メッセージテンプレートのバージョンの管理 - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

メッセージテンプレートのバージョンの管理

個々のメッセージテンプレートの開発と使用を管理しやすくするために、Amazon Pinpoint はすべてのタイプのメッセージテンプレートのバージョニングをサポートしています。バージョン管理を使用すると、テンプレートに対する変更の履歴を作成できます。各バージョンは、特定の時点におけるテンプレートのスナップショットです。バージョニングでは、テンプレートを使用するメッセージの内容と設定を制御することもできます。

テンプレートを変更するたびに、変更をテンプレートの新しいバージョンとして保存するか、テンプレートの最新の既存バージョンへの更新として保存するかを指定できます。テンプレートを設計、開発、改良する際、これらの各バージョンはスナップショットとして機能し、テンプレートの進行状況やステータスを追跡するのに役立ちます。つまり、バージョニングを使用して、時間の経過とともに変化するテンプレートを保存、追跡、管理することができます。以下を実行できます。

  • テンプレートの履歴の追跡— Amazon Pinpoint は、テンプレートごとにバージョンのリストを提供します。このリストには、各バージョンの名前と、各バージョンが最後に変更された日時が示されます。リストは日時の降順でソートされ、最新バージョンが先頭にリストされます。

  • テンプレートのバージョンの表示と比較バージョンリストを使用すると、テンプレートの以前のバージョンを参照できます。リストからバージョンを選択すると、Amazon Pinpoint にはそのバージョンに保存されているコンテンツと設定が表示されます。

  • 以前のバージョンのテンプレートを復元する— テンプレートの最新バージョンで問題が見つかった場合は、問題を含んでいない以前のバージョンを開いて編集できます。その後、以前のバージョンをテンプレートの新しいバージョンとして保存できます。その新しいバージョンが、テンプレートの最新バージョンになります。

バージョニングを使用して、メッセージで使用できるテンプレートのバージョンを制御することもできます。これには、特定のバージョンをテンプレートのアクティブなバージョンとして指定します。アクティブなバージョンは通常、組織のテンプレートの開発と管理のワークフローに応じて、メッセージでの使用が最後にレビューおよび承認されたバージョンです。

バージョンをアクティブなバージョンとして指定すると、そのバージョンをメッセージで使用できるようになります。テンプレートは時間の経過とともに変化するため、別のバージョンをアクティブなバージョンとして指定し、その指定を複数回変更することができます。

バージョニングの仕組み

一般的な開発ワークフローでは、メッセージテンプレートには多くのバージョンがあります。これらのバージョンは、設計と開発の開始からテスト、レビュー、最終的にはメッセージでの使用の承認に至るまで拡張されます。テンプレートを調整および更新する際、最初の承認後に追加のバージョンを作成して承認する場合もあります。たとえば、テンプレートを使用するキャンペーンの分析データに応じて、リンクを追加したり、テンプレートのレイアウトを変更したりすることができます。

バージョン番号付け

テンプレートを作成する場合、テンプレートのバージョンは 1 つ (バージョン 1 をリリースしました。テンプレートを後から変更するたびに、変更をテンプレートの新しいバージョンとして保存するか、テンプレートの最新のバージョンへの更新として保存するかを指定できます。

変更を新しいバージョンとして保存すると、Amazon Pinpoint は自動的にバージョン番号を 1 ずつ増やし、そのバージョン番号をバージョンに割り当てます。バージョン 1 をリリースしました最初のバージョンでは、バージョン 22番目のバージョンでは、バージョン 3などのように、3番目のバージョンのために。バージョン番号が再利用されることはありません。テンプレートは、最大 5,000 バージョンまで保存できます。

変更を最新バージョンの更新として保存すると、Amazon Pinpoint は最新バージョンを上書きして変更内容を含めます。テンプレートの履歴を正確に表示するには、Amazon Pinpoint コンソールを使用してテンプレートの最新バージョンのみを上書きします。コンソールを使用して、以前のバージョンのテンプレートを上書きすることはできません。

現在のバージョンとアクティブなバージョン

テンプレートの長期にわたる継続的な開発をサポートするために、2 つのバージョンのテンプレートを同時に現行テンプレートとすることができます。最新バージョンは、直近に変更されたバージョンです。アクティブバージョンは、メッセージで使用できるバージョンです。

組織のワークフローに応じて、アクティブなバージョンは通常、メッセージでの使用が最後に確認および承認されたバージョンです。必ずしも最新バージョンのテンプレートであるとは限りません。また、アクティブなバージョン以外のバージョンは、テンプレートのドラフトバージョンまたはアーカイブバージョンと見なされます。つまり、Amazon Pinpoint コンソールを使用して作成するメッセージでは、アクティブなバージョンのテンプレートのみを使用できます。

たとえば、テンプレートを設計および開発するときに、テンプレートの複数のバージョンを作成できます。テンプレートの最新バージョンが完成し、メッセージでの使用が承認されたら、そのバージョンをテンプレートのアクティブなバージョンとして指定できます。その後、そのアクティブなバージョンのテンプレートをメッセージで使用できます。後でテンプレートを変更する場合は、テンプレートのアクティブなバージョンまたはテンプレートを使用する既存のメッセージに影響を与えずに、その変更のために追加のバージョンを作成できます。

テンプレートのすべてのバージョンのうち、1 つのバージョンをテンプレートのアクティブなバージョンとして指定する必要があります。テンプレートは時間の経過とともに変化するため、別のバージョンをアクティブなバージョンとして指定し、その指定を複数回変更することができます。

メッセージのバージョン設定

メッセージで特定のバージョンのテンプレートを使用するには、メッセージを作成するとき、または Amazon Pinpoint がメッセージを送信するときに、そのバージョンがテンプレートのアクティブなバージョンである必要があります。これは、テンプレートを使用するようにメッセージを設定する方法に応じて異なります。メッセージを作成してそのテンプレートを選択する場合は、以下の 2 つのオプションがあります。

  • 現在アクティブなバージョンを使用する— このオプションを選択すると、Amazon Pinpoint は常に、メッセージの作成時にアクティブなテンプレートのバージョンで指定されているものと同じメッセージの内容および設定を送信します。つまり、後でテンプレートに加える変更に関係なく、メッセージは同じ状態で保持されるということです。

  • メッセージの送信時にアクティブなバージョンを使用する— このオプションを選択すると、Amazon Pinpoint はメッセージの内容と設定を自動的に更新して、メッセージの送信時にアクティブなテンプレートのバージョンに一致させます。つまり、メッセージの作成後に別のバージョンをアクティブなバージョンとして指定すると、メッセージが変更されるということです。

たとえば、次の操作を実行したとします。

  1. テンプレートのバージョン 1 を作成します。

  2. バージョン 1 をテンプレートのアクティブなバージョンとして指定します。

  3. テンプレートを使用するメッセージを作成し、そのメッセージを後で送信するようにスケジュールします。

  4. テンプレートを複数回変更します。

  5. 新しいバージョン(バージョン 5)をテンプレートのアクティブなバージョンとして指定します。

Amazon Pinpoint は、メッセージを送信するときに、オプションごとに以下を実行します。

  • 現在アクティブなバージョンを使用する— メッセージにこのオプションを選択した場合、Amazon Pinpoint はバージョン 1 をリリースしましたテンプレートの。これは、メッセージが作成されたときにバージョン 1 がテンプレートのアクティブなバージョンであったためです。

  • メッセージの送信時にアクティブなバージョンを使用するメッセージにこのオプションを選択した場合、Amazon Pinpoint はメッセージを自動的に更新して、バージョン 5テンプレートの。これは、メッセージが送信されるときにバージョン 5 がテンプレートのアクティブなバージョンであるためです。

テンプレートへの変更が、未送信の既存のメッセージに影響を与えないようにするには、メッセージの作成時(送信時ではない)にアクティブになるテンプレートのバージョンを使用するようにメッセージを設定することをお勧めします。また、メッセージでテンプレートの使用を開始した後もテンプレートの開発を継続するには、テンプレートのコピーを作成してから、新しいメッセージでテンプレートコピーを編集して使用します。

メッセージテンプレートのバージョンの表示

[メッセージテンプレート] ページでは、特定のメッセージテンプレートをすばやく見つけて開くことができます。その後、テンプレートに存在するバージョンのリストを表示できます。そのリストから、特定のバージョンを選択して、そのバージョンのテンプレートの内容と設定を表示できます。

メッセージテンプレートのバージョンを表示するには

  1. で Amazon Pinpoint コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/pinpoint/

  2. ナビゲーションペインで、[Message templates (メッセージテンプレート)] を選択します。

  3. [メッセージテンプレート] ページで、バージョンを表示するテンプレートを選択します。テンプレートページが開き、テンプレートに関する情報が表示されます。また、テンプレートのアクティブバージョンのコンテンツおよび設定も表示されます。

  4. [Template details (テンプレートの詳細)] で、バージョンセレクタを開き、テンプレートのバージョンのリストを表示します。

  5. 特定のバージョンの内容と設定を表示するには、バージョンセレクタを使用してバージョンを選択します。バージョンを選択すると、Amazon Pinpoint にはそのバージョンのテンプレートの内容と設定が表示されます。

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンの表示

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンは、テンプレートを使用するメッセージを作成するときに表示できるだけでなく、[メッセージテンプレート] ページを使用して表示することもできます。メッセージの作成中にテンプレートのアクティブなバージョンを表示するには、メッセージのテンプレートを選択します。Amazon Pinpoint には、テンプレートのアクティブなバージョンのプレビューが自動的に表示されます。

[メッセージテンプレート] ページを使用してテンプレートのアクティブなバージョンを表示するには、このトピックの手順に従います。

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンを表示するには

  1. で Amazon Pinpoint コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/pinpoint/

  2. ナビゲーションペインで、[Message templates (メッセージテンプレート)] を選択します。

  3. [メッセージテンプレート] ページで、アクティブなバージョンを表示するテンプレートを選択します。テンプレートページが開き、テンプレートに関する情報が表示されます。また、テンプレートのアクティブバージョンのコンテンツおよび設定も表示されます。[Template details (テンプレートの詳細)] で、バージョンセレクタのバージョン名の横に [ACTIVE VERSION (アクティブなバージョン)](緑色)が表示されます。

  4. 別のバージョンのテンプレートを表示するには、[Template details (テンプレートの詳細)] の下にあるバージョンセレクタを使用して、該当するバージョンを選択します。アクティブなバージョンを再度表示するには、バージョンセレクタを使用して、バージョン名の横に [ACTIVE VERSION (アクティブなバージョン)](緑色)を表示するバージョンを選択します。

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンの指定

メッセージテンプレートを作成すると、Amazon Pinpoint はテンプレートの最初のバージョンをテンプレートのアクティブなバージョンとして自動的に指定します。テンプレートの後続バージョンを作成および開発するときに、別のバージョンをテンプレートのアクティブなバージョンとして指定し、その指定を複数回変更することができます。

バージョンをテンプレートのアクティブなバージョンとして指定する前に、提案されたアクティブなバージョンのすべての内容と設定が完全であること、および使用可能な状態であることを確認することをお勧めします。

また、現在のバージョンと提案されたアクティブなバージョンの違いが、予期しない方法や望ましくない方法で既存のメッセージに影響を与えないことを確認することもお勧めします。別のバージョンをアクティブなバージョンとして指定すると、Amazon Pinpoint は、テンプレートを使用する未送信の既存のメッセージに変更を適用する場合があります。これは、テンプレートを使用するメッセージの設定方法によって異なります。詳細については、「メッセージのバージョン設定」を参照してください。

未送信のメッセージでテンプレートが使用されている場合は、現在アクティブなバージョンとアクティブにするバージョンを比較します。また、テンプレートを使用するジャーニーのアクティビティとキャンペーンをレビューします。さらに、別のバージョンをアクティブなバージョンとして指定する前に、必要に応じてテンプレートを編集し、見つかった問題に対処します。

別のバージョンをアクティブなバージョンとして指定することによる影響が懸念される場合は、代わりにテンプレートのコピーを作成できます。その後、テンプレートコピーを編集して新しいメッセージで使用できます。

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンを指定するには

  1. で Amazon Pinpoint コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/pinpoint/

  2. ナビゲーションペインで、[Message templates (メッセージテンプレート)] を選択します。

  3. [メッセージテンプレート] ページで、アクティブなバージョンを指定するテンプレートを選択します。テンプレートページが開き、テンプレートに関する情報が表示されます。また、現在アクティブなテンプレートのバージョンの内容と設定も表示されます。

  4. [Template details (テンプレートの詳細)] で、バージョンセレクタを使用して、アクティブなバージョンとして指定するバージョンを選択します。バージョンを選択すると、Amazon Pinpoint にはそのバージョンのテンプレートの内容と設定が表示されます。

  5. [Make active version (アクティブなバージョンにする)] を選択します。

テンプレートの新しいアクティブなバージョンを、新しいメッセージで使用できるようになりました。さらに、未送信の既存のメッセージで使用され、メッセージの送信時にアクティブになるバージョンのテンプレートを使用するように設定されます。

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンの編集

テンプレートのアクティブなバージョンを編集する前に、Amazon Pinpoint コンソールを使用して作成するメッセージで使用できるのは、テンプレートのアクティブなバージョンのみであることを覚えておいてください。そのため、変更が完全であること、および使用可能な状態であることを最初に確認することをお勧めします。

また、変更が既存のメッセージに予期しない方法や望ましくない方法で影響を与えないことを確認することもお勧めします。Amazon Pinpoint は、テンプレートを使用する未送信の既存のメッセージに変更を適用する場合があります。これは、テンプレートを使用するメッセージの設定方法によって異なります。詳細については、「メッセージのバージョン設定」を参照してください。

変更が既存のメッセージに与える影響を判断するには、テンプレートの現在アクティブなバージョンの内容と設定をレビューします。また、テンプレートを使用するジャーニーのアクティビティとキャンペーンをレビューします。さらに、予定されている変更を検討し、テンプレートを使用する既存のメッセージの目標と変更が一致していることを確認します。

最後に、テンプレートのアクティブなバージョンの編集の影響が懸念される場合は、代わりにテンプレートのコピーを作成できます。その後、テンプレートコピーを編集し、後で作成するメッセージで使用できます。

メッセージテンプレートのアクティブなバージョンを編集するには

  1. で Amazon Pinpoint コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/pinpoint/

  2. ナビゲーションペインで、[Message templates (メッセージテンプレート)] を選択します。

  3. [メッセージテンプレート] ページで、アクティブなバージョンを編集するテンプレートを選択します。テンプレートページが開き、テンプレートに関する情報が表示されます。また、テンプレートのアクティブなバージョンとして現在指定されているバージョンの内容と設定も表示されます。

  4. [Edit] を選択します。

  5. [Template details (テンプレートの詳細)] で、バージョンセレクタを使用して、テンプレートのアクティブなバージョンを編集していることを確認します。アクティブなバージョンの名前の横に [ACTIVE VERSION (アクティブなバージョン)](緑色)が表示されます

  6. 必要な変更を行い、[新しいバージョンとして保存] を選択します。

  7. [Template details (テンプレートの詳細)] で、バージョンセレクタを使用して、前のステップで作成したテンプレートのバージョンを選択します。

  8. [Make active version (アクティブなバージョンにする)] を選択します。

テンプレートの新しいアクティブなバージョンを、新しいメッセージで使用できるようになりました。さらに、未送信の既存のメッセージで使用され、メッセージの送信時にアクティブになるバージョンのテンプレートを使用するように設定されます。