バウンス率、苦情率 - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バウンス率、苦情率

[Bounce and complaint rates] ページには、結合された Amazon Pinpoint と Amazon Simple Email Service (Amazon SES) アカウントの合計のバウンス率と苦情率に関連した重要なメトリクスがあります。

送信した E メールが、永続的な問題が原因で配信できないとき、バウンスが発生します。例えば、受信者のアドレスが存在しない場合や、受信者の E メールプロバイダーが送信者のドメインまたは IP アドレスからの E メールをブロックしている場合、バウンスが発生することがあります。E メールプロバイダーは高いバウンス率をマイナスの兆候と見なしています。これは、お客様からのメッセージの受信を明示的に選択していないユーザーに E メールを送信していることを示しているためです。高いバウンス率は、E メールの配信に悪影響を及ぼす可能性があります。

complaint は、お客様がお客様からのメールを受け取り、迷惑メールとしてメールプロバイダーに報告する (メールクライアントの Report Spam 機能を使用するなど) ことで発生します。E メールプロバイダーでは、苦情をお客様のドメインが未承諾メールを送信しているという深刻な兆候と見なします。このため、高い苦情率は、ユーザーの E メールの配信に非常に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。

高いバウンス率や苦情率は、多くの場合、送信者が未承諾 E メールを送信していることを示します。このため、E メールプロバイダーは、E メールを受信箱に送信するかスパムメールフォルダに振り分けるかを判断する際に、バウンス率や苦情率を注意深く検討します。

[バウンス率と苦情率] ページを使用してこれらのアカウント全体のメトリクスを追跡できます。このページでは、バウンスや苦情の発生率が特定のしきい値に到達したときに通知するアラームを作成することもできます。

概要

[概要] タブには、アカウントのバウンス率と苦情率に関する情報が含まれています。

注記

このページでは、現在の AWS リージョンでの AWS アカウント全体のバウンスと苦情のメトリクスを表示します。Amazon Pinpoint と Amazon SES の両方を使用して E メールを送信する場合は、このページには、両方のサービスのバウンスと苦情メトリクスの合計が表示されます。

まとめ

このセクションでは、アカウントのステータスを表示します。以下のリストに、可能性のある値を示します。

  • [正常] - 現在、アカウントに影響する問題はありません。

  • [Under review] - お客様のアカウントはレビュー対象です。アカウントのレビュー対象となった原因の問題が、レビュー期間の終了までに修正されなかった場合、アカウントの E メール送信が一時停止される可能性があります。

  • [Pending end of review decision] - お客様のアカウントはレビュー対象です。お客様のアカウントをレビュー対象とした問題の内容により、何らかの処置を行う前に、手動でレビューを実行する必要があります。

  • [Sending paused] - アカウントの E メール送信機能を一時停止しました。アカウントが一時停止されている間、Amazon Pinpoint または Amazon SES を使用して E メールを送信することはできません。この決定の見直しをリクエストできます。

  • [Pending sending pause] - お客様のアカウントはレビュー対象です。アカウントをレビュー対象とした問題は解決されていません。このような状況では、通常アカウントの E メール送信機能を一時停止します。ただし、アカウントの性質により、何らかの処置を行う前に、アカウントの確認が行われます。

[Emails sent] の下に表示される数字は、この判断をしたときに考慮した E メールの数です。[Sent over period] の下に表示される数字は、それらの E メールを送信した期間です。

各ステータス値の詳細と、お客様のアカウントに影響を与える問題にどのように対処するかについては、『Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド』の「sending review process FAQs」を参照してください。

バウンス率

このセクションでは、現在のアカウントのバウンス率を示します。アカウントのバウンス率は 5% 未満に維持する必要があります。アカウントのバウンス率が 10% を超えた場合、当社はお客様のアカウントによる E メール送信機能を一時的に停止することがあります。

このセクションは、以下の情報で構成されます。

  • [Eligible emails sent] – バウンス率の計算対象となった E メールの数。

  • [Sent over period] – バウンス率の計算対象となった期間。

  • [Bounce rate] – バウンスとなった分析期間中に送信された E メールの割合。

  • Overall status – メトリクスの状態を示します。ステータスは、次のいずれかになります。

    • [正常] - アカウントのバウンス率は通常レベル内です。

    • [Almost healed] – バウンス率が高すぎたため、アカウントがレビュー対象になりました。レビュー期間が開始してから、バウンス率は最大レート未満を維持しています。バウンス率が最大レート未満のままであれば、レビュー期間終了時にこのメトリクスのステータスが [正常] に変化する可能性があります。

    • [Under review] – バウンス率が高すぎたため、アカウントがレビュー対象になりました。アカウントがレビュー対象になって以来、バウンス率は向上していません。バウンス率が 5% を超過する原因となっていた問題が、レビュー期間の終了までに修正されなかった場合、アカウントの E メール送信が一時停止される可能性があります。

    • [Sending pause] – バウンス率が高すぎるため、アカウントの E メール送信機能は一時停止されます。アカウントが一時停止されている間は、E メールを送信することはできません。この決定の見直しをリクエストできます。

    • [Pending sending pause] - メトリクスによりアカウントがレビューされています。このレビューの原因となった問題が、解決していません。この問題により、アカウントの E メール送信機能が一時停止される可能性があります。その先のアクションが発生する前に、当社のチームのメンバーによってアカウントの確認が行われます。

    各ステータス値の詳細と、お客様のアカウントに影響を与える問題にどのように対処するかについては、『Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド』の「sending review process FAQs」を参照してください。

苦情率

このセクションでは、現在のアカウントの苦情率を示します。アカウントの苦情率は 0.1% 未満に維持する必要があります。アカウントの苦情率が 0.1% を超えた場合、当社はお客様のアカウントによる E メール送信機能を一時的に停止することがあります。

このセクションは、以下の情報で構成されます。

  • [Eligible emails sent] – 苦情率の計算対象となった E メールの数。

  • [Sent over period] – 苦情率の計算対象となった期間。

  • [Complaint rate] – 苦情が発生した分析期間中に送信された E メールの割合。

  • [Overall status] – メトリクスの状態を示します。ステータスは、次のいずれかになります。

    • [正常] - アカウントの苦情率は通常レベル内です。

    • [Almost healed] – 苦情率が高すぎたため、アカウントがレビュー対象になりました。レビュー期間が開始してから、苦情率は最大レート未満を維持しています。苦情率が最大レート未満のままであれば、レビュー期間終了時にこのメトリクスのステータスが [正常] に変化する可能性があります。

    • [Under review] – 苦情率が高すぎたため、アカウントがレビュー対象になりました。アカウントがレビュー対象になって以来、苦情率は向上していません。苦情率が 0.1% を超過する原因となっていた問題が、レビュー期間の終了までに修正されなかった場合、アカウントの E メール送信が一時停止される可能性があります。

    • [Sending pause] – 苦情率が高すぎるため、アカウントの E メール送信機能は一時停止されます。アカウントが一時停止されている間は、E メールを送信することはできません。この決定の見直しをリクエストできます。

    • [Pending sending pause] – 苦情率が高すぎたため、アカウントがレビュー対象になりました。このレビューの原因となった問題が、解決していません。この問題により、アカウントの E メール送信機能が一時停止される可能性があります。その先のアクションが発生する前に、当社のチームのメンバーによってアカウントの確認が行われます。

    各ステータス値の詳細と、お客様のアカウントに影響を与える問題にどのように対処するかについては、『Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド』の「sending review process FAQs」を参照してください。

Alarms

[アラーム] タブで、アカウントのバウンス率や苦情率が特定のレベルを超えたときに、通知を送信するアラームを作成できます。

アラームを作成する
  1. Amazon Pinpoint コンソール (https://console.aws.amazon.com/pinpoint/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Deliverability dashboard (配信性能ダッシュボード)] を選択します。

  3. [Alarms] タブで、[Create alarm] を選択します。

  4. [Create Alarm] ページで、次の操作を実行します。

    1. [Alarm name] で、アラームを簡単に識別できるような名前を入力します。

    2. [Send a notification when the] で、以下のいずれかのオプションを選択します。

      • バウンス率

      • 苦情率

    3. 値を設定すると、アラームがトリガーされます。例えば、アカウントのバウンス率が 5% 以上の場合に通知を受けるには、[> =] を選択します。その後、以下のイメージに示すように 5 の値を入力します。

    4. アラームがトリガーされる前に経過する必要がある時間を指定します。例えば、バウンス率が特定のレートを超え、2 時間を超えてそのレートのままである場合にのみ通知が送信されるようにアラートを設定できます。この例では、[for at least] の横に 2 の値を入力します。次に、[consecutive period(s)of] の横で、次のイメージに示すように [1 hour] を選択します。

    5. [Notification method] で、次のいずれかのオプションを選択します。

      • [Use an existing SNS topic] – Amazon SNS トピックとそれにサブスクライブされたエンドポイントをすでに作成している場合は、このオプションを選択します。

      • [Create a new topic] – Amazon SNSトピックをまだ作成していない場合や、新しいトピックを作成する場合は、このオプションを選択します。

        注記

        新しいトピックを作成する場合は、1 つ以上のエンドポイントをそのトピックにサブスクライブする必要があります。詳細については、『Amazon Simple Notification Service デベロッパーガイド』の「Subscribing an Endpoint to a Topic」を参照してください。

    6. (オプション) 1 つ以上の Amazon SNS トピックを選択または作成することができます。トピックを追加するには、[Notify an additional SNS topic] を選択します。

    7. 完了したら、[Create] を選択します。