client('personalize') response = personalize.stop_solution_version_creation( solutionVersionArn = solution_version_arn ) # Use the solution version ARN to get the solution version status. solution_version_description = personalize.describe_solution_version( solutionVersionArn = solution_version_arn)['solutionVersion'] print('Solution version status: ' + solution_version_description['status'])
SDK for Java 2.x

以下を使用します。stopSolutionVersionCreationソリューションバージョンの作成を停止します。作成を停止するソリューションバージョンの Amazon Personalize サービスクライアントと Amazon リソースネーム (ARN) をパラメータとして渡します。次のコードでは、DescribeSolutionVersionオペレーションを使用して、ソリューションバージョンのステータスを取得します。

public static void stopSolutionVersionCreation(PersonalizeClient personalizeClient, String solutionVersionArn) { String solutionVersionStatus = ""; StopSolutionVersionCreationRequest stopSolutionVersionCreationRequest = StopSolutionVersionCreationRequest.builder() .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .build(); personalizeClient.stopSolutionVersionCreation(stopSolutionVersionCreationRequest); // Use the solution version ARN to get the solution version status. DescribeSolutionVersionRequest describeSolutionVersionRequest = DescribeSolutionVersionRequest.builder() .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .build(); solutionVersionStatus = personalizeClient.describeSolutionVersion(describeSolutionVersionRequest) .solutionVersion() .status(); System.out.println("Solution version status: " + solutionVersionStatus); }

ソリューションバージョンの元の状態に応じて、ソリューションバージョンの状態は次のように変化します。

  • 作成保留中の変更を CREATE_STOPPED に変更しました。

  • CREATE_IN_PROGRESS は CREATE_STOPPING に変わり、次に CREATE_STOPPED に変わります。