ステップ 4: キャンペーン分析を表示する - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 4: キャンペーン分析を表示する

この時点で、メンバーとなっているセグメントを作成しておきます。また、新しい E メールキャンペーンを作成し、それを自分自身に送信しておきます。このセクションでは、キャンペーンの配信メトリクスとレスポンスメトリクスをについて説明します。

ステップ 4.1: キャンペーンと対話する

キャンペーンの配信およびレスポンスのメトリクスを表示する前に、ステップ 3 で自分自身に送信したメッセージを操作する必要があります。

E メールを操作するには

  1. E メールクライアントで、ステップ 3 で自分自身に送信したメッセージを開きます。

  2. E メールクライアントによってデフォルトで画像が自動的に非表示にされる場合は、[Download pictures] (同等の) ボタンを選択してメッセージ内の画像をロードします。

  3. メッセージに含まれている 1 つ以上のリンクを選択します。

  4. 数分間待ってから、次のセクションに進みます。

ステップ 4.2: キャンペーンのメトリクスを表示する

キャンペーンから送信した E メールを操作した後、キャンペーンのメトリクスを表示できます。

キャンペーンのメトリクスを表示するには

  1. Amazon Pinpoint コンソールを開きます (https://console.aws.amazon.com/pinpoint/)。

  2. [All projects] ページで、キャンペーンの送信に使用するプロジェクトを選択します。

  3. ナビゲーションペインの [Analytics] で [キャンペーン] を選択します。

  4. [キャンペーン] セクションで、ステップ 3 で作成したキャンペーンを選択します。

  5. (オプション) 日付コントロールを使用して、このページのレポートの日付範囲を選択します。

    キャンペーンのメトリクスページに、以下の情報が表示されます。

    • [配信数メトリクス] - このセクションには、キャンペーンから送信されたメッセージの配信に関する情報が表示されます。次の情報が含まれています。

      • [Messages sent] – 送信されたメッセージの数。

      • [Messages delivered] - メッセージの受信者に送信されたメッセージの数。

      • [Links clicked] – メッセージ内のリンクがメッセージの受信者によってクリックされた回数。1 人の受信者が複数回リンクをクリックすると、各リンクがこのセクションに表示されます。

      • [Endpoint deliveries] – 選択した日付範囲で毎日キャンペーンが送信されたエンドポイントの平均数。グラフは、選択した日付範囲で毎日キャンペーンが配信されたエンドポイントの数を示します。

    • [Delivery rate metrics] – このセクションでは、キャンペーンから送信されたメッセージの全体的な配信率とレスポンス率が表示されます。次の情報が含まれています。

      • [Delivery rate] – このキャンペーンを送信したセグメントでターゲットを絞ったエンドポイントの総数のうち、受信者に配信されたメッセージの割合。

      • [Email open rate] – 配信されたメッセージの総数のうち、受信者が開いたメッセージの割合。

      • [Bounce rate] – 受信者がバウンスしたためにそれら受信者に配信されてなかったメッセージの割合。この値には、ハードバウンス (永続的な問題のためにバウンスしたメッセージ) のみが含まれます。例えば、受信者の E メールアドレスが存在しない場合や、受信者がお客様のドメインからの E メールを完全に拒否した場合にハードバウンスが発生する可能性があります。

    • [Campaign runs] – このセクションには、キャンペーンの実行のたびに固有の情報が表示されます。Amazon Pinpoint を使用して定期的なキャンペーンを作成できるため、このセクションに複数回のキャンペーンの実行に関する情報を表示できます。ただし、このチュートリアルでこの手順を完了した場合は、キャンペーンの実行が 1 回だけであるため、このセクションに 1 回だけのキャンペーンの実行に関する情報が表示されます。このセクションには、前述のセクションで定義されたメトリクスに加えて、以下のメトリクスが表示されます。

      • [Endpoints targeted] – キャンペーンの実行に関連付けられたセグメントでターゲットを絞ったエンドポイントの数。この値には、セグメントの一部であっても、メッセージを受信しなかったエンドポイントが含まれます。

      • [Total email opened] – キャンペーン実行から送信されたメッセージが開かれた回数。例えば、メッセージが 1 人の受信者によって 2 回開かれた場合、その両方がカウントされます。

次: 次のステップ