E メール設定 - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

E メール設定

[E メール] 設定ページを使用して、Amazon Pinpoint アカウントの E メール使用状況に関する情報 (過去 24 時間に送信した E メール数やアカウントに送信制限があるかなど) を表示します。

また、[E メール] 設定ページを使用して、現在のプロジェクトの E メールチャンルを有効または無効にすることができます。プロジェクトの E メールチャンネルを無効にすると、プロジェクトのキャンペーンやジャーニーから E メールを送信できなくなります。ただし、Amazon Pinpoint アカウントからトランザクション E メールを送信することはできます。

さらに、[E メール] 設定ページを使用して現在のプロジェクトの E メール ID を検証することができます。Amazon Pinpoint では、ID はメールを送信するときに使用する E メールアドレスまたはドメインです。E メールで「From」、「Source」、「Sender」または「Return-Path」として使用するすべての E メールアドレスは、Amazon Pinpoint で E メールを送信する前に検証する必要があります。

E メールの使用に関する詳細の表示

[E メール 設定] ページの [Email usage and restrictions] セクションは、Amazon Pinpoint アカウントのメール使用に関する情報を提供します。過去 24 時間でアカウントから送信された E メールの数を表示することができます。この数字と送信クォータと呼ばれる 24 時間内にアカウントで送信できる E メールの最大数を比較することができます。また、1 秒間に送信できる E メールの最大数 (送信レートと呼ばれる) を表示することもできます。より詳細なレポートについては、「キャンペーン」および「トランザクションメッセージング」の分析ページを参照してください。

注記

このセクションに表示される E メールの送信クォータ、レート、使用状況の値は、現在の AWS リージョンの AWS アカウント全体に適用されます。同じリージョンで E メールの送信に Amazon SES を使用している場合は、このセクションに Amazon SES と Amazon Pinpoint の両方から送信した E メールメッセージ数が表示されます。

また、[Email usage and restrictions] セクションでは、アカウントがサンドボックスにあるかどうかも示しています。アカウントがサンドボックスにある場合は、送信クォータと送信レートが比較的低い値に設定されているため、検証済みの E メールアドレスまたはドメインのみに E メールを送信できます。送信クォータあるいは送信レートを上げるリクエストについての詳細は「E メールの送信クォータの管理」を参照してください。サンドボックスからアカウントを削除する方法については、「Amazon Pinpoint の E メールサンドボックス」を参照してください。

E メールチャンネルの有効化と無効化

現在のプロジェクトのキャンペーンおよびジャーニーの E メールを送信するには、まずこのプロジェクトの E メールチャネルを有効にします。プロジェクトのいずれのキャンペーンまたはジャーニーにも E メールを送信する予定がない場合には、このプロジェクトの E メールチャネルを無効にできます。

トランザクション E メールを送信するために E メールチャンネルを有効にする必要はありません。通常の場合、この E メールは特定のアクションへのレスポンスとして 1 回のみ送信されます。トランザクション E メールの送信に関する詳細は、「Amazon Pinpoint で E メールを送信する」を参照してください。

このプロジェクトの E メールチャンネルを有効にするには

  1. Amazon Pinpoint コンソール (https://console.aws.amazon.com/pinpoint/) を開きます。

  2. [All projects] ページで、E メールチャネルを有効にするプロジェクトを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Settings] の [Email] を選択します。

  4. [Identities] タブで、[Edit] を選択します。

  5. このプロジェクトの E メールチャネルを有効にするを選択します。

  6. E メール ID をまだ検証していない場合は、[ID の検証] セクションの該当するステップを実行してください。それ以外の場合は、使用する ID を選択します。

  7. [Save] (保存) を選択します。

E メールチャンネルを無効にするプロセスも同様です。E メールチャネルを無効にすると、このプロジェクトのいずれのキャンペーンまたはジャーニーで E メールを送信できません。ただし、Amazon Pinpoint アカウントからトランザクション E メールを送信することはできます。

E メールチャンネルを無効にするには

  1. Amazon Pinpoint コンソール (https://console.aws.amazon.com/pinpoint/) を開きます。

  2. [All projects] ページで、E メールチャネルを無効にするプロジェクトを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Settings] の [Email] を選択します。

  4. [Identities] タブで、[Edit] を選択します。

  5. [Enable the email channel for this project] をオフにして、[Save] を選択します。

ID の検証

ID はユーザーが E メールの送信に使用する E メールアドレスまたはドメインです。E メールで「From」、「Source」、「Sender」または「Return-Path」として使用するすべての ID は、Amazon Pinpoint で E メールを送信する前に検証する必要があります。各 AWS リージョンで 10,000 個までの E メールアドレスあるいはドメイン (どちらの組み合わせでも) を検証することができます。アカウントがまだ Amazon Pinpoint サンドボックスにある場合には、E メールを送信する先の ID を検証する必要もあります。

E メールアドレスの検証

ドメインの DNS 設定を変更できない、または商用ドメインのアドレス (gmail.comhotmail.com など) から E メールを送信する場合には、プロジェクトから E メールを送信するときに使用する E メールアドレスを個別に検証できます。

E メールアドレスを検証するには

  1. E メールチャンネルを有効にするには、前のセクションのステップを完了してください。

  2. [Identity type] で [Email address] を選択し、[Verify a new email address] を選択します。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • [Use an existing email address] を選択し、[Default sender address] を選択します。オプションで、このアドレスを識別するフレンドリ送信者名を入力することができます。

    • [Verify a new email address] を選択し、検証したい新しい [ Default sender address] を入力します。E メールアドレスは、アクセスでき、メールを受信できるアドレスであることが必要です。

  4. [Verify email address] を選択します。

  5. [Save] (保存) を選択します。

  6. 入力したアドレスの受信箱を確認し、送信されたメールを探します。no-reply-aws@amazon .com。E メールを開き、E メールのリンクをクリックして、E メールアドレスの検証プロセスを完了します。

    注記

    検証メールが 5 分以内に届きます。E メールが届かない場合は、次の手順に従ってください。

    • アドレスを正しく入力したことを確認します。

    • 確認しようとしている E メールアドレスが E メールを受信できることを確認してください。これは、確認するアドレスに別の E メールアドレスからテストメールを送信することでテストできます。

    • 迷惑 E メールフォルダを確認します。

    検証 E メールのリンクは 24 時間後に期限切れになります。認証メールを再送信するには、[E メール] 設定ページの [Identities] タブで [Send verification email again] を選択します。

E メールアドレスを検証するとき、次の点を考慮します。

  • Amazon Pinpoint では複数の AWS リージョンにエンドポイントがあり、E メールアドレスの検証ステータスはリージョンごとに個別に扱われます。 複数のリージョンで同じ ID から E メールを送信する場合は、各リージョンの ID を検証する必要があります。各 AWS リージョンで 10,000 個までの ID (E メールアドレスとドメインの任意の組み合わせ) を検証することができます。

  • E メールアドレスのローカル部分 (@ 記号の前の部分) では、大文字と小文字が区別されます。例えば、user@example.com を検証する場合、USER@example.com からは E メールを送信できません (このアドレスも検証する場合は除く)。

  • ドメイン名では大文字と小文字は区別されません。例えば、user@example.com を検証する場合、user@EXAMPLE.com からも E メールを送信できます。

  • アドレスのローカルパートより後、そしてアットマーク (@) より前に、プラス記号 (+) とテキスト文字列を追加して、検証済みの E メールアドレスにラベルを適用できます。例えば、label1 をアドレス user@example.com に適用するには、user+label1@example.com を使用します。各検証済みのアドレスに、任意の数のラベルを使用できます。また、[From] および [Return-Path] フィールドにラベルを使用して、可変エンベロープリターンパス (VERP) を実装できます。

    注記

    ラベルのないアドレスを検証すると、アドレスにラベルを追加することによって形成される可能性のあるすべてのアドレスを検証していることになります。ただし、ラベル付きのアドレスを検証する場合、そのアドレスで他のラベルを使用することはできません。

ドメインの検証

自分が所有するドメインから E メールを送信する予定の場合は、ドメインの個々の E メールアドレスを検証するのではなく、そのドメインを検証する必要があります。ドメインを検証したら、そのドメインの任意のアドレスから E メールを送信できます。例えば、example.com ドメインを検証する場合、carlos@example.comjane@example.comexample.com ドメインの他のアドレスから E メールを送信できます。ドメインの任意のサブドメインの任意のアドレスから E メールを送信することもできます。例えば、ドメイン example.com を検証すると、jane@example.com および john@subdomain.example.com から E メールを送信できます。

重要

ドメインを検証するには、そのドメインの DNS 設定を変更できることが必要です。ドメインの DNS 設定を変更する手順は、DNS プロバイダーやウェブホスティングプロバイダーによって異なります。ドメインの DNS 設定を変更する方法の詳細については、プロバイダーのドキュメントを参照してください。

ドメインを検証するには

  1. E メールチャンネルを有効にするには、前のセクションのステップを完了してください。

  2. [Identity type] で [Domain] を選択し、[Verify a new domain] を選択します。

  3. ドメインで、検証するドメインの名前を入力します。

  4. デフォルトの送信者アドレスに、このドメインから E メールを送信するときに使用するデフォルトの E メールアドレスを入力します。E メールを送信するときは、別のアドレスを指定できます。ただし、特定の E メールに別のアドレスを指定しないと、Amazon Pinpoint はこのデフォルトのアドレスから E メールを送信します。

  5. [Verify domain] を選択します。

  6. ドメイン検証用の DNS レコードに 3 つの CNAME レコードをコピーし、コンピューターの場所にこれを保存します。または、「.csv」ファイルでレコードをダウンロードして保存するには、[Download record set] を選択します。

  7. DNS プロバイダーのマネジメントコンソールにログインし、前のステップで保存した値がある新しい 3 つの CNAME を作成します。いくつかの主要なプロバイダーに関するドキュメントへのリンクについては、次のセクションを参照してください。

    通常、DNS 設定への変更が反映されるまでに 24~48 時間かかります。Amazon Pinpoint がドメインの DNS 設定でこれら 3 つの CNAME レコードをすべて検出するとすぐに、検証プロセスは完了です。検証プロセスが完了するまで、ドメインから E メールを送信することはできません。

ドメインを検証するときは、次の点を考慮します。

  • サブドメインを個別に検証することなく、検証済みドメインの任意のサブドメインから E メールを送信できます。例えば、example.com を検証する場合、a.example.coma.b.example.com を検証する必要はありません。

  • RFC 1034 で規定されているように、各 DNS ラベルには最大で 63 文字を指定することができます。さらに、ドメイン名全体の合計文字数は 255 を超えることはできません。

  • Amazon Pinpoint では複数の AWS リージョンにエンドポイントがあり、ドメインの検証ステータスはリージョンごとに個別に扱われます。 複数のリージョンで同じ ID から E メールを送信する場合は、各リージョンの ID を検証する必要があります。各 AWS リージョンで 10,000 個までの ID (ドメインと E メールアドレスの任意の組み合わせ) を検証することができます。

さまざまなプロバイダーの DNS レコードを設定するための手順

ドメインの DNS レコードを更新する手順は、使用する DNS プロバイダーやウェブホスティングプロバイダーによって異なります。次のテーブルでは、いくつかの主要なプロバイダーに関するドキュメントへのリンクを示しています。このリストにはすべての内容が網羅されているわけではなく、このリストに含まれているからといって、他社の製品やサービスを支援または推奨するものではありません。お使いのプロバイダーがこの表にない場合でも、Amazon Pinpoint でそのドメインを使用できる可能性があります。

ドメイン検証のヒントとトラブルシューティング

前項のステップを完了しても、72 時間経ってもドメインが確認されない場合は、次の点を確認してください。

  • 正しいフィールドに DNS レコードの値を入力したことを確認してください。一部のプロバイダーは、[名前/ホスト] フィールドをホストまたはホスト名と呼んでいます。また、一部のプロバイダーは [Record value] フィールドをポイント先 または結果と呼んでいます。

  • DNS レコードに入力した名前/ホスト値にプロバイダーがドメイン名を自動的に追加していないことを確認してください。プロバイダーによっては、ドメイン名が追加され、そのことが通知されない場合もあります。プロバイダーがドメイン名を名前/ホスト値に追加した場合は、この値の末尾からドメイン名を削除します。また、DNS レコードの値の末尾にピリオドを追加してみることもできます。このピリオドは、ドメイン名が完全に修飾されたことをプロバイダーに示します。

  • 各 DNS レコードの名前/ホスト値には、下線文字 (_) が必要です。プロバイダーが DNS レコード名の下線を許可しない場合、プロバイダーのカスタマーサポート部門にお問い合わせください。

  • ドメインの DNS 設定に追加する必要がある検証レコードは、AWS リージョンごとに異なります。ドメインを使用して複数の AWS リージョンから E メールを送信する場合、それぞれのリージョンごとにドメインを検証する必要があります。